FC2ブログ
カナダは公用語が2つ、
英語仏語です。


カナダ政府の重要な告知や
首相の会見
などがあると、
必ず英語仏語の両方で話します。


でも英語話者の方が俄然多いし、
公用語が2つあるからといって、
誰もが両方理解できるわけでもありません。


ですから大抵、
まず英語で、次に仏語で、
同じ内容を繰り返す
わけです。



今朝のニュースで、
10月の総選挙が告知されました。

トリュドー首相は記者団の前で、
英語で「首相として、党首として
カナダのために前進します」的なことを述べ、
続いて、同じ内容を仏語で繰り返しました。


でね、その仏語部分になったら、
首相の声に覆いかぶさるように、
同時通訳の英語が流れてくる
んです。


私は仏語は解らないので、
英語にしてくれるのは助かるけれど、

「ねぇ、今そこで同時通訳って要る?」
って思いました。

だって数秒前に同じ内容のことを、
先に英語で言ってたんだから



むしろ、英語がメジャーなここらにいる
仏語系カナダ人は、
「わぁー!英語ジャマーッ!!
仏語聞かせてーッ!」

って思ってるんじゃない?



仏語のケベック州だったら、
首相が英語でしゃべった部分に
仏語の同時通訳つくのかな?

もし私がそこにいたら、
「わぁー!仏語ジャマーッ!!
英語聞かせてーッ!」

と思うに違いないんだけどなぁ。



両方の言葉が
国内全体で共存できるから公用語
なのであって、

国民全体に知らせたい重要なことを
英語圏なら英語
仏語圏なら仏語
同時通訳されちゃったら、
公用語の意味、ないじゃん・・・




な~んてことを思った
総選挙の告示ニュースでした。


今は公用語なんちゃらよりも、
誰に一票投じるかの方を
もっと真剣に考えねばならん時ですが






スポンサーサイト



2019.09.11 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/990-3c3f4900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)