FC2ブログ
2回目のワクチン接種をして、
先だっては「副反応ほとんどなかった」
とここにも書いたのですが、

あれから1週間が過ぎた昨日の夜
注射針が入った辺りを中心に
直径5cmほどのうっすら赤くなった丸
が現れました。

でもって、ちょっと痒いんです。



4~5日前にも同じところが痒かったんだけど、
乾燥肌の掻痒感だろうくらいに思ったので、
Tシャツの腕に手を突っ込んで
「かいかいかい・・・」少し掻いたら収まりました


昨晩も「かいかいかい・・・」と掻いてから、
ふと気になって袖をまくってみたら、

ありゃ、赤くなってるね・・・。



そこで思い当たったのがワクチン接種。
もしやこれも遅ればせの副反応?モデルナ・アーム?
(ファイザーだったけど。)


手っ取り早いところでグーグル頼み

ありましたよ、これも副反応らしいという記事が。

「接種後数日から1週間くらいで現れる」
というのも、
「赤くて痒い。腫れることもある。」
というのもあったし、
「モデルナ・アーム」として解説している記事
もあって確信しました。



私の場合で可笑しいのは、
「かいかいかい・・・」と一度掻くと
痒みは収まっちゃって
赤味だけがしばらく残る
ことです。


何だかね、
私の側にやってきて「お母さん、背中掻いて」
背中をしばらくガシガシ掻いてやると「もういい」
私の足元にしばらくゴロン(ジャマになる)・・・
というウチの猫のような副反応(笑)。



わざわざブログにするほどのことじゃないかも?
ですけど、
副反応ってその日のうちに出るもんだという思い込みを
大胆に覆してくれた
ので書き留めておこうかと思いました。



いずれにしても赤味も痒みも長引かず、
またしても深刻な症状ではなかったので、

「この程度の副反応で済むヒトもいるのです」
ってことを再度お知らせいたします(笑)。








スポンサーサイト



2021.09.18 Sat l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
すっかりご無沙汰してしまいました。
ごめんなさい。


水曜日に14日間の自主隔離が終わりました

「娑婆の空気が吸いてぇなぁ~・・・」
的な気分でいたので、
自宅の庭ですら広くて爽やかな場所に思えました(笑)




丸3ヶ月ぶりに運転して出掛けたのは、
2回目のワクチン接種です。
結局初回から5ヶ月が経っていました。



5ヶ月で思い出すのは、
日本へ行く準備を始めた5月に、
処方箋をもらいに行った医師に
「ワクチン1回でも大丈夫?」
と尋ねたときの彼の答えです。




その先生がいうには、
ワクチンが開発された時点で判っていたのは
2回に分けて接種する必要があることだけで、
それらの間隔は何日必要か?については
実は誰もはっきり知らなかった

それでもこのワクチンを世に出すには
一定期間を定めなくてはならないから、
「とりあえず3週間にしとく?」
くらいの判断
だったのだそうです。



その後、さらに研究を進めていくうちに、
「間隔が長い方が抗体価が上がってるみたい(?)」
という結果が散見したので
「間隔をもっと開けてもいんじゃね?」


で、カナダでは、3週間が1ヶ月に伸び、
1ヶ月が2ヶ月に伸び、
私が1回目を接種したときには4ヶ月
という間隔で2回目を接種して、

伸びた間隔の間に1回目接種を広めよう!
となったと話してくれました。




「3週間」についての根拠なんか、
一般人の眼に触れるところには出て来ないし、
何しろ私は1回接種だけで日本へ行くので、
「間隔が長いと抗体価が上がるらしい」という話は、
荒れるコロナの波に投げられた藁のように感じました。



5ヶ月経っても「陰性」を守ってこられたのは、
もしかしたら、ホントに「抗体価が上がったから?」
なんて思ったりしたんですよ。
ま、多分に幸運だっただけでしょうけど~(笑)。




2回目を終えて、これで一安心です。







2021.09.11 Sat l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日25日、カナダのバンクーバー空港に到着しました。

朝9時少し前の到着で、
3日間強制隔離のホテルのチェックインは16時

はぁ~、どこで何してたらいいのぉ~?
なんてことを考えながら入国管理へ向かいました。




入国管理審査官
パスポートや陰性証明書などを渡し、
何やらチェックするのを待っていたら、

私が差し出したスマホの
カナダの水際対策アプリ「ArriveCAN」に
登録した自宅の住所
を指しながら、

「ここで自主隔離ですね?」
と訊いてきました。



えっと、最初の3日間は
バンクーバー空港近くのホテルです
けど、
そのアプリに書き込むところがなくて~。


「それ、要らないですよ。」

え?3日間強制隔離がなくなったの!?

「うん、もうない。」

じゃ私、今日ウチに帰っていいんですか?

「そ、まっすぐ自宅に帰って、
この住所で14日間自主隔離してね。」




マジ!?な急展開
何だかイマイチ腑に落ちない
狐につままれた気分でカナダに入国しました(笑)。




さて、帰っていいとは言われたものの、
強制隔離用のホテルは「返金不可」
という条件で予約した
ものでしたから、

900ドルというお金を捨てるのはイヤ。
でも早く帰れるんなら帰りたい。
どうしたもんだ・・・???



