FC2ブログ
今の美容院に行きつけになって3年以上。
何にも言わなくても、
どんどんカットしてブローして、
毎回きちっと同じ髪型にしてくれます。

それはそれで楽チンでいいのですが・・・。

そろそろ飽きてきた今のスタイル。


近々カットに行きたいので、
何かおしゃれなヘアスタイルはないか?
と、さっきネットで
「50代 ショート 髪型
と入れて検索してみました。


たーーーーーっくさん出てきました。
ショート・ヘアの写真。


出てきたけど、
たーーーーーっくさんだけど、

モデルさんは皆
20代とおぼしき若々しい笑顔ばかり。


少しでも自分に近そうな
真ん丸顔のモデルさんに限ってみても、
頬や顎のあたりのツヤもハリもあまりに違っていて、
髪型との全体のバランスを考えると、

このスタイルは本当にタレ・シワの50代にも似合うのか?

という疑問がぬぐえない・・・。





あ~ぁ、若い頃は良かったなぁ~



丸顔ってところだけ押さえておけば、
けっこうどの丸顔モデルさんのスタイルでも、
迷うことなくチャレンジできたし(←大胆不敵-笑)、
後悔するほどの失敗もなかったもんなぁ・・・。

それどころか、中高生のころなんざ、
なんたらカットが流行り!と聞けば、
すぐに飛びついたもんだ。

まぁ、流行りものだったから、
同じヘアスタイルの子も多かったし、
顔とのバランスじゃなくて
ヘアスタイルそのものだけ見てればよかった
というお年頃でもあったけどさ~。



と、検索結果を置いといて、
もう戻れないあの頃に思いを馳せてみたところで、
シワとタレはどうにもならない現実として
大いなる存在感を放っているわけで・・・。
はぁぁ・・・。




再度検索結果の
「うふっ」とか「きゃっ」とか言いそうな
ニコヤカなヘアスタイルに眼を戻したけれど、


七福神の布袋さんのように真ん丸で、
詰まった脂肪ごとボテッと垂れた
頬や顎の上に載せて似合いそうな
奇特な髪型には巡り会えませんでした・・・(悲)。



また黙って鏡の前に座ればいいスタイルか・・・。




本物の、おばあさんに近いおばさんのモデルを使った
ヘアスタイル集ってありませんかねぇ???
できればフツーのおばさんの・・・笑)









2016.05.12 Thu l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨夜見た夢が面白かった。


日頃から突拍子もない夢はよく見るのですが、
今回のはまるで、
数ヶ月前に見た夢の続編
という様相だったのです。


夢の中で引越をした私は、
「あれ?ここには確か、あの階段を下りていったところににもう一部屋あったよね?」
と、以前の夢に出てきた古いコンドミニアムの一部屋で、
確かに前の夢の中にあった間取りを思い出していました。




場面は変わってなぜか古いけど豪華なクルーズ船の中。

前に見た夢の中では
何かから逃げて走っていた通路を
今回は何かのお店を探して歩きながら、
「あれ?前はこの先にメキシコ料理店があったのに、なくなっちゃったんだ?」
必死で逃げてたはずなのに、
メキシコ料理店があったのをよく覚えてたな・・・と、
夢の中の自分に突っ込みたくなるような展開(笑)。



コンドミニアムとクルーズ船の初回の夢は
それぞれ違う夜でした。

コンドミニアムにはすでに暮らしていて、
階下にあるその部屋にも足を踏み入れていたし、
その時には、なぜだか母も一緒にいました。

クルーズ船のときは、
家族で旅行中に何事かに巻き込まれたらしい設定で、
子供たちを捜したり、
逃げ道を塞がれてUターンしたりの最中に、
レストランの前で「まっすぐ行くか、左へ折れるか」
選択を迫られたのです。
多分それがメキシコ料理店だったんでしょ(テキトーだな - 笑)。



という訳で昨夜は、
どう考えても接点のない2つの別々な物語の、
それぞれ続きを夢に見たような感じです。


名画座の「続編一挙二本立て大公開!」ってとこ?(笑)



どっちの夢も結論が出ていないままだから、
もしかしたらまたいつか
続々編が観られるのかも?


