FC2ブログ
ホテル隔離生活6日目です。
ぼんやりと日課も決まってきました。


毎朝顔を洗って着替えて食事前にするのが、
血糖値チェックと体温測定

血糖値は何年も続けていることですが、
体温測定は自主待機のルールの一つです。


私の場合は強制隔離ではないせいか、
体温の数値を報告することはありませんが、
毎日答えるYes/No質問が
「37.5℃以上の発熱があるか?」

なので、毎朝欠かさずデコピッ!



そうして体温を測っていて気づいたことがあります。
「私の平熱は36.3℃」です。


ヒトの体温の平熱の範囲だから
「それが何か?」と言われそうですが、
毎朝測定してみると、
不思議と必ず「36.3℃」
ってところが。

へぇ~、これが私の平熱か~・・・って😄


血糖値は前日の運動量や睡眠、食事などに
結構左右されるので、
安定はしていても許容範囲内で動くから、
毎日ピッタリ同じ数値にはなりません


それに比べると体温はビシッ!と同じ


誰でもそうなのかしら?
それとも、たまたま毎日同じという偶然なのかしら?



こうして毎朝同じ条件で測っていれば、
熱があるかないか、だけではなく、
微妙な体調の変化も発見できるかも?
なんて思いました。
(ホントにそうかは判らんけど~😅)




時間もお金も無駄遣いしているような
自主待機期間中ですが、
何かしらの発見があるものだな・・・と
無駄な時間がちょっとだけ減った気分になりました。






スポンサーサイト



2021.06.16 Wed l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
成田のホテルに落ち着きました。

今日は土曜日なので、
母関連の準備はできないから、
けっこうのんびり過ごしています。



機内は想像していたよりも乗客数が少なかったので、
3人掛けを独り占めする人多数(私も~♪)。

フライトアテンダントさんたちも、
サービスする人数が少ないから
お仕事すぐ終わるんでしょうね、
後部座席でのんびりゲームしていたり、
映画見ていたりしていました。

・・・ということは、きっちりお仕事していたのは
操縦席の人たちだけ
ね(笑)。


機内食は、味や量にはさほど変化はなかったけど、
トレーではなくて厚紙の箱入り
一見お弁当風でした。

違ったのは、「Beef or Chicken?」みたいな選択肢がなくて、
ただただ配られたものをいただく方式。
選択肢を作るほどの乗客数じゃないということですかね?
で、出されたのがPorkだったってのが、何か可笑しい




なが~いフライトの次はなが~い検疫

どこかで目にされた方もおいでかと思いますが、
通路に並んだ折り畳み椅子で待たされること、
書類チェックで20分が一か所と
PCR検査待ちで10分がもう一か所。
唾液の検査を済ませると
スマホアプリのダウンロード等の一画があり、
続いて結果が出るまでの待ち時間が30分ちょい。

それら実際に手を煩わすことの合間に、
いちいち書類チェックが入りますから、
検疫関連全部で軽~く1時間以上かかるんですねぇ。

私の場合、指定されたアプリを使うために
スマホをレンタルしなくちゃならなくて、
その手続きに30分ほど余分にかかりました。


それに、空港内って、A地点からB地点までが
やたらグダグダと遠くて歩かされるじゃないですか。
だから、ともかくすっごい時間を要しました。


マジで、母がたいへんな状態じゃなかったら、
こんな時期に日本へ来たくなかったです。
それくらい、七面倒くさい。


今日本へ行こうか・帰ろうかと
悩むことができる状況にある人には、
「やめた方が賢明」って言いたいです。



ただ、検疫に関わっている係員の皆さんは、
何種類もある煩雑な手続のサポートなのに
手順も対応も丁寧できちっとしていて、
その辺は「あぁ、ニッポンジン❤」と感じ入りました。



ま、根本、そこまで煩雑にするべきことだったか?
というと、ちょっと疑問は残るけれど、
政府としては「水際対策やってます!」を
アピール
したいんだろうなぁ。




今日の成田、
雲は多いけれど晴れてます。
FedExの飛行機が3機日向ぼっこ♪

目の前の、鬱蒼とした竹林の緑がさわやかです。








2021.06.12 Sat l 旅行 l コメント (4) トラックバック (0) l top
日本のビザが取れてから、
あれもこれも一気に準備を始めたので、
てんやわんやでひぃひぃでぐたぁ~・・・

の日々です。



昨日は出発72時間前のPCR検査
を受けてきました。
結果、オーライ!です。



この72時間前っていうの、
なかなかの曲者です。

最初私は、
カルガリー発から逆算して72時間前
だと思い込んでいて、
一昨日の午後の予約を入れていました。

が、よぉ~く考えたら、
日本へ入る便の出発時刻から72時間前
なんですよねぇ。
だから、私の場合は乗継の
バンクーバー発時刻から逆算するべきだったんです。
それで、慌てて1日ずらしました



きちんと全部準備をしたにも関わらず
日本で入国拒否に遭った人の話では、
この「どこから72時間前?」という問題と、
PCR検査陰性証明書の書式の相違を
多く目にしました。

