FC2ブログ
先日、主人は迷子になっても
「そこを動くな!」ができない

と書いたのですが、

よ~く考えたら、
次男
「そこから動いちゃう小僧」

でした(苦笑)。




まだトルコに暮らしていたころ、
月に1~2度イスタンブルのショッピングモールに
買物と遊び
を兼ねて出かけていました。


当時から主人
フラ~ッとどこかへ行っちゃうので、
私は子供たちと、多くの場合、
彼らが好きなおもちゃ屋さん(売り場)で
時間をつぶした
ものです。


で、ここ。
おもちゃ屋さんで何かが目に付くと、
ドッピューッ!とそっちに行っちゃう
のが、
次男

オヤジはフラ~だけど、
こっちはすばやいドッピューッ!

目を離してもいないのに、
目の前からドッピューッ!(笑)


お、おいっ!
とは思うんだけど、
私がそばにいると信じて疑わない長男は、
そこで何かに夢中になってるわけで、
こいつを置き去りにもできず、
次男の走っていった方向を見ていると・・・



店内に響き渡るような大声で、
泣き叫ぶ・・・

んじゃなくて、
しっかりはっきり日本語
「おーかーぁーしゃ~~~ん!」
を繰り返す
んです。
繰り返しながら動くんだけどね・・・(苦笑)


当時のトルコで日本の「おかあしゃん」は、
まんず希少
でしたから、
私も長男も、
「あ!T(次男)だ!」
とすぐ判る。

長男と二人で動き続ける
「おーかーぁーしゃ~~~ん!」
を追う
んです。



そうするとね、たいてい二人見つかるんだな、これが。
そ、二人。父子二人(爆笑)


フラ~ッとどっかに行ってた人も、
「おーかーぁーしゃ~~~ん!」
にビックリして戻ってくる
というわけです。



トルコ語のお母さん「アンネ」で叫ばれたら、
そこら中のお母さんがみんな
「え?!」と慌てたでしょう
から、
私が次男を見つけるのも一苦労だろうけど、

日本語の「お母さん」で叫ぶという妙案
いったい2~3歳の脳みその
どこから出てきたのやら?

勝手に迷子になって動き回る小僧としては、
賢かった
と思います。




迷子になっても
「そこを動くな」ができなくて、
ウロウロ歩き回っちゃうのは、
DNAに刷り込まれてる
んだな、きっと。

次男オヤジになったとき、
その子供もドッピューッ!だったら、
「私のDNAじゃありませんから」って、
お嫁さんにちゃんと言っとかなくちゃ!





スポンサーサイト
2019.07.10 Wed l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

stand still and shout
こんにちは~。

うちの息子もドッピュー!のほうでしたね。自分でいなくなっといて、わーわー泣いている。

たいして娘のほうは、興味のあるものの前で動かなくなる方の迷子。いつの間にかいなくなって、自分は迷子になってるつもりが無いので、見つかりにくかったです。

子供が小さい頃見ていたイギリスのテレビで、迷子になったら、という歌がありました。

♪stand still and shout,shout,shout! ♪

っていうんですけど、うちの子はどっちか半分しかできないんだなあと思いました。
2019.07.13 Sat l ぢょん でんばあ. URL l 編集
Re: stand still and shout
♪stand still and shout!♪を教えてくれるなんて、
なんて実用的な歌だこと~♪

♪くちゅくちゅ、シュワシュワ♪や
♪パパッパ、パッパッパ、ジャマジャマ♪みたい。

幼なくても自分のために知っておくべきことって
いろいろありますよね。

ウチのアラ還のおっさんにも、shoutしなくてもいいけど
stand stillは憶えて欲しいと思います(苦笑)。

お嬢さんのお話で、ウチの長男の迷子体験を
思い出しました。
ネタにすることにします。
ありがとうございました~(ちゃっかり!)。
2019.07.13 Sat l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/949-c18905ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)