まずはこの状況を主人に知らせて、
彼が何というか聞いてみよう。


「ともかくはホテルに電話して
キャンセルしても返金できるか確認する。
返金できないって言われたら、
後日使えるクレジットかバウチャーを
発行してくれって交渉
する。
それもダメだったら3日間泊まるんだね。」


世の中何でも交渉次第というのが
身に沁みついているトルコ人
が言いそうなことだ。



ホテルに電話して、
「かくかくしかじか3泊不要になりました。
返金してもらえますか?」

と恐る恐る言ったら、
存外すんなりと応じてもらえてホッ・・・





さて、となったら今度は飛行機の予約変更


・・・とその前に、荷物を受け取って
到着時のPCR検査です。

PCR検査終わってもうじき10時、
私は国内線ロビーへまっしぐら!


昨今空港内のカウンター業務が
キオスクに代わって、
航空会社の係員とか減ってる
じゃないですか。

だから、エアカナダのキオスクの側にいた社員捕まえて、
「変更したいんですけど~」と訊いたら、
これまたヒトじゃなくて、
変更専用の電話機の前に連れてかれました


その電話は(多分)モントリオール辺りの
予約センター
に繋がっていて、
「今から乗れるカルガリー行きに変更して」
と頼んだら、オペレーター氏が
「バンクーバーって今何時?」(笑)。



1時間半後のフライトに換えてもらい、
国内線の保安検査場へ行けば、ごった返し

カナダもコロナの規制のいろいろが解除され、
飛行機での旅行・移動の増加
が歴然です。

40分ほどかかって保安検査をクリアし、
よりにもよってそこから一番遠い搭乗ゲート
せっせと歩いて行くと、
もう搭乗が始まっていました。


汗だくで乗り込んで着席したら、
はぁ、これを降りたら家だ~!
そこまでの疲れが一気に吹き飛んで
ウキウキ♪ワクワク~♪

ロッキー山脈

バンクーバーを発って小一時間、
眼下にはロッキー山脈
夏場は岩肌が丸見えで、
安直な命名されたわね~(笑)と思う。

手前の山の白い部分は氷河だけど
左うえに向かって点々としているのは


長くなりましたが、
そういうわけで、
私、昨日のうちに帰宅しました。

誰?

猫のリロには、
さんざん匂いを嗅がれた挙句
「あんた、お母さんぽいけど、ホントは誰?
って顔されました(苦笑)。




バンクーバーで缶詰めになって
ぼけぇ~っと過ごすはずだった時間を
ブログの更新に充てようと思っていたけど、
今日からまた、自宅から更新です

よろしくお付き合いくださいませ。






2021.08.26 Thu l 自分のこと・家族のこと l コメント (6) トラックバック (0) l top
たいへんご無沙汰してしまいました。
ごめんなさいっ!

先週土曜日朝
自主待機のホテルを後にして、
母のいる街へ移動しました。



まずは、お世話になりっぱなしの
叔父叔母にご挨拶

昨日は、アパートに足りないものを調達に、
100均めぐり
最低限の食器やラップなどの消耗品、
少しでも経費をかけたくない私には、
100均最高に助かります。
助かるけど、いろいろあって楽しくて、
やたら時間ばっかりかかる
のが困ります😅


今日は書類の下準備。
母と私の戸籍(除籍)謄本を取りに、
たぶん10年以上ぶりで市役所へ
行ってきました。
懐かしい風景だったり、変わっていて驚いたり、
用事よりも久々の故郷の空気が楽しかったりして😄




さて、母の施設の方とお話しました。
面会はまだ「オンラインのみ」ということなので
母の顔は見ていません。

それどころか、私は県外からの訪問者なので、
県内に入った日から2週間、また自主待機だそうで。

母と会う日はさらに遠のきました・・・。
施設に入ること自体が許されないので、
母に関わってくださるどなたとも会うことができません。

なので、結局いろいろな相談も話し合いも頓挫です・・・。


実質1カ月でどこまでできるか!?

こりゃ、オリンピック級のチャレンジだな!



頑張るぞっ!!






2021.06.29 Tue l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top
申請したときに、
「1ヶ月以上かかるかもしれません」
と言われてショックを受けたのですが、
思ったよりもずっと速く、
ビザを発行してもらえました。



早速届いたビザを確認


これまで私が取ったビザといったら
アメリカの観光ビザと学生ビザ。

そう、昔はハワイ旅行4泊6日ぽっちでも、
アメリカはビザがないと入れてくれなかった
・・・。

それくらいう~んと昔のビザは、、
パスポートの1ページに
バンッ!と赤と青2色のインクの
大判スタンプが押してあった
のです。




今回もそんなようなものを思い描いていたら、
すみません、もうそんなアナログじゃないんですね。


パスポートの所持人のページにそっくりな造りで、
悪党面の写真も一緒にデカデカと印刷され、
(↑これがもう「私じゃないっ」と叫びたくなるほどコワい顔に加工されてる)
一番下には機械で読み取る文字と<が2段になって並んだ
大判のスティッカー
でした。



ちなみに、アメリカのビザもググってみたら、
似たようなスティッカーに様変わりしていました。
(当たり前だよねぇ -笑)




ビザが下りたので、
航空券の手配をはじめとして、
自主隔離用のホテルの手配や
出発前のPCR検査の予約など、
その他準備や情報収集に忙しくなりました。


いつもの旅行とは違って
何だか準備するのにも
「忘れ物があっちゃいけない」とか
「大事な情報見落としちゃならない」など
ピリピリ緊張気味

成田空港に到着するなり、
「書類不備!強制送還!」

なんて言われたら困るのでね・・・。
(YouTubeにUターン体験記があってビビった・・・。)






2021.06.01 Tue l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top