fc2ブログ
Facebookで友達がシェアしていた記事のこと。


「トロント国際空港の男性用トイレで、金色の結婚指輪を見つけました。内側には『誰それから何がしへ ○年○月○日』と彫られています。早く持主を見つけてあげたいので、シェアしてください」

という文章とその実物(指輪)の写真です。


あれま、結婚指輪の忘れ物?
え? 空港トイレでそんな大事なもの、どうしてはずしたりしたの?

ってのが、私の最初の反応だったんですけど。


だって、私、結婚指輪はずしたことっていったら、この25年で多分5回もないんじゃないかなぁ。
それも、必要に迫られたときだけ。
レントゲンかCTかみたいな病院関係の時と、デブった指に食い込んできたから指輪のサイズを変えてもらったとき・・・あ、だからはずそうにもはずれなかったってのはある(苦笑)。

ともかく、出先のトイレなんてところでは、そんな大事な指輪決してはずさんですよ。



だから、私、勝手にいろんなこと勘繰っちゃったの。

この指輪の持主、もしかして、

1. 本気になった浮気相手と会いにいくところだったから、「もうこの指輪は要らない」とはずした
2. 空港に来る前に奥さんと大喧嘩して、「もう離婚だっ!」と怒りにまかせてはずした
3. すでに離婚していて、もう彼女のことは忘れようと決意したから・すっかり過去のことになったからはずした

などなど、「故意に」指輪を失くそうとしたんじゃないの?・・・って方向の想像しちゃったんすけどね。


それとも、結婚指輪とはいえやっぱりアクセサリー扱いで、手や顔を洗うときにいちいちはずす人も、私が知らないだけで、割と多いのでしょうか?


けどさぁ、ホントにホントに、うっかり失くしてしまったとしたら、この男性、今頃マジで奥さんに三行半突きつけられてっかもしれないよねぇ。
だとしたら、可哀想だなぁ。
やっぱ、私もシェアしたげたほうがいいかなぁ。


スポンサーサイト



2015.03.29 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://edibleringo.blog.fc2.com/tb.php/105-fdf2a283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)