FC2ブログ
さっきネットで日本のニュースを呼んでいたら、
緑内障・気づいたときには手遅れも」
という恐ろしいタイトルの記事にあたりました。


これまで自分が患っているせいもあって、
「緑内障」という文字があれば、
必ず目を通していましたが、

今日の記事は初めて、
「40代以降の日本人に正常眼圧緑内障が多い」
とはっきりくっきり、明言
してありました。




私が緑内障じゃないか?と
最初にかかりつけだった眼科で言われたのは
まさしく40代後半
でした。
それで、今かかっている専門医に紹介されたわけです。


当時の私は眼圧が正常なんだからと、
緑内障かも?という現実が受け入れられず、
また、ドクターの方でも
私の視野の欠け具合がまだ小さかったこともあって、
すぐには目薬の治療を始めませんでした

2年ほど様子見している間に、
ゆっくりとではあっても
確実に視野が欠けていく
ので、

とうとうドクターから
「積極的な治療を始めましょう。」
目薬投与のお達しが出てしまいカンネンしました。


そして去年の1月に
点眼薬では進行を抑えられない右眼だけ
手術(線維柱帯切除術)を受けました。

どうやら手術の効果はあったようで、
右眼の眼圧は正常値で落ち着いているし、
視野も術前と変わっていないらしいです。



でもね、今更なんですが、思うんですよ。

もしも今のドクターにかかってすぐから
点眼薬治療を始めていたら、
かたくなに「緑内障じゃないかもしれないじゃん」
と治療を拒んでいなかったら、
手術が必要になるほど
視野が欠けることはなかったかもしれない?って。



怖いんですよ。

今のところ手術を必要としていない左眼が、
いつまで点眼薬で頑張れるのか。
いつ手術の宣告をされちゃうのか。

「失明」の二文字がかなり身近なところにあるわけですから。



あぁ、本当に、後悔は先に立たないんですよね・・・。


というわけで、去年からはずっと、
眼科医のいうことをちゃんと聞く、
お利口さんな患者
になりましたよ。



しつこく書きますが、
40代後半の皆様、
ぜひとも眼科で視野狭窄の有無を検査してもらってください。

緑内障が発覚したら、
早いうちにきちんと治療を始めてください






スポンサーサイト
2018.04.07 Sat l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/730-2f4a9a15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)