FC2ブログ
ご無沙汰にもほどがあるってもんだ、私!
すみません、ごめんなさい。
訪れてくださった皆様、本当に本当に、
見捨てずにいてくださってありがとうございます。

ちょっと立て続けに
翻訳ボランティアの仕事が入って、
それに忙しくしていました。



証明書などの翻訳の他に、
ここ1年ばかり、
依頼されるもので増えているのが、
パスポートの出入国スタンプ翻訳です。

そう、飛行機降りて(とは限りませんが)
入国管理官にドン!と押してもらうあのスタンプ。

カナダの市民権(永住権とは別)を
取得するための提出書類の1つだそうです。


私は日本語とトルコ語担当ですから、
どの国の人のパスポートであろうと、
日本とトルコの入管を通ったら、
私のところに回ってきます。


それらのスタンプを見ていると、
国民性というのかしら、
スタンプの押し方がいろいろで面白いです。


日本の入管のスタンプは、
パスポートの持主が日本人の場合、
四角い「出国」と丸い「帰国」です。
これらが、たいてい一見して一対になるように、
同じか隣り合わせのページに、
きちんとまっすぐ押されています


外国人が日本へ行くと、
入国スタンプの代わりに、
「上陸許可」のスティッカーが添付され、
出るときには四角い「出国」スタンプ
の組合せになるのですが、

これらも、間違いなくちゃんと対になっているし、
上陸許可のスティッカーは、
機械じゃないか!?ってくらいまっすぐ貼られて、
出国のスタンプもその横か下に、
きちっと気をつけ!


この几帳面さは日本人ならでは!って、
思わず口元が緩みます。


それに比べると、
何にでも鷹揚なトルコのスタンプは、
横向いてたり逆立ちしてたり、
出入りの2つが重なってたり、
対の片割れが何ページも離れてたり・・・。

「押してありゃいいじゃん!」丸出し(笑)。



トルコの入管に限らず、
「押してありゃいいじゃん!」は割と多くて、

斜めだの逆さまだの向きはどうでも良いし、
あっちこっちのページに離れ離れだし、

インクが均等じゃなくて擦れてるのは頻繁だし、
手元がぶれたのか全体がぼやけてるのもあるし、
スタンプがパスポートからはみ出しちゃってたり。

それらを堂々と公的書類として使うんだから、
世の中けっこう曖昧なもんですね。



と、私、自分のパスポートはどんなかな?と、
新旧パスポートをめくってみました。

トルコの入管はやっぱりすっごく
「押してありゃいいじゃん!」(笑)で、
日本の入管はやっぱりすっごく几帳面!

どれくらい几帳面かっていうと、
丸い「帰国」のスタンプを押し損ねたら、
それに少しかかるように、
別の書式のスタンプで訂正
してあるんです。


かと思えば
トルコの擦れっぱなしなんか可愛い方で、
メキシコとドミニカ共和国なんか、
「日付さえ見えればいいじゃん!」
国名すら読めません。





ところで、カナダの入管ですが、
出国のスタンプはありません
航空会社のカウンターで搭乗手続のときに
パスポートを係員に提出またはスキャンするだけです。


日本から旅行でいらした方々は入国時、
パスポートにスタンプ押してもらえるのでしょうか?



私は過去18年で30回くらい出入りしていますが、
カナダの入管のスタンプは、
一番最初移民してきた時のスタンプ(これは当然)と、
7年前に日本から戻ってきた時の2つだけ


何度も日本へ行っては帰ってきてるし、
あっちゃこっちゃ旅行して入管を通っているのに、
なぜだか7年前の夏だけスタンプが押されてました。



もしかしたらもしかして、
カナダの入管スタンプは、
意外に貴重なものかもしれない
・・・?(笑)。






スポンサーサイト
2018.03.02 Fri l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/726-20cb1d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)