FC2ブログ
先日猫をかまいながら、家の中から裏の公園をぼんやり見ていました。

お天気の良い日だったので、公園には小さな子供も大きな子供も、入れ替わり立ち替わり遊びにやってきます。
遊具の周りだけでなく、広がった芝生でもボール遊びをしたり、ただり回ったり。
楽しそうです。


と、後ろから次男が一言。

子供ってさ、歩かないよね。絶対にいつでもってんだよな~。」


言われてみれば、あら、ホント。
どの子も、ホンの数歩のところですら、ってる!

よちよち歩き、2頭身半の坊やですら、歩いてない。
ちょっと前につんのめるような、転びそうで転ばない絶妙なバランス感覚で、タタタタタタ・・・と「よちよちり」ですよ。

しっかり歩ける・れる大きさの子供たちは、一時とてジッとしていませんね。文字通り遊具の周りをり回ってます。
ほら、滑り台なんか。滑って降りると、上る階段のところまでも走っちゃうんだ。

犬連れて来てると、投げられたボールを犬と一緒に取りに走ってる子もいる。どうしても犬が勝つけど~(笑)。

すごいなぁ。
そのスタミナ・・・。
いったいアルカリ電池何本入ってんの?って感じ。
彼らの体には「止まっちゃいけないボタン」がついていて、「歩く」という動作はまだインプットされてないんだな、こりゃ。

でもってきっと家に帰れば、ご飯やおやつをいただくため、口を動かすためだけに必要な電池が残ってて、食べ終わるや否や全部切れちゃったりするのよね。



ジムに行ってまず最初にするのは、入り口通路に面して並ぶフィットネス・バイクでのウォームアップ。
いつもiPhoneに入れてある嵐のPVを4~5本見ながら、えっさ!えっさ!と漕ぎます。

が、好きな嵐のPVよりも面白いものが、通路脇に並ぶロッカーに荷物を入れようとしているお母さんそっちのけで、タッタカターッと目の前を通り過ぎるのですわ(笑)。

靴、脱ぎ散らかしながら走ってく小僧とか、ヨレヨレのタオルを錦の御旗のように掲げて走るお嬢とか、口にはおしゃぶり手にはぬいぐるみのよちよち走りとか・・・。
思わず「クスッ」と笑っちゃう、可愛らしいのがチョロチョロしているのです。

入口から一番遠い部屋がデイ・ケア(ベビーシッター)になっていて、何度も来ている子供たちはもう目的地への道のりをよく知っているんですね。

お母さんが慌てて「おい、こらっ!」追っかける。(チェックインしないと通れないから。)

もちろん逆方向(帰る子たち)もいます。
帰る方はもっと素早い。
靴を履く暇も惜しんでるかのように、左右逆に履いたままドアに突っ走る子とか、寒い日にジャケットも着ないで行っちゃう子とか・・・。

スタタタターーーーッ!

お母さん、大忙しで自分の身支度しなくちゃならなくてたいへんです。



ホント、歩かないね。
よく走るね。


幼い子供らの「楽しそうに無邪気に走っている姿」を見ていたら、自分にも、体を動かすことそのものが苦ではない年齢があったはずだということに思い至りました。


いつから走らなくなっちゃったんだろ・・・。
いつから、「走らなくちゃならないから」走るようになっちゃったんだろ・・・。


今、わざわざ筋トレしないと健康を取り戻せないような体にしてしまった、ナマクラな自分がちょっと情けなく思えます。



さ、情けなく思ってそこで止まってる場合ではないのです。
気付いたんだからもっと動こうじゃないかっ!

筋トレ、励むぞーーーっ!!






スポンサーサイト



2015.04.29 Wed l 筋トレ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/133-301d4aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)