ん~、観たいような気もするけど、
3回目ともなると、
ちょっと自分の頭ん中を疑いたくなるかもしれない・・・。









2016.05.11 Wed l l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっと風が冷たいけれど、
お陽さまは充分暖かい朝でした。


はい、いってらっしゃい!
を庭へ送り出しました。

出る

しばし佇んで、
お散歩ワンちゃんはいないか?
いじわるカササギやカラスはいないか?
リロは、安全確認を怠りません(笑)。



家の中から彼女を撮っている私に
軽く振り向いて

振り向く

「お母さん、来ないの?」

行かない。
お母さんはこれから朝ごはんだからね。
リロ、ひとりで大丈夫でしょ。
入りたくなったら呼んでね。



こんな風に声をかければ、
彼女は安心して芝の上へ歩を進めていきます。




数分後、庭から帰ってきてまたご飯を食べると、

遊ぶ

「お母さん、遊ぼ! ボール投げて!」

え? さっき遊んであげたじゃない。
お母さんは今、朝のネットサーフィンの時間ですから。
リロはひとりで遊んでちょうだい。




「なんでよぉ~。つまんな~い」

すねる

仏頂面のすね子さん。

じゃさ、もうちょっとしたら一緒に庭に出よう。
メールだけチェックさせて、ね?
すぐ終わるから。




そして一緒に庭へ出るけれど、
リロはいつだって、
家族の誰かが側にいても、
デッキに一歩出たところで、
まず立ち止まって安全確認せずにいられません。


リロ、だぁれもいないよ。
大丈夫だから早くこっちおいで。

私はデッキに彼女を置いて
さっさと芝生に下りて行きます。



「お母さんたらぁ!なんでアタシを置いてっちゃうのよぉ!」

怒る

文句言いたげな顔つきをして、
小走りで後を追いかけて来ます。


リロや、あんた、どんだけ臆病?



でも、一旦安全と判ると、

食べる

はむはむ、はむはむ・・・
芝生サラダにガッツくお嬢さん。

美味しい?
お父さんがまだ芝刈りしてないから、
ちょうどいい長さに育ってるよね。
食べやすくて良かったね。



などと、リロに話しかけながら、

私は、芍薬の花芽の数を数えたり、
今は更地になっているところへ
どんな花を入れようか考えたり・・・。




「背中熱くなってきた~!」

移る

私の足元にある日陰に
走ってきたリロ


お陽さまは暖かいけど、
日陰は寒いんじゃない?


抱き上げたリロの背中は、
ほんわりと陽のぬくもりの匂いがします。

干したばかりのお布団の匂い。


リロ~、あんた好い匂い~♪♪


彼女の背中に押し付けた私の耳に、
ゴロゴロ~、ゴロゴロ~♪♪

「お母さん、アタシ、今しあわせ~♪」




とまぁ、こんな風によくのことを書きますが、
今朝、ふと思いました。

私はと普通に会話してるよな・・・。

主人や子供たちと話すように、
リロとも、よく話しています。

朝一番の「おはよう!」から始まって、
姿を見れば「そこで何してんの?」とか、
眼が合えば「どうかした?」とか、
何でもなくても「今日はいい天気だね」
息子の部屋の前にいれば「お兄ちゃんお寝坊さんだよねぇ」
カレーを作りながら「リロの好きな匂いじゃなくて悪いねぇ」
お茶を入れながら「リロも飲む?なんちゃって~」

人間語で返事をしてくれるわけではないけれど、
瞬きの一つや尻尾の一振り、
私を見上げる顔つきで、
彼女の思うところがなんとなく解ります。


ウチではたまたまですが、
犬でも兎でも鳥でもハムスターでも、
お家で飼っている動物は皆、大事な家族

人間語じゃなくたって、
ちゃぁ~んと会話できるんだから!

と思った朝でした。




しかし・・・

リロとの会話を人間語に翻訳すると、
なぜかいつも、
リロの方が偉そうになってしまう・・・。

リロは上から目線なんだよな、いつだって・・・。








2016.05.10 Tue l l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日、5月の第2日曜日は「母の日」ですね。

世界中のお母さんたちが、
ホッと一息ついたり、
楽しかったり、
嬉しかったり、
素敵な一日を過ごしたことを願っています。

特に、熊本・大分の大地震で、
南米エクアドルの大地震で、
ここアルバータ州フォート・マクマレーの森林火災で、

今避難生活を余儀なくされているお母さんたちと、
避難生活を余儀なくされている子供を心配しているお母さんたちが、
少しでも不安や心配の少ない日を過ごせたことを望みます。






