FC2ブログ
ご無沙汰してごめんなさい。
先週は家族でラスベガスに出掛けていました。

子供らが揃って夏休みが取れるのは
今年が最後かも?
と思ったら、
居ても立ってもいられなくなって、
急遽決めた家族旅行でした。



主人と私は2回目、息子らは初ベガスです。

宿泊先はプラネット・ハリウッド。
格安のパッケージだったので、
ストリップ側の部屋ではなくて、
あまり見映えのしない空港側でした。

昼間

何だか茶色い砂埃が積もったような風景・・・。
38階という高層階だったけど、ちょっとがっかり。




・・・と思っていたのですが、
夜景になったらこんな感じ!

夜

思いのほかキラキラしていて、
立て続けに飛来する飛行機の灯りが
遠くから見えては着陸していくのも
(↑左上の点のような灯り)
ちょっとしたショーのようで楽しいです(笑)。




私と主人が前回行かなかった
フリーモントストリート・エクスペリエンス

フリーモント

ラスベガスに行ったら絶対に行かなくちゃ!
と言われている場所です。

屋根があって観光客でいっぱいだったことから、
浅草の仲見世通りとか、
京都の新京極を思い出しました。




1時間に一度のアーケードの天井を使った
音と光のショー↓

フリーモントのショー

この時は、グリーン・デイというバンドの曲に乗って、
カラフルな光や絵柄が
浮かんでは消え流れては消え。


でもね、個人的な感想ですが、
フリーモントストリートで見る価値があるのは、
この天井のショーだけ
って気がします。

通りの両側はカジノ、バー、レストラン、土産物屋ばかりだし、
ここそこで大道芸っぽいものもやってるけど、
「芸」ってほどのものじゃなかったし。
ちょっと際どい、子供連れもいるのにどうよ?みたいな
ダンサーもいたりします。

別に「絶対行かなくちゃ!」ってほどじゃないような・・・。
あくまでも私(とウチの人たち)の意見ですけど。





さて、突然決まった今回の旅行に
もともとあまり乗り気でなかった息子たち、
ギャンブルにも数あるショーにも興味なくて、
「お母さんに付き合ってやってる感」丸出し。

なので、徹底的に付き合わせて(笑)、
ホテルの中のショッピング・モールや
タダで見られるアトラクションなどを巡りました。




グランド・カナル・ショップスのある
ベネチアンの前のゴンドラ乗場。↓

ベネチアンから

気温38度の午後には、
こんな水場の風景は気持ちがいいです。

ベネチアンの中では
私が大好きなオペラアリアの
ミニ・コンサートがありました。




ベラッジオのビュッフェで夕食を摂り、
腹ごなしにまたお散歩。↓

ベラッジオから

ラスベガスのパリスのエッフェル塔は、
夜景に欠かせない被写体だな~と思います。
そこだけちゃんとパリっぽいんだ、これが(笑)




今回の滞在中にたった一回だけ、
シルク・ド・ソレイユのショーを観ました。
シルクはどの演目を観ても、
「うぉぉぉぉーーーっ!!」ですよね。

初体験だった息子らも、
「他のシルクも見たかった・・・」
と言うほど楽しんだ様子でした。


でもさ、シルク高いのよ、安いチケットでもね。
次は自腹で見に行っておくれ



あんまり暑いので主人と二人で、
ホテルのプールで水遊びしたのですが、
面白いことを発見!

カップルよりも、
男だけ女だけのグループが多いんですよ。

でもってね、男だけのグループ
女だけのグループが通りかかると、
十中八九、揃って首を回して
ガッツリしっかり見てました(笑)


主人にそう言ったら、
What happens in Vegas stays in Vegas だろ」
(↑ベガスで起きたことはベガスに捨て置く

ははぁ~ん、旅先のアバンチュールを期待してんのね。



女だけのグループは?というと、
こちらは男子よりもお買い物優先ぽかったな(笑)。
プールサイドでも、どこそこショップスに行こう!
なんて話してたりね。




そういう訳で、我が家のラスベガス旅行は、
ラスベガスってこういう場所か・・・」
様々な角度から見て終わりました。


私は、あの賑やかさやきらびやかな景色が好きです。
別にショーを観なくても、ギャンブルしなくても、
買物だってしなくったって、

ワイワイと人が群れて歩いているストリップは、
活気があって気持ちが高揚してくるから。



また機会があったら行きたいな~。







スポンサーサイト
2018.07.16 Mon l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日(日曜日)に帰国するはずだった主人、
現地の悪天候のせいで、
今日午前中(12時まで)に出発する飛行機が
キャンセルになってしまいました。

