fc2ブログ
昨日の続き、というわけではありませんけど、
同じ研修医でも職場による違いがスゴいので、
ちょっと書いてみようと思います。



今回の左目手術後のトラブルは
三連休の最中に起きた
ので、
私は総合病院の眼科ERにかかったのですが、
その時に診てくれたお医者さんも研修医でした。



ただでさえ悪名高いERの待ち・・・いや、待たせ時間
私が受付をしたのが日曜日の午前10時半で、
やっとその眼科研修医Dr. Cに診てもらえたのは
同日午後9時に近い頃
でした。
ひどいでしょう😞生死に関わらない症状だと、5時間以内に診てもらえることはまずありません😩)



Dr. Cは、病院の一般ERでは手に負えない
眼科症状の患者を診る
のですが、
何しろたった一人なのでてんてこ舞い


とてつもなく高い私の眼圧を下げるべく
4時間ほども奮闘してくださったわけですが、
休日の眼科ERには州全土から患者が集まるので、
私だけにかかり切りになれるはずもなく、
左目に点した目薬の効果を待つ15~20分の間も
他の患者さんを診察
していました。


診察の合間にちょっと伺ったら、
Dr. Cはこの前日の土曜日の夕方から
連休最終日である月曜日の午前7時までの、
36時間以上ぶっ通し勤務
というシフトでした。


たまたまそこにいた私を含めた患者数人、
Dr. Cの親世代
だったこともあってか、
口々に、体は大丈夫か、お腹は空いてないか
心配して尋ねてしまいました😅


「5分でもあったら、食べるか眠ります。
バックパックにエナジーバーいくつも入れてます。」


通常の眼科診療時間(8時から4時)
というシフトもあるけれど、
「週末はたいていこんなシフトですね。
眼外科医になるためには通らなくちゃいけない道なんで~」

と苦笑いしていました。



眼科ERに最後までいた私と一緒に
迎えに来た主人がいる一般ERまで移動しながら、
「今度はここ(ER)で、シフトの終わりまで仕事です」

あぁ、ERは24時間患者が来るものねぇ・・・。


治療のお礼を言いながら、
迎えの主人が私の腹ごしらえに持ってきた
大き目のチョコチップクッキーをおすそ分けしたら、

「わっ、ありがとう🤩 早速いただきます。お大事に!」
笑顔で、私たちとは反対方向へ去っていきました。



今は正規の医師となった
次男の親友G君が研修医だった頃の、
長時間勤務だの不規則なスケジュールだの、
その過酷さは聞いていましたが、
今回目の当たりにして
医者の方が倒れてもおかしくないよ
とホントにビックリしました。


昨日書いたDr. Bの環境とは雲泥の差
というのも衝撃的でした。
研修の仕方にはいろいろあるのでしょうねぇ。


Dr. C、きっと今日も総合病院の眼科クリニックで、
忙しく診察していることでしょう

体に気をつけて頑張ってね~❗🙂







2023.08.14 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週、眼科医でのことです。

名前を呼ばれて顔を上げたら、
ものすごく背が高くて立派な顎鬚を蓄えたナース
「こっちこっち」というように
クリップボードを振って見せました。

男性ナースは珍しくないのですが、
少し体をかがめてドアを通り抜けるほど大柄な男性に会ったのは、
息子らが小学生の頃夏休みに参加した
バスケットボール・キャンプのときのコーチ🏀以来です。

バスケの選手



私に診察用の椅子を薦めると、
「僕は研修医のDr. Bです。
今日はDr. Aの前にまず僕が診ますのでよろしく。」


あ、お医者さんだったのか・・・。
スクラブ着てたからてっきりナースかと😅


後から入って来たDr. Aだって
ひょろ~っとしているけれど180cm以上確実。

2人並んで立つと狭い診察室に壁が出来るし、
それぞれが椅子に腰かけると、
4本の長い足のせいで床が狭く見える🤣



さて、研修医ですから患者を診て学ばねばなりません

代わる代わる見開いた私の目を覗き込んでは、
Dr. Aが、私の両目のどこを見るべきかとか、
そこに何を見つけられるか
とか、
Dr. Bにいろいろ指図をして説明を加えます。

