fc2ブログ
明日12日月曜日から、子供らの大学の冬学期が始まります。
今学期は二人とも朝早いので、私も久しぶりの早起きの日々になります。

もう大学生なんだから、日本だったら親が合わせて起きて何やかやと世話を焼く必要はないはず。私自身のことを思い起こせば、勝手に起きて勝手に朝食摂って勝手に出掛けていましたしね。
が、それは交通の便の非常に発達した日本だからできた(できる)こと。
例えば、実家からバス停までは徒歩5~6分、バスは時刻表の上では10分間隔くらいでしたが、実際には同じ経路を走る他の路線もあったのでかなり頻繁でした。乗ったら駅まで7分、駅からの電車も本数は充分ありました。それに、日本のバスや電車が遅れることって、よほどの悪天候か突発的な事故でもない限り、まずないでしょ。

日本ほど公共交通網が発達していない北米の中にあって、カルガリーには便利なことに2路線の市電と何十路線ものバスが通っています。時間はかかりますが、車を使わずともある程度まではバスと市電を乗り継いで出掛けることは可能です。

我が家は歩いても1分かからないところにバス停があり、バスに乗ったら12~3分ほどで南北に走る市電の始発駅まで行かれます。
だから、便利!だと思うのですが、実はぜんっぜん!!!便利じゃないっっっ!!!
なぜかというと、ウチのあたりを走る路線の場合、バスの本数がラッシュアワーで1時間に2本、日中は1時間に1本しかないのでありますよ。
その非常に数少ないバスも、必ずしも時刻表どおりに来るとは限らず、ちょっとでも雨だの雪だの道が凍ってるだのという悪条件があると、いつ来るかわかんない。ひどいときは来ない・・・。まったく宛てにできないのです。

市電はラッシュアワーはもちろん、日中もそこそこ本数があってけっこう使い勝手は良いのですが、時刻表どおりか?っていうと、ちと怪しい。何かのアポのように決まった時刻にどこかへ行くために市電に乗る場合は、余裕を持って駅に到着する必要があります。

息子たちは大学まで市電を使っているのですが、上に書いたように駅まで行く30分に1本のバスの時刻が合わないし、使うとしても時刻表どおりとは限らないので、どうしても車で駅まで行くことになります。
以前書いたかもしれませんが、冬場は私の車を3人で使いまわしていますから、日中私が車を使うためには私が子供らを駅まで(駅から)送迎しなくちゃならないわけです。

こんなこともありました。
去年の冬、-25℃の朝、どうしても私が送っていくことが出来ない用事があって、長男にはバスを使うよう頼みました。バス停で待てども待てどもバス、来ません。-25℃の外気は体感温度にすると-30℃くらいになったりします。
20分以上待って「もう来ないから、諦めて自主休講すっか・・・」と思った矢先、バス停の前に1台の車が停まりました。中から中年のおばさんが、「あなた、さっきからずっとバス待ってるでしょ。どこまで行くの?駅?じゃ、乗りなさい。送ってってあげるから!」と声をかけてくださって、長男は無事授業に間に合ったのでした。
ご自分のお子さんを駅まで送る道すがら、バス停で待っていた長男を目にしていたその方は、帰り道にまだ突っ立っていたのを心配してこんな親切なお申し出をしてくださったんだそうです。ホント、有難いことです。助かりました。

それ以来、私も自分が運転しているとき、特に寒い日や雪が降ってる日などは、バス停を気にするようになりました。

ということで、一見便利そうだけど実はあまり便利じゃない市バスの話でした。


スポンサーサイト



2015.01.11 Sun l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/34-0b696baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)