主人が乗るはずだった便は11時55分発
たった5分早かったがゆえに運休(苦笑)。

フランクフルトからカルガリーへの乗継便も含めて、
明日の便に乗り換えることになりました。


空港の係員に食い下がって、
「ホテル代に、食事券とタクシー券つけてもらった!」
主人、フェイスタイムでドヤ顔してました(笑)。

日曜日の午後、
思いがけなくもうちょっと観光する時間ができて、
美味しいソーセージとビールをもう一度味わった
そうです。




数年前の冬に主人とジャマイカへ旅行した帰り、
モンテゴ・ベイ空港で7時間近く待たされたことがあります。

乗継のトロント空港が大雪で一時閉鎖だったからです。

挙句、トロント空港に着いたときには
カルガリーへ乗り継げる便はもうない真夜中。

航空会社が手配してくれたホテルに入ったのが午前2時で、
翌朝は6時のシャトルでトロント空港へ戻らなくてはなりませんでした。

ホテルのベッドで体の伸ばせたのは良かったけれど、
睡眠時間はあったようでなかった程度。

「ジャマイカでもう一泊させてくれれば良かったのに~」
と思いましたね・・・。


それ以来、冬に旅行するのなら、
「カルガリーから直行便で行かれるところ」

と決めています。


こんな具合に、冬場のカナダの空港は、
いつ何時、大雪だの凍結だので
空港閉鎖
になるやもしれませんのでね・・・。






2017.10.29 Sun l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先だって、夕飯の食卓でのこと、
「今年はみんなでロード・トリップしないか?
マリタイム(カナダ東海岸)に行ってみたいんだけど。」

と、主人が言いました。


ロード・トリップって、車で行くの?全行程?

「オレ、パス!」「俺も行きたくないな」
息子ら、即答。



主人、いきなり撃沈・・・(笑)




ちょっとかわいそうになったので、

東海岸まで何日かかるのかなぁ?

と尋ねたら、職場の誰かが
5日でノヴァ・スコシア州まで行ったという話。
(カルガリーから国道1号線で4800キロあります)


「車の方が小回り利いて観光にはいいじゃない?」

う~ん、でもさ、子供らが行かないってことは、
私とあなたと運転手は2人
しかいないんだよね。
何だか私は不安だなぁ・・・。




というあたりで、一旦話が止まったのですが、

今日、おばあちゃん友達と会った時に、
かくかくしかじか、二人だけでマリタイムへ
ロード・トリップってどんなモンかな?

と、経験豊富な方々のご意見を訊いてみたところ・・・


「5日でノヴァ・スコシアなんてムリムリ!
食事とトイレとガソリン補給以外止まらないで、
ず~っと運転するってんなら行けなくはないけど。」
夜通し、片方が運転して片方が寝ることになるわね。」



えええーっ!?
そんなのつまらないし、第一私にできっこないですぅ。


「途中あちこち観光地を寄り道しながら行くとね・・・」

と一人が教えてくれたのは、
初日は隣の州、翌日はまたその隣の州・・・と、
ゆっくり観光しながら休みながら行くルートなのですが、

「それだとノヴァ・スコシアまで早くて10日。
その先プリンス・エドワード島だの
ニュー・ファンドランドだのも回ったら、
もう4~5日かかるわよね。

(↑面白がってるな~。)

うへぇ~、それじゃ往復で一ヶ月かかるじゃないですかぁ~!
でもって毎日何時間も運転するわけでしょ。
私、運転は嫌いじゃないけど、
そこまで好きじゃないですぅ~。
(↑半べそ気分)



「そ、だから、やっぱり飛行機で行くのが一番よ!」
「向こうでレンタカーにすればいいのよ。
それくらいの運転ならイケるでしょ?」



ロード・トリップ経験者でなおかつ
母の年代の方々の言葉は、
ひじょーに説得力があります。


解りました。主人にそう言って、
ロード・トリップは考え直してもらいます。




さっき夕食の席で、

おばあちゃんたちが、
やっぱり飛行機の方がいいって言ってたよ~


と主人に切り出したところ、



「今日さ、他の同僚にも話したんだけど、
同じこと言われた。
5日で行ったって言ってたショーンは、
友達3人と交代でぶっ飛ばしたって。
それも学生時代の話だって。
僕ら二人じゃムリだわ・・・




落胆するヒト・・・



というわけで、東海岸ロード・トリップ案は、
短命でありました(笑)。


飛行機で行くとしたら・・・?

旅行サイトでもチェックするかな。








2017.07.26 Wed l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本の母から電話で、

「ねぇ、この間の日本旅行写真、まだできないのぉ?」

催促されてしまいました。



確かに、もう2ヶ月以上経ってますから、痺れを切らすのももっともな話。


夏休みの間に、毎日少しずつでも片付けときゃ良かったのにねぇ、私。
ついつい、「まだ時間はたっぷりあるし~。アイフォンからコピーするだけだし~」と先送りにしていました。
悪い癖です。





というわけで、アイフォンからパソコンに写真を取り入れたのですが。

そこから日付潤に写真の整理をするのが、とんでもなくたいへんでした(ふぅ・・・)。

思ったよりもたくさん写真撮ってあったので。

似たような写真がずらずら並んでたり、
思わず自分に「あんた、何回シャッター押してんのよっ!」って突っ込んじゃったくらい、
うっかり連続写真が何種類もあったり。


それらを削除しながらだったので、半日かかってしまいました(やれやれ・・・)。



さて、お次ぎはデジカメで撮った写真を取り込まなくてはなりません。

どんだけ写したんだろか~?