当然ながら、その説明は医学用語満載なので、
私はそこにいて二人の会話を聴いていても、
私の目のどこがどうなってるのか
さ~っぱりチンプンカンプン🙄


たった一箇所、普通の英語😁だったので聞き取れたのは、
「右目の白内障の症状の一点がね、
通常アジア人には見られないんだよ」

え?それ何ですか?そういうのもあるんですか?
と尋ねたくなったけど、
お勉強のジャマしたくなかったし、
どうせ医学用語で答えられたらわかんないんだし、
「あたしの目、お勉強に役立ってるってことだな」
ということにしておきました😄



今回の心身ともにヘタってしまった左目も、
次に手術をしたらヘタるかもしれない右目も、
研修医の学ぶ材料になっていれば、
ヘタれもどこか報われる👍
というもの。

いろいろな症例を見て研究して、
立派な眼科医として独り立ちしてください😁








2023.08.13 Sun l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨晩、突然プリンターが言うこと聞かなくなりました。
昼間はちゃんと印刷してくれてたのに・・・😢)


印刷実行するといつも通り、
ガタン!ジジー!と起動する音はするのですが、
その後はダンマリ
で、
一向に印刷を始めてくれません。

私に解る範囲で
あれこれと試してみましたが、
電源切ろうがリセットしようがまるで反応なし

そうこうしているうちに、機嫌を損ねたというものか、
うんともすんとも言わなくなってしまいました


先日iPhoneの買い替え時が来た?と書いたばかりで、
「今度はプリンターかいな・・・😩」


私にとってこのブログは日記のようなものなので、
多分前回のプリンター買い替えについても
どこかに書いてあるだろうと遡ってみたら、
ありましたわ、2019年の8月31日に、ちゃんとね。

・・・って、これもちょうど4年前ではないか❗❓🤨


まるで電子機器の類に共通する部品に
「4年で寿命を全うさせること」って
インプットしてから市場に出してるんじゃないの?

とか何とか、言いがかりつけたくなってきますよ😠



その、昨晩印刷したかったものが、
また「至急!」で入って来た翻訳の原稿

私はアナログだから、
新しいフォーマットや文書の翻訳は
まず紙の上に鉛筆でガシャガシャやるため、
プリンターがないと仕事が始まりません



だから、ここで愚痴っているヒマあったら、
さっさと買いに行かなくちゃいけない
んですよねぇ😅

ハイ、今から事務用品店と家電屋を物色しに出かけます。


高額で機能の多い最新型を選んでも
また4年でお釈迦になるかもしれないので、
少し古いモデルでもリーズナブルなお値段のもの
買うつもりです。



これで何となくパターンが掴めたので、
4年後の夏を目安に、
iPhoneとプリンター用に積立始めよっかなぁ?😆




では行ってきま~す!







2023.08.10 Thu l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりになってしまいました。
ごめんなさい。


目の調子は以前ほど悪くはないんですが、
朝(午前中)は調子が良くても、
午後も2時を過ぎると
だんだん霞んできたり、遠くが見えなくなってきたり

なかなか安定しません。

それで、書き込みを始めても
書き終えることができずにズルズルと・・・。




さて、今日は私のiPhoneの話です。

ちょうど白内障の手術を終えた頃から、
バッテリーの消耗が速くなり、
ちょっと長く使っていると熱を持つ
ようになりました。


1日1回はチャージ。
うっかり忘れると2日目には
「Low Batteryモードにしますか?」

動画などを見ていれば20分ほどで、
持つ手が「アッチッチ🔥」
(長く見続け過ぎたと判ります😅)



そういえば、前の機種のときも、
同じ症状が出た
ので買い替えたんでした。

それが4年前


その時の書き込みを振り返ったら、
それもちょうど4年経った頃の話でしたわ・・・。


iPhoneてもしかしたら、
寿命を4年に設定して造ってるんじゃない?
頻繁に買い替えない人でも、
4年使ってると新しくせずにいられないような設計
としか思えなくなってきました。



どうせ新調するのなら最新モデルがいい
と考えているので、
今回はiPhone15シリーズを狙っています。

まだどんな機種か発表すらされていないし、
何たって毎回誕生日を買い替え日にしているので、
今から3カ月ほど我慢

バッテリーとアッチッチと上手にお付き合い
していかなければなりません。


皆さんはどれくらいの頻度で
スマホを買い替えていらっしゃいますか?





噂
安い買物ではないので、4年に1度でも襟を正しちゃいます😅







2023.08.06 Sun l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top