FC2ブログ
9月も下旬に差し掛かりました。
毎年書いているような気がしますが、
読書の秋、到来です。


年中ぼちぼちと本は読み続けているのに、
不思議なもので、この時季になると
私はいつも以上に本を読みたくなるみたいで、

今日もアマゾンに出掛けてきました、
飛行機乗って船漕いで・・・(ウソウソ-笑)


秋に限らず、私の場合は、
フィジオセラピーに出掛けたとき、
低周波治療器をつけて軽く自転車漕ぐ15分とか、
カリームに鍼を打ってもらって
ジッとしている15~20分ほどの間にも
読書をするので、

鍼治療に通わなくちゃならない
体のどこかが痛いときは
読書量も相対的に増える
のです。


が、秋はどこかが違う・・・気がします。



時間つぶしのために
「何読もうっかなぁ~?」
みたいな気軽さじゃなくて、

心が欲しているっていうか、
脳味噌が刺激を求めてるっていうか、
「読みたいっ!」
が先にあるような感じなんです。



だから、アマゾンに行っても、
かなり真剣(笑)。



今回は、
三島由紀夫と川端康成

「なぜ今これを放送した?」って思ったくらい、
ドンピシャな時季に、
「クローズアップ現代:三島由紀夫×川端康成」
をTVジャパンで見たのですよ。


見ながら気づきました。
私、どちらの作家の作品も、
テレビや映画は見たことあるけど、
「本は読んでない!?」



「伊豆の踊り子」
吉永小百合さんと内藤洋子さんと
山口百恵さんの映画を、
「雪国」は松坂慶子さんのドラマで、

「潮騒」も山口百恵さんだったし、
「午後の曳航」はアメリカ映画でした。


それでもう何冊か読んだ気になっていたのね・・・。



クローズアップ現代の内容は、
彼らの作品よりも、
2作家の関係性に焦点を当てていましたが、

「読んでなかったこと」に気づいちゃったら、ねぇ。
作品を読まないわけにはいかないよ、私。


というわけで、
お二方による本を2冊ずつ注文しました。



今更読む「伊豆の踊り子」や「潮騒」
どんな風に感じるのかな。

多分読んでいる間中、
頭の中には「百恵ちゃんと友和さん」が
出て来ちゃうんだろうな~(笑)。





スポンサーサイト



2019.09.18 Wed l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/995-83b0f341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)