日本の水際対策
未だにあれこれ言われていますが、
渡航者にとってはかなり面倒で細かい
準備がいくつも
あります。



だから、かなり慎重に準備してきました。

でも、何度見直して、何度も「よっしゃ!」
と確認しても、全然気が楽になりません。


日本へ行くのにこんなにピリピリしながら
支度するのは初めてのことです。



ということで、明朝こちらを発ちます
例によって、このブログの更新も
途絶えがちになると思いますので、
お立ち寄りくださった皆様、
申し訳ありませんが、ご容赦くださいませ。



ただ、想像するに、
成田のホテルでの自主待機期間
母に関することでそこからできることは
限られているので、
きっと時間を持て余すんじゃないか
思います。

ですから、ポツポツと書き込んでいくかもしれません。



それでは皆様、ごきげんよう!







2021.06.09 Wed l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今日、カレンダーに新しい書き込みをしたら、

「あ、コロナ騒ぎがなければ、
今頃日本に行ってたんだ・・・」



書き込まれて赤線で消された
日本への出発日と日本からの帰国日

眼に留まりました。



行こうかどうしようか、
もしかしたら4月には収まってるかも?
などと逡巡しながらも、
2月末にキャンセルした旅行。


今回は滞在中に母の誕生日が来たので
少し豪華な外食に連れ出して、
別の日にはプレゼントを一緒に買いに行こうとか、
時季が合えばお花見にも行けるかもしれない・・・
旅行の前半はそういった母と過ごす計画で、

後半の都内滞在中には、
これまでずっと不義理してしまった叔母や友人たちと
数年ぶりに会えるのを楽しみにしていた
のに・・・。




結果的に、4月の今
私が乗るはずだった便は飛ばなくなったので、
行きたくても行かれなかったし、

3月の上旬には
母の施設も面会禁止措置を取ったので、
行く目的すら果たせなくなったわけですから、

ギリギリまで待っていたとしても
キャンセルになった旅行でした。



が、長引くコロナウィルス禍で思うのは、
どうしても母のこと。

次にいつ会えるか、今はまだ
まるで見当がつきません。




電話では相変わらず、
元気そうな声で、
事実なのかそうでないのか
こちらには判別つかない返事をする
ので(苦笑)、
少なくとも体調は良く、
ご機嫌もよろしい


安心ではあります。

でも、実際に会って話をするのとは
同じ、事実かそうでないか判らん話だったとしても(笑)、
ぜんぜん違うんですよね・・・。



母のお世話をしてくださる施設の皆さんは、
様々な制限や規制のある中、
皆さんだってそれぞれにご家族があり、
コロナウィルスの不安を抱えてらっしゃるだろうのに、
いつもと変わらず良くしてくださっています


感謝してもし切れません。
心底ありがたいです。





ですから、今は、
母は大丈夫! 
と、私は自分に言い聞かせて、
次の旅行までジッと我慢の子するっきゃない。




あ゛~!コロナ早くいなくなれ~~っ!!






2020.04.21 Tue l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日増え続けるコロナウィルスの感染者数

海外にいて、ネットで得られる日本の情報には
どうしても限りがあります。

患者数や発症した場所などは、
これでもかってほど、どんどんアップデートされますが、
実際の、市井の人々の暮らしに、
どれほどの影響や変化があるのかは、
なかなか読み取れません




そこで、日本の友達に助け舟を出してもらったところ、
ネット情報の行間を小文字で埋め尽くしたような、
細かくて実際的な巷の様子が浮かんできました。



さらに、やはり外国在住の友達が、
「帰国後自分が感染源になる可能性」
を示唆してくれました。


今まだそれほどオオゴトになっていないカナダから
日本へ行くのは問題ないとしても、
日本で2週間余り過ごした後カナダへ帰ったときに、
絶対に保菌者ではない、感染源にならない
という保証がありません


現時点で一人も感染者が出ていないカルガリーに
私がコロナウィルスを持ち込んでしまったら・・・!?
と考えたら恐ろしくなってしまったのです。




ですから、今回の日本行きはキャンセルしました。



4月に母に会えないのはとても残念ですが、
これは、日本の友達が教えてくれたことで、
「面会を控えている老人福祉施設もある」
というのも、キャンセル決め手の一つです。


母に会いに行くのが第一目的なのだから、
私が行ったら「面会禁止になりました」では
まったく意味がありません



それに、成田空港に着いてから
母のところへ行くまでに利用する
各交通機関や駅などの人混みで、
私が保菌者になることも考えられます
しね。

そして母の施設にウィルスの置き土産・・・
なんてことになったら悔やんでも悔やみきれません




5月の膝の手術後は、
せっせとリハビリに励んで、
普通に動けるようになったらすぐに!
母に会いに行こう
と考えています。



さぁて、
私の膝が治るのが先か?
コロナウィルスの収束が先か?



コロナウィルスなんぞに負けるもんかっ!!



あ・・・これは負けた方がいいんだ。





2020.02.25 Tue l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top