fc2ブログ
YouTubeで旅行関係の動画をよく見ます。


過去1年ほどの間に、
「1人旅、米国入国審査で別室送り」
といったタイトルの動画が増えています。
ついつい「どうして?」と見ちゃうので、オススメが増えるんでしょうけど~😅)



アメリカに到着時入国審査の質疑応答で、
審査官が「怪しい?」と思うと別室送りって、
やはり怖いですよねぇ。

入国審査官はいわゆる関所守ですから、
それなりの権限を持っているので、
彼らのご機嫌を損ねたくはありません




それらの動画によれば、
入国審査官が確実に「?」と不審に思うのは、
一人旅、片道航空券、無職など、
米国内に長期(不法)滞在しそうな人
だそうです。

ただ、往復航空券を持っていても、
滞在先が分かっていても、
職業がYouTuberだのインフルエンサーだったりすると、
やはり「別室へどうぞ」の可能性もある
んだそうです。


そうじゃなくても、メキシコとの国境で
毎日不法入国者と揉めているアメリカ
これ以上増やしてたまるか!なんでしょうねぇ。



予測していなかった質問にも落ち着いて、
臨機応変に対応できるくらいの英語力
がないと、
不安に煽られてアワアワしているうちに
「はい、別室へどうぞ」てことになりかねない。


一人旅だろうが、無職だろうが、
ちゃんと目的を持ってアメリカに行こうとしてるのに、

実際に「英語が伝わらなくて誤解され強制送還」
という人の動画もありました。


別室送りになってしまえば、
日本語の通訳を頼むこともできるけれど、
経験者の話では、最初から犯罪者扱いで、
尋問されている感じ
だそうです。



どうやらガイドブックなどに載っている
「入管での基本英会話」程度では片付きそうにないですよ



あ、そういえば・・・と思い出したのは、
去年、ディズニーとポートランドに旅行したとき、
カルガリー空港内の米入管審査官

私たちの職業も訊かれて、
え?仕事?と思った
んでした。


そして、ディズニーランドに行くと答えた私たちに、
「二人だけで?ディズニー?」と
ひどく怪訝な顔
もしました。

ド直球に受け取った私は
60代夫婦がディズニー行っちゃいけないのかょ💢
と、腹の中でムカつきましたけど、
きっとこの時は、不法滞在を疑うというよりも、
ヤバいモノ運ぶ人を想定したのかも
しれません。

ディズニーランドが旅行目的って、
すごく他愛ない旅行に聞こえるから、
ヤバいモノの運び人には格好のカモフラージュ

になりそうですよね。


そこは私よりも落ち着いてる主人が、
「昔から大好きなんですよ。
今回はスターウォーズのエリアが目当てでね」
みたいなことを答えたら、

ふ~ん、そうかね・・・みたいな仏頂面で、
滞在する2つのホテルの名前を訊いたあと、
ズイッとパスポート返してきました。



一人でアメリカへ入国する場合は、

英語が不安ならば
「滞在先と滞在中の連絡先、
旅程表や帰国便の予約番号などを
印刷して持って行くと良い」

とか、
現地の親類縁者を訪問するのであれば、
「先方からの招待・滞在保証のメールを用意してもらう」
といった
準備を整えておくことが大事だと訴える動画もありました。



楽しいはずの旅行の入口で躓きたくはないですもんね。

アメリカ旅行される皆さま、
どうぞ入念なご準備のほどを・・・









スポンサーサイト



2024.02.23 Fri l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1931-b6d5c68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)