fc2ブログ
日本旅行から無事帰宅した次男から
面白い話をいろいろ聞いたので、
書いてみたいと思います。



本日は、ニッポン初体験の方々の話

1.「成田エクスプレスを降りた午後8時半くらいの東京駅

地下ホームから八重洲口まで、
人の波がうねって溢れかえるコンコース😨
次男の背中を見失わないよう
脇目も降らずに歩くのに集中するあまり、
東京駅そのものの記憶が、無い
😑。



2.「デパ地下」

日本2日目、夕飯調達のために
次男がデパ地下へ連れて行ったら、
あまりに多種多様な店舗があること、
あっちこっちから怒鳴り声が聞こえること、
身動きできないような混雑にビビッて
買物どころではなく早々に退散😢。

ちなみに「怒鳴り声」
日本人にはフツーの
「いらっしゃいませ~!」だったり
「タイムセール中で~す!」だったり
の声。
夕方だったのでお勤め帰りの人たちも混じって
ちょっと混雑度が増してただけのようですが、
その凄まじさにビックリ😱しちゃったそうです。

後日もう少し早めの時間帯に再挑戦し、
かつ丼、お寿司やスイーツなどにご満足👍。


3.「街角にいくつもある自販機に感動!」

まだ暑い季節ではなかったけれど、
たくさん歩きまわる人たちの喉は乾きます。
「何か飲みたい~😫」と感じたその時、
必ず、間違いなく、絶対、そこに自販機がある❗🤩

コーラやペプシ、水だけじゃない
バラエティ豊かな自販機が存在することにも感激。

一番人気はポカリスエットだったそうです。


4.「回転寿司がお気に入り」

美味しいのはもちろんですが、
ネタの新鮮さも種類の多さも、
カルガリーでは考えられないし、
何たってお財布に優しいコトこの上ない。

出かけた先では
その土地の名物を食べることにしていたけれど、
特にない(見つからない)場合はRotating寿司🍣❗


今回の旅の目的の一つに、
「最高の寿司と最高の神戸牛を食べる」
というのがありまして、
彼らなりにかなりな予算を立て、
テーブルを予約して出掛けました。

で、「築地」という冠被った老舗のお寿司屋さんは、
回転寿司とは比べ物にならなかった。
お値段張ってもそれに見合う味だったと、
全員揃って納得。

「カルガリーで同じだけお金かけてお寿司食べても、
こんなに美味しくないのは悲しい・・・😢」
とか
「これからカルガリーでお寿司食べるたびに
これを思い出すのは辛い・・・😞」

と口々に言っていたそうです。



5.「神戸牛は別モノ」

旅の締めくくりのディナーは、
神戸で頂く神戸牛ステーキでした。
清水の舞台から飛び降りた
お一人様5万円の予算で、アラカルト。

出発前にカルガリーのハイエンドレストランで、
最高級アルバータ牛と、
オーストラリア産和牛のステーキを食べて
予習をしていたG君と彼女
(↑お肉の味 ‐別ウィンドウで開きます)

本場神戸牛のとろけるような柔らかさと
肉らしさを主張してこないまろやかな味に、
「これはアルバータ牛や
オーストラリア産和牛とは別の生き物だなぁ」

すっかり魅せられて、
小さめステーキをお代わりしたそうです。

もちろんあとの面々も、
「こんなに美味しいステーキがあるなんて❗❓😍」
日本の和牛の素晴らしさを堪能してくれました。


6.「懐石料理はご勘弁」

唯一彼らが受け入れられなかった食べものは、
温泉旅館での純和風懐石料理だったそうです。
フツーのお刺身と小さなステーキは大丈夫👌だったけれど、
その他の趣向を凝らした海の幸は
「得体の知れない食べものばかり」
で、
特に、活造りは「ぎゃぁーっ❗動いてるぅ~😱」

懐石は一品ごとに出てくるので、
次は何か❓食べられるものか❓戦々恐々😰
ごはんと赤出汁が出てきた時には「ホッ・・・」。
最後のデザート(果物とシャーベット)でようやく笑顔が戻ったそうな。




何でもかんでも初めての日本は、
「おぉ~🤩」も「ひぇ~😖」もひっくるめて、
とても楽しく充実していたそうで、
旗振りした次男はもちろんのこと、
ちょっと手伝ったお母さん旅行社も嬉しかったです。




次の投稿では、次男の話を書きます。








スポンサーサイト



2024.04.17 Wed l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは。

デパ地下ではタイムセールの声が怒鳴り声に聞こえたり、懐石料理には冷や汗ものだったのですね(笑)

自販機どっかの国の人もテレビで言ってたけど日本は多いと言ってましたよ。

築地の寿司に神戸牛には満足されて良かったですね。
2024.04.17 Wed l シナモン. URL l 編集
Re: No title
シナモンさん、こんにちは。

こちらでは「呼び込み」がないのでビックリしたんでしょうね。
温泉旅館での純和風のお料理は、さすがにハードル高すぎたようです。

それでも皆楽しんでくれて良かったです。
2024.04.19 Fri l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1967-d8db5c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)