fc2ブログ
テレビで見られる日本のドラマには、
どうしても限りがあるのですが、
この7月期のドラマは、
ほとんどを面白く見ています。



中でも毎回感涙しちゃうのが、
「監察医 朝顔」です。
今朝も録画しておいたのを見てボロボロ~(笑)。

昨今のドラマにありがちな
奇をてらった登場人物がいないし、
大げさにドラマチックな展開もなく、
だれもが淡々と生活(仕事)しているところが、
逆に、日常に起こる不条理を
浮き彫りにしている
ような気がします。



「これは経費で落ちません」は、
ちょっと大げさなところもあるけれど、
毎回スカッ!と終わるので、
暑い夏の夜にスッキリします。

何が一番好きかっていうと、
主人公が生真面目ということ以外は、
特にお洒落な職種でも目立つ存在でもない、
どこの会社にでもいそうなOLだというところです。

他のキャラクターにしても、
「あるある~、いるいる~」と思えるので、
場面場面に違和感を感じることなく
共感
しながら見続けていられます。



意外に面白くなっちゃったのが、
「だからわたしは推しました」です。
アイドルものなんて~と思って見始めたら、

地下アイドルの世界や
そこにあるルール
など、
「へぇ~、こうなってんだ!?」と社会勉強したり、
様々なオタクの専門用語も出てきて
まったく無知だった私は
ものすご~く興味をそそられてしまいました。


苦々しい社会ドラマや
熱血スポ根っぽいドラマ、
ドロドロした恋愛ドラマや
非現実的な設定のドラマなども、
それなりに面白いけれど、

オシャレでも特権階級でも
リッチでもチャラチャラでもない、
あれこれ悩みながらも毎日頑張っている
同じ町内の隣人的な主人公が登場するドラマは、
ついつい先行きを見守りたくなります



どのドラマも真ん中を過ぎました。
さて、これからそれぞれのドラマに
どんなクライマックスがやってくるのか?
楽しみです♪






スポンサーサイト



2019.08.15 Thu l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/972-ea0bc4fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)