FC2ブログ
しばらく前に長男に届いた
陪審員選定の召喚状ですが。
陪審員選定(←別ウィンドウが開きます)



事前に長男が「陪審員選定とは何ぞや?」
とぐぐってみたところ、

判事が陪審員候補者一人一人と面談して、
事件の陪審員として相応しいかどうか、
検事、弁護人とやりとりするのですが、

何たって候補者200人くらいいるので、
呼ばれる順番によっては1日仕事になるらしく、
「待ち時間の暇つぶしになるものを用意すること」
という経験者談
がたくさんヒットしたそうです。


カナダ市民の義務とはいえ、
ちょっと腰が引けてしまう選定日・・・。


であったのですが、
召喚状に添付されていたメモに、
「召喚前日に下記の番号に電話して、
出頭の必要の有無を確認してください」

と書かれてありましてね。


長男、その指示通りに電話をしたところ、
「5月18日9時15分から予定されていた
陪審員選定はキャンセルされました。
出頭する必要はありません。」

という録音が流れたそうです。

長男、「はぁ~、良かった~、免れたよ~。」
選定に出向かずに済みました。




なぜ陪審員選定がキャンセルになったのか?

キャンセルになる理由として考えられるのは、
召喚状が届いてから1か月余りの間に、

1.事件が何らかの理由で裁判に至らなかった

事件性がないことが判明した、
被害者・加害者間で示談が成立した、
被疑者が有罪申立を行った、
証拠不十分で立件出来なかった・・・など

あるいは、
2.陪審員を必要としない(判事によってのみ裁かれる)
裁判に変更された


からだそうです。


長男が関わるかも知れなかった事件が
一体何だったのかは、知る由もありませんが、
ともかくホッとしました。



だって、陪審員裁判の内容って、
惨たらしい血生臭い事件が多いじゃないですか。
様々な証拠品や写真を見せられて、
審理が終わるまではホテルに缶詰めで・・・って、
それがトラウマになっちゃう人もいるっていうじゃないですか。

刑事モノのドラマの見過ぎかもしれないけど~。


カナダ市民としての義務は、
納税と選挙権の行使で果たさせていただきたい

思いますですよ。






スポンサーサイト
2018.05.18 Fri l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
お久しぶりです。
何はともあれ陪審員ってのは大変ですものね。
私達みたいに切った張ったの世界にいる者と一般の人とは証拠物件一つとっても見方が違いますし・・・。
そうですよね、納税は大切な義務ですから、嫌でも払いましょう(笑)
2018.05.19 Sat l rara. URL l 編集
Re: No title
お久しぶりです。
コメントいただいたのにお返事が遅くなってごめんなさい。

刑事モノ・法廷モノのテレビドラマを見ていても、
作り物のドラマだからグロテスクな場面は少ないのに、
やっぱり陪審員てイヤだな~と思ってしまいますから、
実際の事件の真相を目の当たりにするとなったら、
私なぞ卒倒しかねません(苦笑)。

> 私達みたいに切った張ったの世界にいる者と一般の人とは証拠物件一つとっても見方が違いますし・・・。

そういうものなのですねぇ。
そして、その違った見解による多様な意見こそが、
陪審員裁判の公平さの支えかもしれませんね。

でも、やっぱり召喚されたくないです(笑)。

> そうですよね、納税は大切な義務ですから、嫌でも払いましょう(笑)

納税はしますけど、無駄遣いされるのは許しがたいですね。
raraさんとこの現政府は、血税を湯水のように使ってますよねぇ。
隣国の民としても、あの金持ちボンボンの金銭感覚には
腹が立ちますよ。

ここの政府は目に見えるような使い方はしてませんけど、
あれもこれもムダに時間をかけては、血税がチョロチョロと
垂れ流し・・・って雰囲気で「いい加減にせいっ!」と思います。
2018.05.24 Thu l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/744-6594b639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)