fc2ブログ
午前中、いつも通りに
ラジオのクラシック音楽番組を聞きながら
仕事
をしていました。


ドボルザークの交響曲の、
第2楽章が始まって間もない頃、
ドボルザークが突然
聞いたことのない室内楽曲に代わった
ので、

「あれ?ラジオ局、どーした?」
と思っていたら、

女性アナウンサーの声で、
「悲しいお知らせが入りました。
エリザベス女王が亡くなられました。」




タイプしていた手が止まりました。




今朝のニュースでは、
30分毎のヘッドラインが
「女王が医療チームの監視下に。
チャールズ皇太子はじめ
家族が集まってきている」

だったので、

お年もお年だから心配だわねぇ・・・
くらいに感じていたのですが。

まさか、それから3時間も経たずに
訃報になってしまうとは・・・。





しばらくそのままラジオに耳を傾け、
同じ言い回しが繰り返されたところで、

「もうじきお昼のニュースだわ」
と気がついたので階下へ赴きテレビを点けたら、

昼前の情報番組はすでに
イギリスからの中継に差し替えられていました。



それから今日はずっと、エリザベス女王一色



カナダは英連邦の一国なので、
報道にも力が入っています。

どのチャンネルも、
女王の幼少からの足跡を辿り、
王女時代も含めて22回カナダを訪問
そのうち5回はカルガリーにも来訪されたこと、
在位中に14人のカナダ首相を任命したことなどを
アーカイブ映像とともに何回も流しています。



カナダに移住してから、
英王室で何かあるたびに
テレビでお見掛けしてきた女王様

これからはお目にかかれないと思うと、
やはり少しだけ、淋しく感じます
おかしなものですね。




さて、つい少し前に見たニュース番組では、
これら↓

20ドル札

1ドルコイン

お札やコインに描かれている
女王の肖像画
について

当面は現行の女王のデザインで。
次のデザインはいずれ選定する」
という話が出ているという報道。

王位の後継者はもう決まっているのに、
わざわざ「いずれ選定」というところを見ると、
チャールズ王にしないことも有り得るのかしら?
王室の顔はあってもいいと思うけど~。




ということで、カナダは今日から10日間半旗です。








スポンサーサイト



2022.09.08 Thu l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1586-2c78917d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)