FC2ブログ
ご心配いただいている右膝は、
順調に回復中です。


手術から一ヶ月になりますが、
平らなところなら痛むことなく
歩ける
ようになりました。

でも、摺り足っぽくて、
イマイチ足の上がり具合が良くないので、
ちょっとの段差でもおっとっと!とつまづきます。

危ないですねぇ・・・。
「お年寄りが家の敷物に足を取られて転んで怪我をする」
・・・他人事ではないです。



今一番の難関は、階段
先週からやっと、
「片足で一段ずつ」の練習を始めました。

が、膝の向きや体重のかけ方によっては
痛みが出てしまいます。




と、こんな具合の中、
昨日、術後のフィジオセラピーを受けてきました。


ちょっと話は逸れますが、
アルバータ州保健省では、
保健省と契約しているクリニックでなら、
筋肉や関節の損傷およびその手術を受けた患者に、
治療および術後のフィジオセラピーについて、
最長7回まで無料
という補助をしています。


いつもかかっているカリームのクリニックは
保健省と契約を結んでいないので、
カリームが「無料の回数分は利用すべき」と言って
紹介してくれたたクリニックへ出掛けました。




セラピストのリズさんには、開口一番、
「術後1ヶ月にしては、とてもいい歩き方ですね」
と言われました。


膝は、負担の少ない内視鏡手術であっても
普通に歩けるようになるまでに6週間が目安
だそうです。


ふふふ~、毎日のエクササイズが功を奏したね♪
・・・と内心ほくそ笑んでたら、

「でも、やり過ぎちゃ逆効果になるから、
階段の昇降は、まだ1段ずつ両足の方がいいかも。
まずは筋肉を鍛えるのが先ですよ。」

チクン! 釘、刺されてしまいました ^^;



「コロナよりも先に膝を治して、
何の規制もなくなったらすぐに日本へ行かねば!」

という意気込みが裏目に出ちゃった・・・。




今後は週に1度のペースで通います。
家ではこれまで通り、エクササイズです。

ムリをしないよう気をつけて、キッチリ続けますよー!






スポンサーサイト



2020.06.25 Thu l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日から主人「出勤」です。

でも、週に1~2度だけ・・・。


小さな会社なので、
全社員が毎日出勤すると
どんなに小規模であっても嵩んでしまう
消毒・殺菌・清掃関連の費用が悩みのタネ


ですから社主は、テレワークを
できるだけ長く続けたかったのですが、

何しろ顧客があってこその仕事柄、
お客様に「直接会うミーティングが必要」
と要望を出されたらお断りできません



それで、ずっとテレ・カンファレンスだった
週一ミーティングのある月曜日は絶対に出勤、
あとは、必要に応じて出勤する
・・・
という体裁に決まったそうです。



週に1日や2日出勤したところで
これまでのテレワークと
どれほど生産性に違いがあるのか?
って、私は少し斜に眺めてますが、


その一方で・・・



正直なところは、
週に1日でも2日でも


「亭主元気で留守がイイ!」


でございますのよ(笑)。




ヒャッホ~~~イッ♪♪






2020.06.22 Mon l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
2~3日と言いながら、10日経ってしまいました

お久しぶりでございます。
ご心配おかけいたしました。


手術は無事に終わりました。

が、術後がなかなか、私が想像していたようには行かず、
今もときどきひどい痛みに悩まされております。



日本だったらきっと、
3~4日くらいは入院して、
看護師さんや医師が術後の様子を診てくれて、
傷口の手当やリハビリについても、
きちんと指示をしてくれる
のでしょうが、


ここの病院では、
病院にチェックインしてからアウトまで
たったの6時間


麻酔から覚めると看護師さんが
術後の手当ての仕方をザッと説明してくれて、
「あとはコレを読んで」

パンフレットを渡されてお終いでした。


パンフレットは、何のことはない、
看護師さんの言った
「傷口は濡らさない」「氷やアイスパックで冷やす」とか
「足は上げておく・寝る時は枕を敷く」とか、
実際にするべきことしか書かれてなくて、

