FC2ブログ
去年新調した普段使いの夏用ハンドバッグ
ジッパーの縁を折り返した部分が、
接着剤が剥がれたのか、
ポロポロと零れるように破れてきました

合成皮革のたいして値も張らないバッグですが、
使い勝手がすこぶるよろしい

外側、表裏両面にポケットがあって、
中にもジッパーのついたポケットと、
切り替えのある小さなポケットが2つ。
それでいて全体に小ぶりで嵩張らない。
斜めがけができる長さの肩紐で、
何たって夏モノだから、暑苦しくない色

全て私の希望が適っているデザインなのです。

これだけこだわりがあると
「希望通りのバッグ」なんてのは、
そう簡単に見つからなくて、

去年、ネットでもあちこちのサイト
じっくり時間をかけて探し、
実際に百貨店バッグ専門店や、
量販店なんかも見て回って、
ようやく見つけたバッグでしたから、
みすぼらしくなってきてとても残念です。

できるものならまったく同じモノが欲しいのですが、
ハンドバッグの世界も毎年流行が変わるから、
そうはいかないものなんですよねぇ・・・。


ま、夏もそろそろ終わりに近付いてるし、
今年はこのまま使うことにして、
新しいハンドバッグは来年の夏前にでも、
探そうと思います。

あまり大ぶりサイズが流行らないことと、
同じようなデザインのものが出回ることを祈って・・・。
(そんなにウマい話、あるわけないよね・・・笑)








2018.08.18 Sat l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
次男は今、大学の研究室で、
教授のリサーチのお手伝いをしています。

バーチャル・リアリティの何ちゃらかんちゃら。
私にはチンプンカンプンなのですが、
ときどき作ったプログラムのテスト
協力してくれる人が見つからないと、
「お母さん、ちょっとやってくんない?」
とお呼びがかかります。

今までは次男は必要な機器を
研究室から自宅に持ち帰ってきたときに、
次男の部屋で被験者になっていたのですが、
今日は研究室でテストをすることに・・・。



という訳で、カルガリー大学の入口(正門)です↓

ゲート


構内をぐる~っと運転して、
次男がコンピューターの勉強をした
理学部の建物に着きました↓

コンピューターサイエンスビル

学内で一番古い建物の1つだそうです。
うん、何となく古臭い感じは否めないねぇ。



廊下も、天井が低くてどこか暗い↓

廊下

壁には歴代の教授たちの写真が貼られ、
その下は、自由に使えるお勉強机の列。

40年近く前にちょびっとだけ
アメリカの大学に在籍していた私には
どこか懐かしく思える風景です。
・・・ってことは、このビルはそれくらい古いのかも。




研究室に着いて、次男は早速実験の準備↓

準備

昔はコンピューターの研究室っていったら、
大きな大きな機械がズラーッと並んでいて、
唸るような電気音がしてるイメージ
でしたが、
(↑古過ぎ-爆)

今はフツーのオフィスなんですね。
モニターやラップトップが
無造作にあちこちにあるだけ




準備を整えた次男が、
「おっと、これを出しとかないと!」
と研究室の扉にくっつけたのが↓

アナログ

「研究作業中
別のドアを使ってください」

ドアノブに嵌めこみ式の紙一枚(笑)。

「こういうとこはまだアナログよ、ここ~」
次男、自虐的に笑っておりました。



ふと横を見たら↓

ぬいぐるみ

なぜこんなに大きなクマさんが
コンピューターサイエンス研究室に???
あら、サンタクロースも???

面白いね。





次男が作ったVRプログラムは、
数ヶ月前まだ学生だった頃に
自宅で手伝ったテストのときよりも
一段と進歩していて、
まるでゲームをしているような面白さでした。


1時間ほどかけて数種類のテストを終え、
まだ煙っぽいラッシュアワーを帰途につきました。


大学キャンパスからちょっと離れたところの、
マクマーン・スタジアム

マクマーン

大学のフットボールチーム「ダイノス」
カナディアン・フットボール・リーグCFLの
「カルガリー・スタンピーダーズ」
本拠地です。
白抜きの馬の絵は、
スタンピーダーズのロゴです。

スタンピーダーズは、CFLの中でも
結構イイ線行ってるんですが、
なかなか最後のグレイ・カップに手が届かないこの頃。

そうそう、今は映画俳優として活躍している
ドウェイン・”ザ・ロック”・ジョンソンも、
プロレスラーになる前に短期間でしたが、
スタンピーダーズでフットボールをやっていたのですよ。

