FC2ブログ
また、突拍子もないを見ました。

昨今流行のゾンビもの。


なぜ三部作かっていうと、
本当に、繋がった3つのお話だったから。


いやぁ、何かマジで、
私の頭ん中調べた方がいいかも?って思うくらい、
こんなの見方ってあるの?っていぶかっちゃうくらい、
可笑しかった。




第一部:

月夜の晩。
燃え尽きた街並み、荒れ果てた公園の中を、
疲れきった私は、足を引き摺るようにして歩いている。

朽ちた納屋の陰から、ゾンビが1人、2人出てきた。
「逃げなくちゃ!」
ゾンビの出てきた反対側、
納屋の裏に倒れるように逃げ込むと
そこに錆びた鍬が転がっている。

私はそれを掴んで立ち上がり、
ゾンビたちの背後から
最後の力を振り絞るように、
鍬を振り下ろす。

鍬の歯がゾンビの頭に刺さって抜けないっ。
もう1人のゾンビが踵を返して向かってくる・・・。

「もう、逃げられない・・・」


どこからともなく若者3人が飛び出してきて、
1人は倒れた私を抱きかかえ、
1人が鍬をゾンビの頭から抜き取っている間に、
最後の1人が迫っていたゾンビの頭にナイフを刺す。

「助かった・・・」



ここで一旦目覚めた私。

おぉ、ウォーキング・デッド(TVシリーズ)のだったわ♪
好きなのでちょいと嬉しかったりする(笑)。





第二部:

宵闇迫る時刻。
人の気配のなくなった高級住宅街。

背中にライフルを担いでいる私は、
15人くらいに増えた仲間と
今夜の宿になる場所を探して歩いている。

ときどき植木やフェンスの陰から
ゾンビたちが姿を現す。
仲間と一緒に、
私も腰に下げたマチェテを振り上げてゾンビを退治する。

誰かが口笛を吹いて知らせる。

「こっち!」

一軒の豪邸に私たちは入っていく。
隅々までゾンビの有無を確かめてから、
空腹の私たちは、
広くてモダンな台所に集まる。

「たいして残ってないな・・・」

トマトの缶詰、シリアルの箱、たったの小麦粉・・・。

「少なくともまだ水が出る」


と、通りに面した大きなガラス窓の向こうを、
ゾンビの一団が通り過ぎる。
息をひそめて見送る私たち。




ここでまた目が覚めた。

あら?何だか話が繋がってる?




第三部:

薄曇の午後。
自給自足の小さなコミューン。
子供たちは畑仕事を手伝い、
大人たちは住居や周辺の整備に忙しい。
のどかな時間。

と、突然どこからかゾンビの群れが侵入!

子供や年寄りを、最寄の建物の中へ避難させる。
残ったメンバーは皆、
ナイフやマチェテ、バットなどを手に
ゾンビを倒していくけれど、
数は一向に減らない。

応戦しながら私たちは、
ジリジリと後退を余儀なくされ、
石造りの建物の中に逃げ込む。

「こうしていても埒が明かない」
「どうしよう・・・」

口々に囁き合う私たち。




突如場面が大きく変わって:

TVスタジオ。

カメラの前に座るのは
朝のニュースのキャスター、
お天気おじさん、
交通情報おばさん、
ウォーキング・デッドの原作者カークマン氏。

彼らのこちら側に
わ・た・し!

さて、皆さん、ここまでの放送はいかがご覧になりましたか?

とか言っちゃって、
インタビューしてるの、
わ・た・しが・・・!



ここで、完全にお目覚めの私。


え?また続いてたよね、


で、何?この全部、TVドラマだったの???

えええーっ? 私、女優さんだったのぉ???



そういえば、の中の私は、

ウォーキング・デッド
のミション↓

ミション



ウーピー・ゴールドバーグ↓

うーぴー

÷2

って風情だった。
日本人じゃなかったのか、私・・・(笑)。




しっかしなぁ。

私が女優だのインタビュアーってのも
かなりありえない状況だけど、
インタビューしてる相手が、
地元のニュースの人たちっての・・・何?

どうせならウォーキング・デッドの俳優さんたちにしてよ~!!









スポンサーサイト
2016.05.19 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/365-7cc0b2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)