私は今日、息子たちから新しいキーボード
プレゼントしてもらいました。

付けっぱなしモード

文字盤がバックライトで光るもの!
そして、打つたびにカタカタ音がするメカニカルなヤツでもあります。
(長男がタワーに繋げてくれたので、写真に映っているのは長男の手です。念のため-笑)


その昔、学生時代も仕事でも、
タイプライターでカタカタカタカタ・・・チーン!と
レポートやレターなどを作成していたもので、
メカニカル・キーボードにはついついノスタルジア(笑)。


実は3年前の母の日に、
やはり息子たちがメカニカル・キーボードをくれたのです。

カタカタ、カタカタという小気味良い音は
とっても楽しくていい気分にさせてくれたのですが、
これにはバックライトがなかったので、
ちょっと薄暗くなってくると
手元を照らす電灯なしでは
仕事になりませんでした。



その後に長男が新調したキーボード
光っている!?


あんたのキーボード、光ってていいわねぇ。

バックライト付いてるからね」

バックライトかぁ、欲しいなぁ・・・。


みたいな会話をしたのを、どうやら2人は憶えていたらしい。


で、3年前のメカニカル・キーボードはまだまだ使えるけれど、
今日、バックライト付きメカニカル・キーボード
新たにプレゼントしてくれたのでした。



息子ら曰く、

「これ、ゲーマー仕様なんだよ。」
「ほら、キーボードのライトも変えられるんだ」

とかで、

先の写真のように常に点灯しているモード以外に、

もわぁ~ん、しゅ~んと徐々に明るくなっては消えるモード、
キーボードを叩くと左右に光が走るモード、
ずっとランダムに点いたり消えたりする雨だれモード

と、ファンクション・キーとF10を押すたびに
点灯の仕方を変えることができます。
おもしろ~いっ!

こうなると、キーボードじゃなくて、
もう光るオモチャ(笑)。



これでブログを書くのがさらに楽しくなりました~♪
これからも頑張って、なるたけ続けようと思いまっす!!








2016.05.08 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
日の出が早くなったこの頃、
暗闇を散歩できないのを知ってか知らずか、
すっかり明るくなった時間帯でも、
堂々とひとりでに出て行くリロです。





今朝もデッキに出ようとしたら・・・

あっ!

公園にいじわるなカササギが来ているのを発見!

犬と違っていくら今はフェンスの向こう側といっても、
いとも簡単に飛び越えちゃいますからねぇ・・・。
いつこっちを襲ってくるかわからない。(襲わないよって-笑)






そのうちに
ギャッギャッギャッ! ギャッギャッギャッ!!
だんだんうるさくなってきたなぁと外を見れば、

かささぎ

すっごい我が物顔でをウロつき回るのが3羽、
フェンスの上から見張り番してるのが2羽。



リロじゃなくても、
あんたらっ、他人んちので何集会してんのよっ!!
ちょっとムカつきました(笑)。







ムカつきながら写真撮ってる私の足元で

あいつら~

やっぱりムカついてるけど、
コワくて腰が引けてるリロさん(笑)。




ウチのへ何しに来たのか、
ギャーギャー何を議論していたのか、
数分後には騒々しい集会を終えて
カササギたちは公園へ飛び立っていきました。






憎き闖入者どもが去るなり、
へ飛び出し点検してきたリロさん↓

点検

「お母さん、、無事だよっ!」

はい、ご苦労さん。
何にもなくて良かったね。


このあとリロは、
ゆっくりと芝草サラダを食べて、
小さなバッタを追いかけて遊んで(これも食べて)、
朝の散歩無事終了。





おまけの色物↓

チューリップ

どこから迷い込んだのか?
去年からここに顔を出すようになったチューリップです。

それも、去年は黄色と赤、それぞれ1輪づつだったのが、
今年は赤いの増えている・・・!?