ザ・ロック

だから、私はドウェイン・ジョンソン好きです(笑)。


本日は、カルガリー大学理学部
コンピューターサイエンス学科

写真集になっちゃいましたね。

私も滅多に入らない場所なので、
次男に呆れられながら、
たくさん写真撮ったので、おすそ分け~♪





2018.08.17 Fri l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝8時のカルガリーです↓

煙たい

朝なのに夕暮のような薄暗さ
お天気おじさんは「晴天」というけれど、
お陽さまの気配もなし・・・

お隣ブリティッシュ・コロンビア州と
ここアルバータ州の山火事の煙と灰が、
高気圧に乗って流れてきているからです。

窓を開けるなり煙の匂いがするし、
5分も外にいると喉がいがらっぽくなります
(なので今朝の庭の水撒きは途中で撤退。)

AQHI (Air Quality Health Index) は8。
日本語だと大気質危険指数っていうのかな。
ここでは1が危険度が一番低くて10が最悪なので、
今日なんかかなり酷い状態です。

今日は、「窓を極力開けないように。
肺や気管支の弱い人は外出を避けるように」
と、ニュースで喚起していました。

残念ながら山火事や森林火災は、
乾燥したこの辺りでは
避けて通ることのできない季節行事・・・。

消防活動はもう2ヶ月くらいずっと、
懸命な努力をしてくれているのですが、
こう乾燥して暑いといたちごっこのようです。





さて、この黄色い空模様をネットで調べようと、
お天気専門ウェブサイトを開けてみました。

このサイトでは毎日雑学クイズを出していて、
今朝のお題は
「地球上には、人間1人に対して何匹の虫がいるか?」
でした。


虫は大の苦手だからあまり知りたくもないけれど、
好奇心がムクムク・・・。

5つの選択肢は以下の通り。
・1人に対して2匹
・ 59匹
・ 55万匹
・ 140万匹
・ 230万匹

庭をうろちょろするアリンコや、
人の足を餌にする蚊を思えば、
相当数いるだろうとは思いましたけど・・・

140万

正解は赤線、140万匹!

うぎゃぁーーーーーっ!!
ですよ。

回答を見た瞬間に、
体中アリンコに覆われたような気分になりました(笑)。


あ゛ー、ヤダヤダ!
見るんじゃなかった!


虫、140万匹だって・・・。
すっごい数字だと思いませんか?

地球上の人口が70数億人なんだから、
そこから導く虫の総数って・・・
0がいくつくっつくんだか?ってくらいの数でしょ。

うわぁ~~~~~っ・・・(失神しそうだ)




万札140万枚だったら覆われてもいいんだけどな・・・♪








2018.08.15 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月に入るなり折り込み広告に、
「新学期準備セール」
の文句が目立つようになります。

新学期まで1ヶ月を切ったわけですから、
「気が早いなぁ」
と思いながらも、まぁ納得




ですが、折込広告に出てこないくせに
スーパーにかなり大きなスペース
を割いて
並び始めるのがこちら↓

Candies

ハロウィーン2ヶ月以上も先だってのに・・・。


毎年のことではあるので驚きはしません。
立秋過ぎてるし(ってカナダに立秋はないけど)、
例年ならそよぐ風に秋の気配を感じたりする時季ですから。

でもねぇ、今年はいかんせん暑いっ!
少し涼しくなったとはいってもまだまだ真夏の陽気です。
今からチョコレートや飴なんか買ったら、
デロデロに解けちゃうよ、きっと・・・。





今日、手芸用品店に出向いたのですが、
ここでもすでにハロウィーン・・・↓

Costumes

上の写真はペット用のコスチュームですって。
ワンコさんたちが着てる姿を想像するだけで、
汗、噴出しそう
ですよ(笑)。



こちらは様々な飾り物↓

Others

思ったんですけどね、
ハロウィーンのお決まりだからしかたないけど、
オレンジ色って、
暑苦しい色じゃありませんかね?

デザインがこれだけ雑多でも、
同じオレンジ色がズラリと並んでると、
冷房効いてる店内にいても
あづいわぁ~~~



こんなに暑いうちから
ハロウィーンの買物する人なんか、
マジでいるのかしら?

いるとは思えないのだが~。





2018.08.13 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (4) トラックバック (0) l top
7月下旬の雹の嵐で
壊滅的な被害を受けた私の花壇は、
あれから3週間ほど経った今、
生き延びた花々が健気に頑張っています


ダリア・ブラクテアンサ・コスモス・なでしこ

黄色いブラクテアンサは、
(写真を撮った時)水遣りした直後で閉じてしまっていますが、
雹の被害がなかったので一番元気!

