fc2ブログ
先週からアルバータ州では一斉に、毎年恒例のインフルエンザ予防接種クリニックがオープンしました。

まだ子供たちが中学生頃までは、心臓病・喘息・糖尿病など持病がある人以外は有料だったのですが、今では誰もが無料で受けられるようになりました。

ウチの近くの予防接種クリニックは、普段は使われていないオフィスビルの広----い空き部屋を数週間借り切って、常時20人くらいの看護師さんたちが即対応してくれるところで、待ち時間はほとんどありません。

な・の・に・・・・

息子たちは面倒くさがる。

な・の・で・・・・

先週の金曜日、
先に大学から帰宅していた長男をまず説き伏せて、一緒に次男を迎えに行き駅で待ち伏せ(笑)。
帰り道に寄って接種してきました。


さて、過去3年くらいかな、子供用に、注射ではなくて鼻からスプレーする予防接種が出回っているので、もう嫌がって逃げ回る子や針が入ったちょっと後に「ギャーッ!」と泣き出す乳幼児の姿を目にすることがなくなって、会場は静かになりました。
私なぞ、その逃げ回って机の下に隠れたり、痛かった注射を我慢して涙目になってる子供らを見て、「面白いな~、可愛いな~」と思う方だったので、ちょっとつまらなくもなったのですが(笑)。



ところが、私たちが行った時は、まぁ久しぶりに、ものすごい剣幕で「ギャーッ、ギャーッ!」と泣きわめく1歳ちょっとくらいのお嬢ちゃんがいましてね。

会場中の視線が彼女に集中!

どうやら「鼻からスプレー」がお気に召さなかったようでした。

チクン!という痛みよりはマシでしょうけど、それまでの彼女の人生で「鼻から何かが入って来る」という経験はなかったでしょうからねぇ。
「ママは痛いことないって言ったけど、鼻からヘンなものが入って来た・・・」ってビックリしちゃったんでしょう。



でも、人目を憚らず思いっきり
「イヤだったーッ!気持ち悪かったーッ!」という、まだ言葉にならない感情を
泣き叫んで表していたお嬢ちゃん。

すごく健康に育ってるな~と思いました。


願わくば、大きくなっても面倒くさがらずに予防接種に出かけてくれますように・・・。









スポンサーサイト



2015.10.29 Thu l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/240-d915e415
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)