この花壇はラズベリーといちご(はびこって困る)
専用のはずだったんですが・・・。

彩りがあるのは嬉しいから、
増えすぎちゃって困るまで、
しばらく放っておこうと思います。









2016.05.05 Thu l l コメント (3) トラックバック (0) l top
今日は主人の内視鏡検査の日。

昨年夏に左手の手術をしたのと同じ、
「フットヒルズ・メディカル・センター」に、
運転手として出掛けました。

運転手は、内視鏡検査が終わるまで
ほぼ2時間待っていなくてはなりません。

待合室で、本を読んでゲームして、
ちょっと座っているのに疲れたので、
そこら辺をウロウロしながら、
ガラスの向こうに広がる風景を撮ってみました。





アルバータ小児科病院

道路を挟んで
すぐ向こう側に見えるカラフルな建物は
「アルバータ小児科病院」

外側はまるで、レゴ・デュプロのブロックのよう。
色とりどりで、派手っちゃ派手(笑)。

内装もカラフルなのは言うまでもなく、
ベンチやテーブルなどの調度品などは、
Dr.スースの世界、グリンチの世界に迷い込んだか?
と思うような、面白いデザインだったりします。

病気や怪我で辛い思いをしている子供たちの、
ストレス軽減に一役買っているだろうと思えます。





小児科病院から西側へ眼を転じると・・・

オリンピック・パーク

オレンジの↓のところが、
1988年の冬季オリンピックのジャンプ台。
「オリンピック・パーク」です。

このジャンプ台はもちろん、
リュージュ・ボブスレー・スケルトンのコースも健在。
冬にはスキーやスノボのゲレンデ、
夏はマウンテン・バイクが楽しめます。

この道路はトランス・カナダ・ハイウェイ
国道1号線です。
西へ向かえば、
オリンピック・パークの向こうにうっすらと見えている
カナディアン・ロッキーを越えて、
ブリティッシュ・コロンビア州のビクトリアまで、

東へ向かうと、
カナダの首都オタワや
赤毛のアンのシャーロット・タウンなどを経て
ニュー・ファンドランド・ラブラドル州のセント・ジョンズまで、

カナダを横断する道路なのです。

ウチでは西はビクトリアまで行きましたけど、
東はアルバータ州内のメディシン・ハットまで・・・。
やっぱり飛行機の方が早いし~(笑)。




ガラス窓の、東側の端っこには・・・

カルガリー大学

愚息の通うカルガリー大学のキャンパスです。
ずっと新築・改築工事が続いていて、
少し背の高い建物が増えました。

日本のスピードスケート選手にも評判の良い
スケート・リンク「オリンピック・オーヴァル」も
キャンパス内にあります。





何だか観光案内みたいになっちゃったけど、
お天気良かったし、清々と綺麗に写ったと・・・。

へへへ、自画自賛~(爆)。














2016.05.04 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の夕飯は、シェパーズ・パイ。

挽肉とたまねぎのみじん切りを炒め、
そこへ、私はいつもミックス・ベジタブルを
挽肉の3分の2くらいの量、入れます。

パイレックスの器に
この挽肉ミックスを平たく敷いて、

次にマッシュポテトを作って
挽肉ミックスを覆うように、
できるだけ均等に載せ、

最後にチーズをパラパラとかけて、
華氏375度(摂氏190度)のオーブンで
焼くことおよそ30分。

チーズがこんがり狐色になったところで
出来上がり♪



別にレシピを長々説明することでもなかった・・・。
すみません。




それでですね、
今日は失敗しちゃったんですよ。
最初の、挽肉ミックスを作るときに・・・。



実は近々主人が、
大腸内視鏡検査をすることになっていまして。

その準備のために
食べてよいもの食べちゃダメなもの
というプリントにそった食事を摂らないといけません。



それをうっかり忘れていつも通り、
コーングリーンピースニンジンインゲン
ミックス・ベジタブルをどっちゃり、
炒めた挽肉とたまねぎに足しちゃったのです。


炒め終わって、
パイレックスに移す段になって

あっ・・・コーングリーンピースはダメだった・・・

と思い出した私。




もうここまでやっちゃったよ・・・。
今から挽肉買いに行ってたら間に合わないし・・・。

誰が蒔いた種でもない、私が摘まずにどーする・・・。


というわけで、

取り出す

箸で、
コーングリーンピース
一粒一粒
摘みました・・・トホホ。




取り出した数、1000粒は超えてる・・・と思いたい。

だって、右手は攣りそうになったし、
夕食を終えた今でも
右肩突っ張ってるもん。

普段箸を持たない左手も動員したから、
今左の腕もめっちゃだるいもん。

昼間の筋トレよりも、
もっとうんと腕の運動したんじゃないか(笑)。



もうしばらくはミックス・ベジタブル見たくないです・・・。









2016.05.02 Mon l 食べもの・料理・レシピ l コメント (0) トラックバック (0) l top