fc2ブログ
カナダの首相が使う航空機が
新調されました。


カナダのそれはCanadian Forces 01
略してCFオー・ワンと呼ばれるそうです。



今年9月、G20サミットに参加した
トゥルドー首相がインドを離れる際、
このCF01が故障
して飛び立てず、
カナダから急遽お迎え便が飛んだ
ということがありました。

首相はそのお迎え便で2日後に帰国しましたが、
故障したCF01が飛び立てるようになるまで、
数日かかった
ように記憶しています。


その場で治せる故障ではなく
部品を取り寄せなくてはならなかった
という報道を聞いたときには、

ずいぶんとオオゴトの修理だったのねぇ
と驚いたのですが、
今回の新調のニュースを見ていて
さもありなん・・・😕




今回リタイアしたCF01
1987年製のエアバスA310型機で、
カナダ空軍が1992年に
当時のカナディアン航空の中古を購入
し、
首相専用機としてこれまで利用してきたものでした。


御年36歳のこの機材は、
未だにトイレに灰皿がついたままで、
各座席の背もたれにモニターはなく
大き目のモニターが真ん中の壁に貼り付いているし、
充電したくても電源コンセントがない・・・
(Wi-Fiなんてもってのほか)という
1987年頃のままの内装で使われてきました。

電源だけはないと困るので、
なんと、床に何本もの延長コードを
這わせてあった
のだとか😲



昨年生産終了した
ジャンボジェットの耐用年数が30年前後
といわれていることを思えば、
36年飛び続けていたCF01は長寿の方なのでしょう。


だとしても、
一国のリーダーが外国の空港で、
「さようなら~」と居並ぶ記者団に手を振ったのに、
飛べなくて降りてくる
なんてのは、ねぇ。
あまり聞かない話で・・・😅
飛び立ってから事故るよりはマシですけどね




新たに購入したのも中古
2015年製のエアバスA330機で、
クウェート航空から買ったのだそうです。

2015年に造られた機体だから、
機内に灰皿なんかないし、
背もたれにモニター付いてるし、
電源も、Wi-Fiも、ちゃんとあるらしいです👌




今朝、トゥルドー首相はAPEC会議に参加するため、
その新品の中古飛行機で、
サンフランシスコへ
向けて飛び立ちました。



こちら↓がメディアに披露された新しい機内

Inside Canada's New VIP Plane (←別ウィンドウで開きます。日本でも観られるのかちょっと心配)

普通の旅客機、ですね😄


乗り心地はどうだったのでしょうか?
首相に訊いてみたい気がします。








スポンサーサイト



2023.11.15 Wed l 面白いモノ・コト l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
やっぱり、アメリカ製よりもフランス製なんですね。
2023.11.15 Wed l el_desvios. URL l 編集
Re: No title
el_desviosさん、こんにちは。

ふふっ、どういう選び方してるんでしょうね?
英国のVIP機を見習ってエアバスにしたのでしょうか。
それとも単にお手頃価格だったのか??

安い買物ではないので、首相の好みだったなんて
お気楽な選び方じゃなかったことを祈ります😆
2023.11.16 Thu l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1857-f74b8767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)