fc2ブログ
アルバータ州では今週から、
毎年恒例のインフルエンザ予防接種
専用クリニックが開設されています。


主人と次男は、それぞれの都合に合わせて出向き、
私は長男を迎えに行った帰宅途上に寄って
長男ともども接種してきました。



さて、一昨年くらいまで、
子供用のワクチンは鼻スプレーだったのですが、
効果が現れにくいとやらで、
去年から小さな子供も
注射針に逆戻り
しています。



注射は痛いよねぇ。解る、解る。

盛大な泣き声がときどき聞こえてきます。


順番待ちで見ていたら、
5歳と2歳くらいの兄弟がいました。

弟は、お母さんの膝に乗るなり
「うわぁーーーっ!
泣き出しました。

まだ注射器だって出てないのに・・・(笑)

実際に接種した瞬間はもちろん「ウギャーーーーッ!!」
でも、Tシャツを着せてもらったらケロッ!


その、最初から泣いていた弟を、
ケラケラ笑って見ていたお兄ちゃん
いざ自分が注射されたら、
「ウギャーーーーーッ!!!」
弟よりも盛大に泣いておりました

体が大きい分声もデカいのかもね~(笑)。


この兄弟の鳴き声にビビッてしまったらしくて、
同じ頃に会場にいた幼児たちがこぞって、
「わぁーーーーっ!」
「ギヤァーーーーーッ!!」
「フギャーーーーッ!!」


ものすごい大合唱がしばらく続きました(笑)。





接種後、会場の待合室で15分間、
体に異常が出たりしないか観察時間があるのですが、

大泣きしていた一人の坊やがお母さんに、
「なんでいじめるんだよーっ!
Noって言ったらやっちゃいけないって言うじゃんか!!」

って、地団駄踏んで怒ってました。


おぉ、もっともな言い分だよね、そりゃ。
でも、予防接種ばかりは、Noの効力ないのよね・・・(笑)。




さて、これで我が家も一安心。
手洗い励行、人混みをできるだけ避けて、
インフルエンザの季節をやり過ごすとしましょう。





スポンサーサイト



2018.10.16 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

なつかしいなあ
こんにちは~。

うちの子は小さい時あんまり病気しなくて、医者にほとんど連れて行ってなかったんです。

予防接種で初めて医院に連れてったら、珍しそうにキョロキョロしてる子供を見て、「あー、この子、あんまり医者にいじめられてないね」と一言。

確かに他の子は玄関入るや否や泣いてました。

すぐ嫌われるんだよね、イヤなことばっかりするから、と先生は残念そうに、プチュッと注射をしました。
2018.10.20 Sat l ぢょん でんばあ. URL l 編集
Re: なつかしいなあ
こんにちは、ぢょんこさん。

お医者様、特に小児科の先生は可哀相ですよね~。
病気の子供のために心と知恵を砕いてくださるのに
嫌われちゃう。

でも、嫌う機会のないくらい健康なお子さんは、
親孝行ですよね。
医療費かからないですもん(笑)。

2018.10.21 Sun l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/843-c2254c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)