真っ赤なダリアコスモスは、
雹の後、アブラムシの大群にたかられた挙句、
アブラムシを食べに来る蟻にも覆われたせいか、
花が小さめになってしまいました。
それでも、1つ花が終わると次が開いて、
絶えることがありません。

手前のなでしこは、ほぼ全滅状態だったのですが、
ダメージを受けた部分を取り除いておいたら、
見事に生き返りました!

コスモスの後にあったデルフィニウムは、
花が終わったので全部切りました。
新芽は出ているのですが、
じきに気温が下がってきますから、
多分花をつける時間はないでしょう。



こちらはフラックス(亜麻)

フラックス(亜麻)


いつも夏が終わりに近付いた頃ひっそりと咲く
遅咲きの花なのですが、
先の雹に、ついたばかりの硬い蕾が
ことごとく叩き落とされたので、
今年はダメかと期待していませんでした。

と、思っていたら、茎の下の方から
脇芽(っていうんですか?)がニョキニョキ!
これまで通り、白い久寿玉のような花が咲きました。
まだ蕾がたくさんついているので、
今しばらく楽しめそうです。





雹の後、新芽や硬い蕾だけを残して
傷ついた部分を取り去っておいたシャスタ・デイジーも、
花数は少なくなってしまいましたが、
しっかり息を吹き返しました。


シャスタ・デイジーとペチュニア


シャスタ・デイジーの足元のペチュニアは、
なでしこ同様、全滅だったのですが、
たいした手入れもしていないのに、
ポツンポツンと花をつけてくれています。





さて、こちらはミニバラ

ミニバラ

このミニバラは、実は雹が降るよりずっと以前に、
すでに開花期を終えていたというか、
付いた花が全て終わっていました。

ですから雹の後も何もせず放っておいたら、
あらま・・・!
1つだけ咲いたのです。
どうしてなのか、不思議です。
猛暑のせいで勘違いしちゃったのかしら?



ついでにもう1つこのミニバラで不思議なのは、
去年「一年草」として売られていたものだということ。

一年草だから去年は花が終わってもほったらかし。
今年の春花壇の掃除をしていたら、
「え? 新芽!? 若葉!?」って、驚きました。

実家で祖母が丹精していたバラを思い出せば、
大きなバラも小さなバラも、
どう考えたって一年草じゃなかったわけで、

この黄色いミニバラはもしかしたら、
間違って一年草の棚に並べられてたのかな?




ということで、雹のせいで例年よりも
ちょっとショボい花壇ではありますが、
今でもちゃんと彩りを添えてくれています。

たかが草花、たかが一年草・・・なんて
侮っちゃいけませんね。
彼らの生きる力には感服です。




花が咲くと蝶々や蜂などが寄って来るわけで・・・

猫も嬉しい

おもちゃが増えてアタシも嬉しい!」

リロは今日も楽しく遊んでいます(笑)。







2018.08.12 Sun l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の猛暑は、期待通り!
市の公式最高気温36.5℃で、
これまでの記録を塗り替えました。

公式気温はカルガリー空港の
観測所の数値なのですが、
市内各地の観測所では、
軒並み38~40℃を記録
したそうです。



今日は打って変わって曇り空
予想最高気温も25℃前後で、
過ごしやすい1日です。





さてそれでは、
書き始めては書き終えることができず
溜め込んでしまった先週の記事を、
遅ればせですが、加筆して載せていくことにします。





先週は偶然にも立て続けに
滅多に出掛けることのない場所へ行き、
「へぇ~、こんな景色なのねぇ」
と写真を撮ってきました。




まずは長男の内視鏡検査の送迎で行った
新しい総合病院からの風景です。


4年ほどまえにできたカルガリーで一番新しい病院。
我が家からほんの10分ほどのところにあります。


この病院の周辺はまだ開発途上
病院から道路を挟んで北側には
すでにコンドミニアムや戸建があるし、
西側にはショッピングセンターもありますが、
南と東側はまだまだ更地が多く、
建設準備に忙しそうです。

建設中





お次は次男の運転手をしたときの写真。

カルガリーの北西地区の端っこに住む
友達の家
まで行ったのですが、

写っていない南側にこそ隣家があるのですが、
東側の隣人は、この一本道のずっと先・・・

何にもない




北側なんか、人の気配皆無。
一応土地の境界線だけはフェンスが張ってあるけど、
ずーーーーーっと野原、草原
でした。

もっと何にもない

上の病院周辺のような大規模宅地開発で、
区画幅いっぱいに建てられた家が
ギューギュー詰めの住宅地とは違って、

まぁなんと余裕のある風景なんでしょ~!