回復の時系列的説明のような、
傷口の様子とか膝の腫れや動きの具合など、
順調に回復中かどうかの判断をする目安
になるような内容は一つもありません



・・・というのに気づいたのも、
手術の翌日、すっかり麻酔が切れてからです。



なので、今日までおっかなびっくり手当してきました。

痛みはまだ残っていますが、
とりあえずよちよち歩きはできてます。
階段の昇降だけは未だに辛くて、
一段一段ゆっくりゆっくりです。


来週医師との術後電話診療があります。
今から、この残る痛みや回復の不安を
どうやって適切に伝えられるか

「うっ・・・」と痛むたびに
頭の中で英作文しています。



まだ長時間座っていることができないため、
更新はまたしても間延びすると思いますが、
病院の所変われば・・・な話題があるので、
少しずつアップしていきます。





2020.06.04 Thu l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top
コロナ禍で保留になっていた
全ての非緊急手術が今月初旬再開され、

私も、明日火曜日、待ち続けていた膝の手術を、
ほぼ予定通り受ける
ことになりました。



膝を痛めたのが2018年の11月、
以来一年半、ステロイド注射をしても、
カリームの鍼治療を続けていても、
なかなか期待していた方向には進めず、
苛立つというよりは諦めに近かったこの頃
ですが、

いよいよ目の前に下がっていた分厚いカーテンが
開けられるときがやってきました~!
(←大袈裟)



全身麻酔で行われるという話なので
少しコワいし不安はありますが、
ともかくこれで「痛みとはおさらばじゃ~!」
明るい未来に目を向けて(←大袈裟再び)、

明朝病院へいざ出陣!!
エイエイ、オーッ!!




術後の様子にもよりますが、
2~3日は確実に書き込みしないと思いますので、
悪しからずご了承くださいませ

(間が空くのは毎度のことですが・・・^^;) 



では、皆様、ごきげんよろしゅう~♪








2020.05.25 Mon l 自分のこと・家族のこと l コメント (7) トラックバック (0) l top
今月初頭、母の後見人をしてくれている叔父から、
「ちょっと様子がおかしいので、
24時間管理ができる病棟の居室に移ったよ」

という連絡が入りました。


まさか、コロナか!?

一瞬浮き足立ったのですが、
叔父の説明をよく聞いてみれば、
様子がおかしいのは
体じゃなくて頭の方・・・




ヘルパーさんたちとの会話が、
なぜか急に噛み合わなくなり、
仕舞いには体のあっちが痛いこっちが痛いとか、
突然言いだした
りしたので、

ヘルパーさんは
「いつもと様子が違うぞ!?」
と、ケア・マネージャーさんと相談。


それこそ、コロナでこれまで以上に
人手が必要になっているので、
そう頻繁に母の様子をチェックするのも難しい今、
「では、病棟の方で様子を見てもらいましょう」
という経緯でした。




この連絡をもらう2日前の母は、
私といつも通りの会話、つまり、
辻褄は合っているけれど
真偽は不明な面白い会話
をしていて、
特段様子がおかしいと思うような、
脈絡のない話し方ではなかった
ので、
ちょっと驚いたのは否めません。


けれど、認知症の進み具合や
進む方向(?)は患者それぞれ千差万別ですから、
きっと母の脳味噌はその2日の間に、
どこかで脈絡の路線変更しちゃった
んでしょう。



先週は数ヶ月に1度の通院で、
しっかり体の様子をチェックしていただいたところ、
体調に問題がなかったのは有難いのですが、

母がその時初めて、
「目が見えない」と訴えたので、
慌てて眼科にも寄ったところ、
すでにかなり進行した緑内障だということも判明。


頭が緩むと自分で身の回りのことができなくなるし、
さらに目が見えないとなると
現在の健常者用の棟では生活が難しくなります。

近い将来、完全に病棟に移動することになりそうです。



そうなると、今度は、母の部屋の
最終的な片付けをしに行くことになるのですが、

さて、その時には飛行機が飛んでいるのか?
さらに、母のいる施設の面会禁止は解けているのか?

今は何もかもが予測不可能で何とももどかしい


病棟に移って以来、もう長い間話もしていないし、
このまま数ヶ月経って突然出向いたら、
「失礼ですが、どちらさまでしょう?」
くらい言われそうな気がしています
(苦笑)。



はぁ・・・母の頭が緩みきらないうちに、
会いに行けたらいいんですがねぇ・・・。






2020.05.24 Sun l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top