FC2ブログ
TVジャパンで録画した
「坂の途中の家」というドラマを見て。

坂の途中の家


物語は最後まで、
真綿で首を絞められるような怖ろしさと
捻じれてしまう人の想いの苦々しさ
とが相まって、
主人公とその他の登場人物それぞれの人間関係が
どんな結末になるのかハラハラ
しながら見ていたのですが、


私はそれだけでなく、
テレビドラマで描かれる範囲での
日本と北米の裁判のやり方の違い、
特に証人喚問の場面

興味深く見ていました。




こちらの法廷ものドラマも日本のものも、
検察官と弁護士がいて、証人喚問するのは同じですが、

北米の裁判の証人は証人席につくと、
検察官または弁護人に
尋ねられたことに関してのみ返答し、
それ以外の心情や状況を吐露することはなく、
証人が勝手に付け加えたり喋りだせば、
まず止められてしまいます


が、このドラマで見た日本の裁判では、
証人席についた人がずいぶんと自由
思うところを話していました。

被告の義母が、被告を責め立てたり
その他の証人も、質問内容以外のことを
ペラペラと話し続ける場面
があって、
「(そのドラマの内容的には)被告に不利じゃん!?」
と思うことがたびたびありました。

それともそれらの場面は、
TVドラマだったから?
本来の裁判ではあり得ないこと?

なのかしら。




逆に北米の、ちょっとでも余計なことを言うと
すぐに止められるのも

ドラマの中で描かれる法廷外の伏線を知っているこっちは、
「そこは喋らせてやってよ~」
と思ったりすることもあります。

証人が自由に喋らせてもらえなくても、
そのあたりを検察官なり弁護士なりがどう展開するか
が、彼らの腕の見せ所らしいのですけどね。



私の勝手な分析ですけど、
北米の法廷で
証人にペラペラと必要以上に喋らせないのは、
言ったもん勝ちの北米人気質が
判断のジャマになるからかも
しれないし、

日本の裁判で証人が言いたいことを言えるのは、
人情を思いやる日本の風土からくるのかもしれません。


どちらにしても、ドラマはドラマ
現実の裁判風景を忠実に再現しているとは思いません。
ただ、日本と外国の法廷の違いの一端が
垣間見えたのは興味深かった
です。




見応えがありましたが、とても重たいドラマでした。







スポンサーサイト



2021.01.16 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1270-dd4f9f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)