アイフォンと同じほども撮ってたらど~しよぉ~・・・。
先が思い遣られるったら・・・。



何事も、できる時にやっておくもんだと、痛感してます。


「親孝行したい時には親はなし」
よく言われる言葉ですよね。


いくら母が元気だとはいえ、写真はしっかり見て、楽しんでもらわないと意味がないですから、
どんどん片付けていこうと思います。







2015.09.12 Sat l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ご無沙汰してしまいました。

でも、「なるたけ続けようと思ってる」のは変わりありません。
ちょっと毎日、あれやこれやと細切れで忙しかったです。



次男、先の日曜の夕刻、日焼け顔で無事帰宅。

ケロウナは、毎日カンカン晴れの30℃超え、めっちゃ楽しかったらしいです。


宿泊先のリゾートは、ホテルのような一棟ものを想像していったら、実は湖畔に並ぶコテージでした。
外出ればすぐボッチャン!水遊びできますっていう立地。

実際に行ってみれば、同じオカナガン湖畔でも観光客が集まるケロウナの街からはちょっと離れて奥まった場所で、
そこはちょっとしたセレブの隠れ避暑地なんだそうです。




二日目の晩、リゾート近くのクラブに次男たち4人がワイワイと入って行ったら、
案内されたテーブルの隣には一人ポツンとちびちびやってるオッサンがいました。

しばらくして、「お隣さんから」と言ってバーテンがウィスキーの入った4つのショットグラスを持ってきました。


「へ?」

4人でそのお隣のオッサンを見たら、「どうぞ」と促すように自分のグラスを掲げて見せたので、
ウィスキーがあんまり得意じゃない友達も付き合って、グイッと飲み干しました。

こういう時はいただきっぱなしじゃまずいだろうと、4人からオッサンへ一杯グラスを進呈したら、オッサン嬉しそうにグイッ!

そしたらまたウィスキーのグラスが4つ、次男たちのテーブルに届けられ、
また次男たちもお返しして・・・ってのを4~5杯つづけたところで、オッサンは立ち上がり、
次男たち「いやぁ、君たちと飲めて楽しかったよ」と一言告げて出て行ったのだそうです。


オッサンのテーブルを片づけながら、バーテンが「今の誰だか知ってる? ジャズピアニストの○○だよ。」

残念ながら次男たちだぁれも知らない人だったけど、カナダのジャズ界ではそれなりに知られた人だという話。
次男たちと同じコテージのどれかに滞在していたそうだから、昼間どこかから、次男らがはしゃいでいたのを見ていたのかもしれませんね。


3日目、初めてのモーターボートは、何しろモーターボートの運転が初めてな連中だったから、
下手くそ過ぎて逆に船酔い・・・。
3時間のレンタルを1時間ちょいで引き揚げてしまったとか(笑)。


往復の道のりは、先にも書いたように道路工事でチンタラチンタラ、かったるかった部分もあったそうですが、
そうでない道中にはロッキー山脈ならではの素晴らしい自然の風景がたくさんあって、
その時々の運転手のお休みを兼ねてちょっと停まっては、
抜けるような青さの小さな湖や遠くの岩肌を幾筋も流れ落ちる滝に見とれたりしたそうです。


次男いわく、

「僕、覚えてるんだよね。まだ小学生くらいの頃、バンフとかどことかってドライブ行くと、
お母さんが『あんたら、手元でゲームばっかりしてないで、ちょっとは綺麗な景色楽しみなさいよっ』って、かならず言うの。
だけどあの頃は、外の景色なんか山ばっかり、木ばっかり、だらだら流れる川ばっかりで面白くなかった。
この年になってやっと、あの山の景色や川の色とかに美しさってのを見つけられるようになったと思う。


ふむ・・・。
言われてみれば、ロッキーの山道、あるいはここらへんのだだっ広い草原の景色は、
延々と続く変わり映えのしない風景と言い換えることもできます。
子供にとっては、そこここに少しだけ見え隠れするような変化は、
大きな似たようなものの繰返しの中では埋もれてしまう程度のものなのでしょう。


ガタイだけじゃなくて、感性もそれなりにちゃんと成長してきたのね。
母、ちょいと安心。

だって、こんなに素晴らしい自然とその風景が近くにある場所に住んでいるのに、
それがつまらない景色と感じるまま親になったら、
その子供たちはありがたい大自然をないがしろにして育っちゃうんじゃないか?って、
気になってたんですもん。




そんなこんな、初めての友達との旅行はあれやこれや楽しかったようです。

次はどこへ行くのかしら・・・。








2015.08.14 Fri l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top