fc2ブログ
今日9月30日は「真実と和解の日」

カナダ先住民(インディアン)に対する不正を正し、
和解を勧めることを誓う日
として、
2年前に制定されました。
(詳しくは真実と和解の日をご参照のこと ←別ウィンドウで開きます)



つい数週間前にも、
サスカチュワン州で93人の子供の遺骸が見つかりました。
多分これからも、「寄宿学校」の跡地からは、
こうした可哀想な子供たちが見つかることでしょう。




今日はいつも聴いている
CBC(カナダ国営放送)のクラシック音楽番組も、
先住民族の作曲家や演奏家を特集
しています。


夏のカルガリー・スタンピードで見られる
インディアンのダンスの伴奏音楽は、
彼ら独自の楽器(ドラム)と声だけ
が普通です。






が、クラシック音楽の世界にも
活躍している先住民出身者による
先住民の音楽を取り入れた作品
はあって、
今日の放送はそれらの特集でした。




これ↑はジェレミー・ダッチャー(Jeremy Dutcher)という
Wolastoq(ウォラストク?)族の作曲・演奏家です。

先に挙げたドラムと男声のチャントとはまた違う、
先住民が歌い継いできた穏やかな旋律を
西洋音楽と美しく融合させていると思います。



ジェレミー・ダッチャーを探していて
こんな動画も見つけました。



無伴奏のゆったりとした歌声に
スローモーションのダンス
が優雅です。




カナダはようやっと
口先手先だけでなく、彼らの文化と人権を尊重し、
本当の先住民との共存へ踏み出した
ところにいます。


時間はかかると思いますが、
必ず良い方向へきちんと向かって欲しいと思います。







スポンサーサイト



2023.09.30 Sat l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

同化教育。
先の事件の話は全く記憶にありませんでしたが、
家族は二人とも知っておりました。
2019年頃から日本で相次いだ幼児虐待死の事件が、
余りにもきつくてメディアの残虐な記事を避けていたからかも知れません。

カナダって『自然が素晴らしい(かなり寒めだけど。(^◇^;)』
『公平』『平和』『おだやか』『安心』
と言うイメージがあるのですが、
先住民族に対するそういった過去があるとは知りませんでした。
(→でもやっぱり辛いから記事は検索してないので良くわからないけど。)

ただ、『カナダ先住民(インディアン)に対する
不正を正し、和解を勧めることを誓う日』として、
問題を取り上げる姿勢はやっぱりカナダだなと嬉しかったです。(^^)


場所は飛びますが、イースター島も西洋人による
キリスト教の同化政策や焚書により、
古来から続いていた島の文明・文化全てが滅亡してしまった
という話を子ども時代に読み、
物凄く憤慨した記憶があります。

日本も又、アイヌや沖縄などの先住民族があり、
その待遇について根深い問題を抱えていますが、
『なんでみんなと仲良くできないの~??
「みんなちがってみんないい」でしょ?(TT)』
と暢気な京一。は思ってしまいました。
2023.10.01 Sun l 須藤京一。. URL l 編集
Re: 同化教育。
須藤京一。さん、こんにちは。

私の印象ですが、カナダという国はまずまず「平和」です。
国民はのんびりしていて穏やかだし、恐ろしい事件も少ないです。

外から入って来る移民に関してはその柔和な顔で迎え入れますが、
先住民に関わる事柄には、ずっと蓋をしてきたんですね。

ここ数年の寄宿学校跡地の発見には、
もうさすがに隠しおおせない時が来たと観念したのでしょう。

これから先、先住民だけでなく、人種やLGBTQ+なども、
真摯に向き合って教育に取り入れ、
子供時代の京一。くんが感じたように
「みんなちがってみんないい」カナダになって欲しいです。

2023.10.01 Sun l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1815-3727031b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)