FC2ブログ
感謝祭あるいはサンクスギビング・デーといえば、たいていはアメリカの行事として思い出される方が多いと思います。

私は中学の英語の教科書に出てきた時に、「Thanksgiving Dayというのは11月の第4木曜日」と杓子定規に覚えました。

ところがカナダへ移住してみれば、サンクスギビング・デーというのはアメリカだけのものではなくて、
似たような事情でカナダにもカナダなりのサンクスギビング・デーが存在することを知り、びっくりぽん!
それも、私が習ったThanksgiving Dayよりも1か月以上も早い、10月の第2月曜日です。

日付はずいぶんと離れているものの、サンクスギビング・デーの祝い方はアメリカのそれととほぼ同じで、
土曜日から三連休ですから、普段は遠く離れた土地にいる兄弟姉妹や子供たちなど、
家族や親せきが集まって七面鳥のディナーをいただくのが、定番。

わが家の場合は、集まる親戚もいるわけじゃないので、
フツーの三連休に七面鳥がくっついた感じです。




というわけで、昨日のディナーは七面鳥

ターキー

主人がスーパーで見つけてきた、「詰め物入り七面鳥胸肉」です。
オーブンに入れて4時間ほどローストするだけ。

付け合わせのクランベリー・ソースやグレイビー・ソースも、
主人が缶詰を買ってきてくれたので、
一から用意したものは、実質サラダとピラフのみ。
なんとも楽チンな感謝祭の晩餐でございました。


以前何度か丸ごと七面鳥をローストしたこともあるのですが、
4人家族で七面鳥一羽は小さ目を選んでもまだ大き過ぎて、
その後3日くらい、ずーーーーーーーっと! 七面鳥をアレンジしたメニューばかり食べ続ける羽目になるんですわ。

2か月ちょい後には、クリスマスでまた七面鳥でしょ・・・。

考えただけで「う~~~っぷ!」



それでもう、過去2年ほどは七面鳥から遠ざかっていたのですが、
今回は、「どうしても七面鳥食べたいっ!」という主人が自ら率先して、
こういう便利で美味しくて、なおかつ一回で完食できるサイズの七面鳥を調達してきたわけです。
オーブンに入れるだけだから、そこも主人がやってくれたし~♪

これなら、またクリスマスに食べてもいいかもしれない(笑)。







スポンサーサイト
2015.10.13 Tue l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/232-80cd729a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)