fc2ブログ
かなり出遅れた感がありますが、
昨日はNetflixで
映画「コンテイジョン」を観ました。
2011年の作品です。

私も観た!という方も多いのでは?



ずっと以前に(多分テレビで)観たときには、
冒頭からグイグイと見せてくる
感染の容易さにゾッとした
のを憶えています。



今このコロナウィルス禍で見直すと、
「ゾッ」どころじゃないですね。



まるで今回の流行を予言したかのような、
中国(香港)の市場の雑踏から始まった感染は、
飛行機・電車・バスで移動する人々によって
容赦なく広がっていき。
咳・発熱・頭痛といった症状を引き起こし、
医療機関を患者で埋め尽くしていきます。


あぁ、そのまんまじゃないか・・・。


あまりにも現実的で
以前の自分の無関心さが恐ろしいです。



看護師がストライキをしたり、
人々がスーパーマーケットなどを襲ったりする
映画の展開とは違って

今世界中で私たちは、
不安や不満を抱えながら

医療・介護現場をはじめとして、
毎日働いてくれている人たちも、
自宅で過ごさざるを得ない人たちも、
大半の人が冷静に対処してるなと思えます。



過激な伝染病に立ち向かうための
一般民衆の教科書にもなり反面教師にもなり得る
映画「コンテイジョン」



まだご覧になっていなければ、
今観ることをお薦めします。
ぜひとも、どうぞ!




願わくば、映画と同じ結末が早く訪れますように・・・。





スポンサーサイト



2020.04.13 Mon l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/1130-30f67043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)