fc2ブログ
木曜日の午後、
自分で自分に誕生日のプレゼントに
「iPadにしようか?Airにしようか?」
と手元のiPadでapple.comを眺めながら、
懐事情には目を瞑りルンルン♪していたら、


2階で私のコンピューターをいじっていた次男が、
「お母さん!外付けハードディスクが壊れてるよ!

コンピューターに疎い私には、
差し迫ったような次男の声音の意味が判らない・・・。

「何が入ってるの?大事なものある?

仕事のファイルと~、古い写真のファイルと~・・・
なんで?

二度と見られないかもしれないよ、これ。」


えええーーーーーっ!?!?!?
そりゃ困るっ!ぜぇっっったい困るっ!!




仕事のファイルに纏めてある
これまでの翻訳仕事の資料
つい数日前にも使ったばかり。


写真のファイルには、
我が家の先代猫の写真、
家族旅行の写真、
日本の両親のために作ったアルバムなど、
我が家の記録がビッシリ詰まっています。


その他、趣味関連のカタログや動画など、
保存しておきたい様々な情報が、
このハードディスクに入っているのです。



あんた、何とかしてよ~~~~!(←泣きつく母)。

「いくらコンピューター教えてるからって、
何でも何とかできるわけじゃぁない。
これはオレにはどーにもできないよ。
データ・リカバリーの業者に頼まないと・・・。」

と言いながら、次男がネットで業者さんを探してくれました。


この母に現状を説明したところで、
皆目見当が付かないだろう
と解っている次男は、
さっさと長男の部屋へ行って、

「お母さんの外付けが壊れてさ~・・・あーだこーだ」


二人で何やら相談の上、
「オレ、授業があっから!」という次男の代わりに、
長男がやってきて、

「お母さん、○○って業者に電話してみたよ。
料金は実物を見てみないと判らないって、ま、そうだよな。
でも、見積りはタダだから持参してくださいってさ。
今から行く? 僕が一緒に行ってあげるよ。」



中身が取り出せるなら、
また見られるのなら何でもやって!


ってわけで、早速長男と一緒に、
そのデータ・リカバリーの業者さんへ出向き、
壊れたハード・ディスクを預けてきました



昨日、その見積りが出たんですが・・・。


お安いリカバリーは600ドル≒48000円
これは、損傷の一番軽い(少ない)
ほぼ確実に修復できる部分だけしかやらない。


最低でも80%のデータを取り出すなら1300ドル≒10万円
うまくいけば100%のリカバリーもあり得るとか。


ひょえぇぇぇ~~~!!!


600ドルだって口がポッカーンですけど、
1300ドルなんて目ん玉飛び出る。

長男次男、ついでに主人も加わって、
私は3人の顔をキョロキョロ見ながらあーだこーだ会議。

「そのデータはお金に換えられるか否か」


換えられないっ!
出すっ!1300ドル出すわよっ!




暢気にiPadを物色している場合ではございません
つーか、今持ってるiPadはまだ使えるので
買い換えの緊急性まったくナシですから。

懐事情に目を瞑っているわけにもいきません。
大事なデータを取り返すためだ、
非常時用のナケナシヘソクリ出さなくっちゃ・・・(涙)。



果たして80%以上リカバリーできたか?
2~3週間後に判ります。




しかし、ですよ。
ハードディスクの損傷の具合にもよるのでしょうけど,
データ・リカバリーって高いんですねぇ・・・はぁ・・・






スポンサーサイト



2020.11.14 Sat l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1228-ed7ba54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)