fc2ブログ
カナダ国内のデルタ株感染率について、
恐ろしいことにその43%がここアルバータ州😱
という報道が流れました。



私はこのブログで何度も、
いかに今の州知事がボンクラか
腹立ちまぎれに書いてきました。


コロナ最前線を担っている医療従事者から
「これほど危機が迫っている!」という
具体的な数字
を挙げられても、
「もっと厳格な規制を!」と大声で叫ばれても、

州知事やその周辺の州政府関係者は、
のんきに旅行に出たり会食したり・・・


挙句、今年8月から9月上旬までほぼ1ヶ月
まったくメディアに顔を見せず、
増え続けるデルタ株に翻弄される州民を放ったらかし
どこぞへトンズラかましていた
という。


もう、呆れてモノが言えない
開いた口が塞がらない
二の句も三の句も継げない
稀代の無責任野郎ってレッテル貼ってやりたいです。




のらりくらりとメディアをかわしてバックレていましたが、
「アルバータ州内の病院全て合わせても
ICU病床数はあと10日で限界になってしまう」

という状況を突き付けられて

ようやくやっとご本人も
「ボク、ボンクラだったのね・・・」くらいは
お気づきになられた
ご様子。



昨日の夜、
「夏に規制を取っ払ったのは性急過ぎでした。
ボクが間違ってました、ごめんなさい
明日から『公衆衛生緊急事態
( a state of public health emergency)』
として
改めて規制を設けます」
って、またあれもこれもダメダメ宣言しました。




今朝、私は1年半ぶりに、
以前のジム仲間12人揃って朝ごはん

を計画・取りまとめして、
おなじみのレストランに予約してありました。


「やっとまた皆で楽しく朝ごはんができる♪」
12人全員がそう思ってワクワクしていたのに、
ボンクラ知事の新たな緊急事態宣言のせいでご破算

皆にキャンセルのメッセージや電話をすれば、
当然、誰もが「ガッカリだわぁ~・・・」との返事。

私も皆に申し訳ない気持ちになったのですが、
それ以上に辛かったのが、
レストランに予約キャンセルの電話を入れた時でした。



あぁ、キャンセルね。はい、解ってます。
大丈夫、またの機会にお願いしますね」


不機嫌とはちょっと違う、
「またか・・・」という諦めの混じった落胆を感じられる暗い声音
そう言われました。


キャンセルが相次いでいる?
あるいは客足が鈍っている?
ボンクラ知事の宣言で
「また痛手を負っている」のが
ありありと判る反応
に、
私は少しうろたえてしまいました。


医療現場以外で働く人の
コロナに押しつぶされそうな声を聞いた
ちょっと大げさだけどそんな感覚です。




私の個人的な見解では、
アルバータ州民は過去1年半
昨年3月のロックダウンに始まって、
ちょっと緩和されたり、また制限されたり
を繰り返しながらも、
今年の夏に全規制が撤廃されるまで、
ずいぶんと辛抱強く州政府に従ってきた
と思います。



この夏の急ぎすぎたリオープニングさえなかったら、
ボンクラがバックレてバケーションなんかしてなかったら、
根本、ボンクラ政府がきちっとコロナに向き合っていたら、
デルタ株の追い討ちにももっと効果的に立ち回れたはず




昨日の知事の記者会見を見て、
私たちのグループの集まりをキャンセルして、

謝ればイイってもんじゃぁないっ💢
自分の知事生命にばかりご執心で、
現実問題に真剣に向き合わないから、
州民の努力も苦労もまるで解ってないじゃないか😠


もうこの人、いい加減で辞めてくんないかしら?😞



腹立たしいやら呆れるやら・・・。







スポンサーサイト



2021.09.16 Thu l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1422-ff404d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)