カルガリーはここ数年でどんどん広がっていて、
つい先日も10以上の新しいコミュニティの建設が
市議会で承認されました。


もうまた数年後には、
病院の近所も、
次男の友達の家のあたりも、
もっと建物が増えているのかも
しれません。


あまりゴチャゴチャになって欲しくはないけれど~。


一応書き添えて置きますと、
長男の内視鏡検査は無事に終了。
今、詳しい検査の結果待ちです。

次男が運転できなかったのは、
首を寝違えてしまったためです。
こちらも順調に回復中。


あまり病院だの怪我だのに縁のない二人が、
何の因果かほぼ同時期に
病院にかかることになった1週間でした。




2018.08.11 Sat l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top
すみませんっ(汗)

のっけから謝っちゃいます。
すっかりご無沙汰しました。


カルガリー、例年にない暑さに見舞われております。
そのせいか(そうじゃなくても?)
私の脳味噌はどうもぬるくなってるようで、
書き始めては書き終えず・・・
いくつも溜まってしまいました。

頭冷やしながら、頑張りますっ!




というわけで、本日は猛暑中の猛暑日
1時間ほど前の気温がこちら↓

天気

注目していただきたいところに赤線引いてみましたが、
カルガリーの夏で35℃というのは、
日本の40℃の感覚
と思ってください。

「ありえねーっ!」な暑さです。
つまり、SCORCHING、灼熱なのです。

夏場の日中最高気温は
午後5時前後なのですが、
本日の予報では37℃!!!

歴代の最高気温が36.2℃だそうですので、
予報が当たれば、新記録達成ってことです。


夜中から夜明けまでの予想最低気温が18℃。
これも、この時季としてはかなり高い方。

私は暑がりで12~3℃でも寝苦しく感じるので、
今夜は灼熱地獄になりそうです・・・(苦笑)。




いくらカナダは湿気が少ないとは言え、
日本の猛暑にも負けず劣らずな暑さで、
ウチの猫、リロもぐでぐで~(笑)

あづい

ここ2~3日は、気温が上がらない午前中に
庭のパトロールに出て、
あとはずーーーーっと寝ています。

午後のパトロールは外が暗くなってから。




これだけ暑くてもエアコンなし・・・
って言ったら信じてくれます?

扇風機はあるけど使ってないし~。
(使えよって? -笑)



あ、ただいまの気温36℃に上がってますっ!
記録達成まであとちょっとだ!!




2018.08.10 Fri l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top
猫のリロのご飯を買いに、
ペットショップに出掛けました。


この大手チェーンペットショップでは、
以前仔猫や仔犬が売買されていましたが、
人道上の理由から、10年くらい前に
商品として犬猫を取り扱うのを止めました



その代わりに今では、
それまで商品が入れられていたショーケースには、
新しい飼い主を探す
保護犬・保護猫がときどき入っています




我が家では2匹目を飼うつもりはありませんが、
それでもどんな子がいるのか気になるので、
お店に行けば必ず保護猫のケースを見に行きます。

繁殖期のすぐ後(今どきなど)は
仔猫もよく入っているし、成猫は年中。



というわけで、今回ショーケースにいたのが
こちらの2匹↓

白猫さん

白くて「気をつけ!」みたいなのと、
その足元で寝ている三毛さん。


この白猫さんがね、
目の前に人間(私)がぬぅっと出てきても、
まるで気づかない。ガン無視。

普段ショーケースにいる猫たちは、
昼寝していない限り、
人間が視界に入ると、
ガンを飛ばす(何見てんのよっ!)とか、
ガラスの向こうから擦り寄ってくるとか、
何らかの仕草や表情を見せる
のですが、

この子、ずっとこの姿勢でジーーーーッとしてるんですよ。


一体何を見てるんだ?
・・・と思ったら、
その口元が「ウカカカカ!」と動きました。

猫好き・猫飼いさんならご存知かと思いますが、
さえずる鳥に向かって猫がする「あるある行動」です。



「あ・・・!」

くるりと後を振り返れば↓

目線の先

私にはインコたちのさえずりなど、
ペットショップならではの
たったのノイズになっていて、
その存在すら意識していなかったのですが、

白猫さんには、
「鳥だ、鳥だ!うじゃうじゃいる!!」
とっても気になる小鳥たちだったようです。


すっごいガン見してたけど、
野良だったときを思い出していたのかな?
まさか、「ごちそうだっ!」なんて思ってないよね?




足元の三毛猫さんなんか、
ピーチクパーチク、キーキーキャーキャー、
かなりうるさい鳥の声にも、
まるで動じず眠りっぱなし。

性格出てました~(笑)。



2匹とも、新しいお家見つかったかな?
早く終の棲家が見つかると良いなぁ。






2018.08.01 Wed l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top