fc2ブログ
先日来日したウガンダ選手団から、
2名のコロナ陽性者が出たことで、
取り沙汰されている水際対策。


明日には自主待機から解放される身としては、
少々複雑な気持ちでその報道を見ています。



どこの報道も視点は、
「オリンピック選手団であること」がゆえの、

「ほぉれ、陽性が出ちゃったよ、
どーすんだよ、水際対策ザルじゃんか」
といった論調です。



報道によれば、
選手団は全員2回のワクチン接種済で、
渡航前のPCR検査も陰性という条件のもと、
成田に到着して受けた検査で陽性反応が出たとのこと。


上の文章から「選手団」という言葉を消すと、
(私は1回しか接種してないけれど)
ほぼ、今海外から日本へ入国する誰にもあてはまる条件と、
成田空港での検査で遭遇しうる結果です。


・・・とそこまでを汲んでいただいて次へ進みます。



選手団の「陰性結果」だったメンバーは
その後予定していたキャンプ地へ、
専用のバスで向かいました。

・・・とここからも「選手団」を除くと、

陰性の結果が出た旅客は、
その後予定していた待機場所へ
公共交通機関を使用せずに移動します。



さて、選手団のキャンプ地で、
新たな陽性患者が出ました。
同じ便で一緒に来たのですから、
濃厚接触者であったのは容易に考えられます。


自主待機する旅客の中にだって、
もし同じ便で来日した人の中に陽性患者がいたら、
その周辺の座席の人や担当の乗務員は
ことによったら濃厚接触者になりえます。



今の私自身の立場から
そうして水際対策の入り口を振り返ると、

ウガンダ選手団の入国に関しては、
特別な計らいがあったわけでもなさそうですし、
むしろ、来日前の準備に関して、
オリンピック選手や関わる人々の入国条件は、
一般人よりも厳しかったと想像できるわけで、

たまたま2人陽性が出たからといって、
ザルだとは言えないんじゃないの?
と思ったんです。


逆を言えば、
私は幸いに運が良くて、
同便に陽性患者がいなかった、あるいは
患者がいたとしても私の座席の界隈ではなかった、
それだけのことかもしれない・・・と。



ただ、この一件が浮き彫りにしたのは、
ワクチン接種をしても
渡航72時間前のPCR検査で陰性でも、
何らかの条件が整ってしまうと
コロナウィルスに感染していることがある、
というのと、

オリンピックが近づくにつれて
次々と入国してくる選手ら外国人団体が、
絶対にウィルスを持ち込まない保証はない、
ということと、

いやでも人の流れが増えるから、
感染の危険は増す、
ということ。



すでに日本国内での感染者数は
また増加傾向にあるのですから、
明日から自由の身になる私も、
慎重に行動しないといけないと、
今一度肝に銘じた次第。





(今日はマウスがないので、
普段よりも殺風景な投稿になりました。
悪しからず・・・。)
スポンサーサイト



2021.06.25 Fri l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1371-88b42f39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)