fc2ブログ
以前から時々ここで書いているおばあちゃん友達。

お年がお年なので仕方のないことですが、
去年から今年にかけて、
お連れ合いを亡くされたり、
友達本人が亡くなったりと、
仲間内の訃報が多くて切ないです。



ところで北米では、何かとカードを送ります。

以前はもっぱら誕生日カードクリスマスカードばかり
買ったり作ったりしていたのですが、

上に書いたような次第で、
最近はお悔やみのカードが増えました。



おめでたい内容のカードは、
ともかく「めでたい!」と前面に押し出す言葉を、
面白く楽しく並べれば良い
のですが、

悲しいときのカードは、
悩みます・・・。
何回書いても悩みます・・・。



それでも、回数が増えるにつれて、
お決まりの言葉以外にも
いろいろな言い回しを憶えてしまいました。
何だか、やっぱり、切ないです。



先日もまた、ルースのご主人の訃報が届きました。

都合で今日のお葬式に出られないので、
参列する友達にカードを託しました。

ご主人には会ったことがなかったので、
必然的にルースを慰めるだけの文面になりました。

きれいな形式的な文章ではないけれど、
彼女は英語の先生だった人だから、
「ったく、りんごは英語ヘタだわね・・・」
と呆れてくれれば、
その一瞬でも悲しみを忘れられるかも・・・です。


皆、長生きして欲しいです(←切実!)






スポンサーサイト



2017.08.20 Sun l 友達・仲間 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/645-9ceec727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)