FC2ブログ
今日、カレンダーに新しい書き込みをしたら、

「あ、コロナ騒ぎがなければ、
今頃日本に行ってたんだ・・・」



書き込まれて赤線で消された
日本への出発日と日本からの帰国日

眼に留まりました。



行こうかどうしようか、
もしかしたら4月には収まってるかも?
などと逡巡しながらも、
2月末にキャンセルした旅行。


今回は滞在中に母の誕生日が来たので
少し豪華な外食に連れ出して、
別の日にはプレゼントを一緒に買いに行こうとか、
時季が合えばお花見にも行けるかもしれない・・・
旅行の前半はそういった母と過ごす計画で、

後半の都内滞在中には、
これまでずっと不義理してしまった叔母や友人たちと
数年ぶりに会えるのを楽しみにしていた
のに・・・。




結果的に、4月の今
私が乗るはずだった便は飛ばなくなったので、
行きたくても行かれなかったし、

3月の上旬には
母の施設も面会禁止措置を取ったので、
行く目的すら果たせなくなったわけですから、

ギリギリまで待っていたとしても
キャンセルになった旅行でした。



が、長引くコロナウィルス禍で思うのは、
どうしても母のこと。

次にいつ会えるか、今はまだ
まるで見当がつきません。




電話では相変わらず、
元気そうな声で、
事実なのかそうでないのか
こちらには判別つかない返事をする
ので(苦笑)、
少なくとも体調は良く、
ご機嫌もよろしい


安心ではあります。

でも、実際に会って話をするのとは
同じ、事実かそうでないか判らん話だったとしても(笑)、
ぜんぜん違うんですよね・・・。



母のお世話をしてくださる施設の皆さんは、
様々な制限や規制のある中、
皆さんだってそれぞれにご家族があり、
コロナウィルスの不安を抱えてらっしゃるだろうのに、
いつもと変わらず良くしてくださっています


感謝してもし切れません。
心底ありがたいです。





ですから、今は、
母は大丈夫! 
と、私は自分に言い聞かせて、
次の旅行までジッと我慢の子するっきゃない。




あ゛~!コロナ早くいなくなれ~~っ!!






スポンサーサイト



2020.04.21 Tue l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日増え続けるコロナウィルスの感染者数

海外にいて、ネットで得られる日本の情報には
どうしても限りがあります。

患者数や発症した場所などは、
これでもかってほど、どんどんアップデートされますが、
実際の、市井の人々の暮らしに、
どれほどの影響や変化があるのかは、
なかなか読み取れません




そこで、日本の友達に助け舟を出してもらったところ、
ネット情報の行間を小文字で埋め尽くしたような、
細かくて実際的な巷の様子が浮かんできました。



さらに、やはり外国在住の友達が、
「帰国後自分が感染源になる可能性」
を示唆してくれました。


今まだそれほどオオゴトになっていないカナダから
日本へ行くのは問題ないとしても、
日本で2週間余り過ごした後カナダへ帰ったときに、
絶対に保菌者ではない、感染源にならない
という保証がありません


現時点で一人も感染者が出ていないカルガリーに
私がコロナウィルスを持ち込んでしまったら・・・!?
と考えたら恐ろしくなってしまったのです。




ですから、今回の日本行きはキャンセルしました。



4月に母に会えないのはとても残念ですが、
これは、日本の友達が教えてくれたことで、
「面会を控えている老人福祉施設もある」
というのも、キャンセル決め手の一つです。


母に会いに行くのが第一目的なのだから、
私が行ったら「面会禁止になりました」では
まったく意味がありません



それに、成田空港に着いてから
母のところへ行くまでに利用する
各交通機関や駅などの人混みで、
私が保菌者になることも考えられます
しね。

そして母の施設にウィルスの置き土産・・・
なんてことになったら悔やんでも悔やみきれません




5月の膝の手術後は、
せっせとリハビリに励んで、
普通に動けるようになったらすぐに!
母に会いに行こう
と考えています。



さぁて、
私の膝が治るのが先か?
コロナウィルスの収束が先か?



コロナウィルスなんぞに負けるもんかっ!!



あ・・・これは負けた方がいいんだ。





2020.02.25 Tue l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日、エア・カナダから
フライト変更のメールが届きました。


4月に母に会いに行く予定にしているのです。

1月の上旬、
コロナウィルスの騒動が始まる2週間ほど前に、
エア・カナダのお得なセールで予約
したもの。

往路は直行便、
復路はバンクーバー経由を選びました。



今日のメールは、
その直行便が、どうやら無くなったらしくて、
「バンクーバー乗継便に変更になった」
という知らせでした。


直行だろうが乗継だろうが、
特にこだわりがあったわけでなく、
往復違う機種に乗りたかったってだけなので、
変更には「つまんないの~」で
何ら支障はないのですが、

メールの指示に従って
エア・カナダのサイトで
予約記録をチェックしたら、

便名や時刻の変更は明記されてたものの、
クラスや座席については何もない
・・・。


ちゃんと直行便で選択した内容に
見合った座席を確保してくれてるのかなぁ?
そうじゃないとしたら、
今から選択なり変更なりさせてもらわんと~。


というわけで、エア・カナダ
カスタマー・サービスに電話してみました。



そうしたら・・・!?


