fc2ブログ
いつもは99%クラシックを聴いている私ですが、
このところフランク・シナトラと引き分けています♪

シナトラ

「Bewitched」とか「All The Way」などが私の好みです。
でも多分、一番有名なのは「My Way」でしょうね。





5月頃からずっと観ている、
「CSI:科学特捜班」の15年分の再放送
(この夏はテレビがぜんっぜん面白くないので・・・)

CSI

ラスベガスが舞台のこのドラマ、
ラスベガスと言えばカジノとショー

どれかのエピソードに
ラットパック(Rat Pack)のショーに関る事件がありました。

ドラマの場面場面で流れる、
艶やかで大人の男の色気が漂うしっとりした歌声
・・・シナトラでした。


ビッグ・バンドを従えて
ゆったりとたゆたうような
シナトラのスタンダード・ジャズ
は、
ときに切なく、ときに甘ったるく、そしてちょっぴりワル


今まで聞かず嫌いだったのが
大損してたような気分になりました(笑)。



それに、歌詞が聞き取りやすいのも魅力の一つ。
最近の流行歌は、何言ってんだかぜんぜん解らんのですが、
シナトラの歌は単語の一つ一つがハッキリ発音されてるし、
メロディラインやリズムとシラブルが一致しているので、
歌詞が確実に理解できて感情移入もしやすい
というのに気が付きました。



若かった頃は、
シナトラの曲はどれも古臭くて
全然魅力を感じなかった
のですが、
私も年取ったからですかねぇ、
今回はすっかり魅了されてしまいました~♪




次はシナトラが出ている昔の映画でも観ようかしら(#^.^#)






スポンサーサイト



2020.09.20 Sun l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1196-a3c49525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)