FC2ブログ
インターネットの動画サイトで、
「平成細雪」というドラマを見つけました。
(↑平成細雪-クリックで別ウィンドウが開きます)


谷崎潤一郎の「細雪」
タイトルにも「平成」とあるように、
原作の戦前昭和の時代から、
イマドキの大店のお嬢様たちの物語に
舞台を移して描いています。



ずいぶん前ですが、
吉永小百合さんが三女を演じた
映画を見たのを憶えています。

その時も、でしたが、
このNHKのドラマも、
ちょくちょく出てくる四姉妹の和服姿が豪華で、
それを見ているだけでも目の保養~♪



加えて、言葉遣いがいいですね。

船場言葉っていうのでしょうか、
はんなりとおだやかな口調の大阪弁も、
とても優雅、
いかにもエエとこのお嬢さんという話し方です。


いとさん・こいさんなどの呼び方
今でも使われているのかしら?
姉妹間にも、お姉ちゃんでもなく
名前でもない呼び名がついているなんて、
特権階級って感じに聞こえます。



私は映画は見ましたが、
谷崎の本は読んでいないので、
果たして「平成細雪」は
平成らしい(って何?)ドラマになるのか、
それとも原作にほぼ忠実なお話なのか、

あと2回の展開が楽しみです。




スポンサーサイト
2018.01.14 Sun l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

こいさん
こんにちは~。

私の記事にもよく出てくるおばーちゃんこと母(もうすぐ80歳)ですが、身内では「こいちゃん」です。

本当は年の離れた叔母が末っ子なのですが、末っ子時代が長かったんでしょうね。

長女の伯母は「いとはん」ではなく、ふだんは「おねえちゃん」まれに「とうちゃん」と呼ばれてました。

呼んだ人も呼ばれた人もつぎつぎ亡くなって、母をこいちゃんと呼ぶ人もいなくなってしまいました。
2018.01.18 Thu l ぢょん でんばあ. URL l 編集
Re: こいさん
ぢょんでんばあさん、こんにちは!

そうですか、お母様の世代はあの素敵な姉妹の呼び方を
使われていたんですね♪
はぁぁ~、素敵~♪♪

ぢょんでんばあさんは多分私よりも少しお若いと思いますが、
どうなんでしょう、私たちやそれ以降の世代ではいとさん・
こいさんとは呼ばないのですか?

方言らしい方言のないところで生まれ育ったせいか、
風情豊かな姉妹の呼び方が廃れてしまうのは何だか
もったいない気がしちゃいます。
2018.01.19 Fri l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/714-0f0cf197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)