呼び出し音が鳴る前に、
フランス語で「ボン・ジュール!
ナンチャラカンチャラ、エア・カナダ!」

という録音された男性の声が流れました。

次いで英語で、
「私はCEOの何がし(←さっさと忘れた‐笑)です。
お電話ありがとうございます」

に始まって、

「緊急性・必要性の低い、中国への渡航はお控えください」
と、注意喚起がなされ、

続いて、予約の変更・取消に関する問合せは、
オンライン予約ならオンラインで、
旅行代理店予約なら旅行代理店で、
エア・カナダ電話予約ならエア・カナダカスタマー・サービス

「お願いします」
ってそのCEO何がし氏が言う
んですわ。

次にまったく(多分)同じ内容を、
フランス語で繰り返して、
「Thank you,Merci」
プッツン・・・切れた・・・



えっ!?



オンライン予約した私は、
ウェブサイトで埒が明かないから
カスタマー・サービスに電話
したのよね。
んで、勝手にしゃべって勝手に切られた

エア・カナダで電話予約した人なんざ、
カスタマー・サービスに電話してって言われても、

「今、カスタマー・サービスに電話してるじゃん!」
ですよねぇ、これじゃ・・・。


何なの、これ???



まぁ、このコロナウィルスのせいで、
航空会社はどこも、
対応に追われていることは想像に難くありません。


実際のところ、
私だって行こうかキャンセルしようか迷っているほどだから、
今から旅行をキャンセルしたい人はわんさかいるでしょうしね。

迷う時間がまだある私はマシだけど、
マジでそんな時間もない人は、
「かけても勝手にしゃべって勝手に切られる
カスタマー・サービスに電話するしかない」
っての、
あんまりじゃない?


この電話切ってから、
私の座席がどうこうなんてのは、
たいした問題ではないと思えましたわ・・・。



こんなのもカスタマー・サービスって言えるのか?
と思った話でした。


でも、多分カナダのエア・カナダだから・・・かも。
エア・カナダ日本支店同じエア・カナダだとは思えない
ひじょーに日本らしい丁寧なカスタマー・サービスだと、
ビックリした経験がありますので(笑)。









おまけ:
私の座席はメールからおよそ3時間後、
ウェブサイトの予約確認画面で
確認・変更できました。

あとは、ホントに行くかどうか、
3月末までには決めないと・・・です。
2020.02.19 Wed l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ジャパンレールパスは、
訪日外国人や一時帰国者にとって、
本当に便利なJRの商品です。

以前は全くの外国人専用で、
自国を出発する前に指定の旅行代理店で
入手しなくてはならなかったのですが、

今では海外在留邦人の一時帰国にも使えるし、
日本に着いてから購入することもできます。
(ただし、日本で買うとちょっと高い・・・。)

こんなのです↓

表と裏

申込書がそのままパスになるんですけど、
細かい英文字がビッシリ!(←老眼の敵‐笑)
内側には利用可能な路線の説明とかあるけど、
もとより煩雑な日本の鉄道路線網、
ひどく解りにくいです・・・。

ではありますが、
多少の規制はあれど、何たって期間中乗り放題
在来線区間はもちろんのこと、
新幹線等特急列車は指定席だって乗れます

日数や旅程にうまく合ったら、
使わない手はありません。




しかし、です。

ほとんどの駅の改札がIC機種に変わった今、
大きな紙を折り畳んだ形のパスを持つ外国人は、
「裏が白い切符の方はこちらをお通りください」の、
駅員さんがいる窓の前を通り、
パスを提示しなくてはなりません。


そこで、問題が生じるんです。

駅員さんがいる窓口は、
大抵の改札口に一箇所
しかなくて、
ジャパンレールパス利用者だけでなく、
普通に何か困っちゃった乗客
その窓口を利用
します。

そうするとね、ジャパンレールパス
ちらっと見せれば通れるはずの私らも、
その困っちゃったのが解決されるまで、
通れなくて待つことになる
んですわ・・・。

従って、新宿やアキバなど外国人の交通量の多い駅は、
ジャパンレールパスを持ったガイジンの列ができたりします。



いいですか、
来年のオリンピック・パラリンピックの時期には、
もっとたくさんの外国人が集中的に来日するわけで、
もっとたくさんの日本人も集中的に東京周辺に来るわけで、


日本の鉄道網に慣れていないであろう
ジャパンレールパス利用者にとっては、
特急・在来線間乗継など時間的制約があったら
不安材料になり得る
し、

そうして妙にドン詰まった改札口周辺は、
他の駅の利用者にとって迷惑
にもなりそうです。


だから、
ジャパンレールパス利用者専用の改札口
1レーン設けて、
普通に困っちゃった旅客の窓口
別けた方がいいんじゃないか?って思うんです。


さらに、
画期的なSUICAのシステムを造ったJRなんだから、
ジャパンレールパスICのカードにしたら?



旧型の二つ折り見開き型に比べたら、
現行の折り畳んだまま見せられるのは○。

でももしそれがICカードになったら↓

大きさ

こんなにサイズが違って携帯も楽ですよね。


JRさん
とっても便利なジャパンレールパス
もっと便利な形に改良しませんか?





2019.07.13 Sat l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の午後早い時間に、
カルガリーに戻ってきました。

長い間更新しなくてごめんなさい。

今日は時差ボケが酷くて、
書いている間に寝落ちしそうなので、
明日から書き込みしていきます。


取り急ぎ、帰宅したことを
お知らせしたくて書きました。

では皆様、明日また・・・。
2019.07.01 Mon l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top