fc2ブログ
先月ちょこっと書きましたが、
アフガニスタンがタリバンの国に戻って1年

先日、どういう風の吹き回しか、政府が、
「アフガニスタンに残っている家族のための
難民受入手続きを加速させる
とか何とか言ってました。


20年以上さんざんっぱらお世話になっておきながら、
1年経っても17000人程度を受け入れただけ
(ちなみに戦争が始まって半年のウクライナ難民はすでに32000人・・・)

こりゃマズいと、やっと気づいたんでしょうかねぇ。




数年前に乗っていた車のディーラーで、
私たちの担当をしてくれたアブディさんは、
アフガニスタンからの元難民
でした。

英語が堪能だったため、
アフガニスタン駐留カナダ軍お抱え通訳
をしていたそうです。



ある日直属だったカナダ軍のグループが
カナダへ帰国することになりました。
そのグループの将校はアフガニスタンを去る前に
「アブディ、何かあったら私に連絡しなさい」
と言い置いて去りました。



次に所属したグループでも
アブディの仕事ぶりは買われ、
彼らがカナダへ帰国する時にも
そのリーダーから
「アブディ、困ったときには私たちに連絡するんだよ」
と言われました。



その次についていたグループがカナダへ帰国した後、
アブディさんは決心しました。
「カナダへ渡る。それから家族を呼び寄せる!」と。



過去に通訳をして知り合った将校らに
自分の意志を伝え助力を乞うと、
あっちからこっちから何本もの手が差し伸べられ、
無事にカナダへ入国し難民
として受け入れられました。


「僕は幸運だったんですよ。上司が皆将校だったから」
と彼は笑っていましたが、

英語はネイティブかと思ったほど上手だったし、
セールストークだとしても話術に長けていて、
軍の誰とでも良い関係が作れていただろうことは
想像に難くありませんでした。



それから数年かけて家族全員をカナダへ移住させたと、
私と主人の前には、
誇らしげに話すアブディさんがいました。




時期的に言っても、
まだカナダ軍が駐留している間に
彼が行動を起こしたのは得策だった
と思われます。

さらに、確かに彼の言うように、
カナダ駐留軍の将校らと直接的な繋がりがあったのは、
彼の移民手続きにさらに有効だった
とも言えるでしょう。



タリパン一周年のニュース番組で
顔を隠してインタビューに答えていた
軍の厨房勤務だったり、大使館の警備などをしていた人たちは、
直接カナダ人(大使館員・軍人)との繋がりがなかったにも関わらず
タリバンからは「カナダの手先だった」として、
見つかれば命がない
という話でした。



カナダ政府よ、有言実行!
実際に手続きのスピードをどんどん上げて、
一日も早く救い出してあげて欲しいもの。




・・・と思っていたら、
どうやらホントにスピードアップされたらしく、

さっきラジオから流れてきたニュースに
「パキスタンからマニトバ州ウィニペグに、
避難民300人余りを載せたチャーター機が到着した」

という話題が流れました。


良かったね~、離れていた家族に会えたね~。


カナダの暮らしが
必ずしもバラ色になる保障はないけれど、
少なくとも命の危険からはすごーく遠い場所
もう隠れて暮らす必要はないし、
それに、女子はまた教育が受けられます


私が出会ったアブディさんのように、
幸せで地に足の着いた生活が
誰の手にも入りますように


子供らの、女子らの夢や希望が
どんどん広がって、
いつか叶えられますように。






スポンサーサイト



2022.08.26 Fri l 日本・世界の出来事 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは~。

少しずつですがよい方向に進みそうでよかったですね。かたやミャンマー情勢は悪くなる一方のようです。ウクライナよりずっと近く、日本の歴史上もずっと関係の深い国に、なぜこうも冷淡なのか理解に苦しみます。

>子供らの、女子らの夢や希望が
>どんどん広がって、
>いつか叶えられますように。

マンガですが、「女の子がいる場所は」という本、お読みになったことはありますか?私が最近何冊か買って、若い人に会うとあげています。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0B2JD7QCJ/ref=dbs_a_def_rwt_hsch_vapi_tkin_p1_i0
2022.08.26 Fri l ぢょん でんばあ. URL l 編集
Re: No title
ぢょん子さん、こんにちは!

推定4万人が救出されるべきというところ、やっとこ300余人だから、なんかじれったいんですが、動き出したのは良かったと思います。
ミャンマーは悪化の一途ですねぇ。日本人記者(?)が逮捕されたとかも、どこかで読みました。
終戦記念日の後、こちらで放送されたインパール作戦に関するNHKスペシャルを見ていたら、終戦後77年経ってしまって今更感はあるけれど、日本はミャンマーに対してもっと手を差し伸べるべきだと感じました。

「女の子がいる場所は」紹介してくださってありがとうございました! 早速アマゾンで買いました。あと2日くらいで届きます。
読後感をここで書きたくなりそうな気がしています。
2022.08.29 Mon l りんごかあさん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1563-628054e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)