fc2ブログ
マッサンが終わって、マッサンロスに罹ってたのもつかの間、今は「まれ」を楽しく見ています。

なぜかというと、まれに出てくる輪島言葉が好きで・・・。


私の父方の祖母は富山の人で、輪島言葉に良く似た話し方をしていたのです。

「どいがいね」とか「~したがけ?」「ほうけ?」など、祖母は祖父と結婚して亡くなるまで60年余りを東京や神奈川で暮らしていたのに、自分の生まれ育ったクニの言葉は忘れませんでした。


私自身は神奈川で生まれ育ったので、方言やお言葉と言われるものはありません。せいぜい「~じゃん」くらいのものですから、ほぼ全区の話し方。
だから、東北の言葉、関西の言葉、九州の言葉など、テレビや映画で見聞きするのがとても好きです。うらやましいと思うくらい好きです。


数年前に家族で帰省した際、広島方面に旅行した時、食事や買物に行った先々で言葉を交わした店員さんたちの、広島弁のやわらかな言葉やイントネーションがとても印象的でした。
が、ウチのガイジンたちは、「皆親切で良い人なのは判るけど、何を言われてるのか解んない」と、日本語にもいろいろあることにビビッていました(笑)。


長男は、友達と3人でその翌年にまた日本へ行ったのですが、友達2人は日本語からっきしダメでしたから、もんのすご~っく拙いけれど、一応長男が通訳係。
普段都内や横浜あたりを歩き回るときにはさほど不便はしなかったのですが、3人で京都・大阪方面に出掛けたときには、関西弁に苦労したといいます。
でも、今では関西弁のバラエティも笑って観てます。

関西の人の話術は、言葉の違いだけじゃなくて、本当に面白いと思います。
突っ込み方も突っ込まれ方も、テンポもノリも、標準語の人たちと一味違っていて楽しいです。


私も○○弁みたいなの、しゃべれたら良かったのにな・・・。


あぁ、カナダ人に言わせれば、私の英語はちゃんと「日本語訛りがある」のかもしれないけど~。

そんなん、イヤじゃぁぁぁ~(涙)!!!


スポンサーサイト



2015.04.08 Wed l 言語・英語・日本語・トルコ語 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/114-73236471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)