FC2ブログ
アルバータ州の外出自粛規制も、
今は第2段階まで緩和されていますが、
それでもまだまだ「Stay at Home」

3月の半ばあたりからですから、
何だかんだでもう4ヶ月です。


初めの頃は
ジグソー・パズルだのゲームのアプリだの、
さらに部屋の大片付けなど
と、
時間をつぶすのに困らなかったのですが、
じきにすることなくなってしまいました・・・


と、そんな時に長男が
「お母さん、YouTubeでこんなの見たら?」
と教えてくれたのが、

不動産屋さんによる賃貸物件の内見動画
旅行者による航空機のレビュー動画

でした。


で、見事にツボった!(笑)。




都内賃貸物件の内見動画は、
デザイナーズ・マンションやタワマンなど
様々な賃貸マンションの中を覗き見できるし、
LAの不動産屋さんの動画では、
プール付き7寝室,、10台入るガレージ付き一千五百万ドル!
なんていうトンデモ豪邸なども見られます(笑)。




航空機の動画で気になってるのは、
ビジネスクラスのサービス

ビジネスクラスと一言で言っても、
広めの座席と陶器で供される食事だけ
という航空会社や路線
があると思えば、

フル・フラットの横になれる座席
オイル・マネーがふんだんな国々の飛行機は、
ビジネスクラスなのにまるでファーストクラスみたい

余裕ある座席や豪華な食事。

お国柄が感じられます。



おうちもビジネスクラスも、
まぁ、いろいろあるもんだわなぁ・・・と
ツッコミ半分、タメイキ半分(笑)

楽しませていただいております。




最近それら以外に面白く観てるのが、
昔懐かしい70~80年代の歌手の動画です。

きっかけは布施明さん
ウチの息子ら世代と思われる人が、
「すげー歌唱力!」「かっけぇ!」と
賞賛しているビデオ
を見て、

へっへっへ、そーだろー、そーだろー♪

とまるで我がことのようにドヤ顔しながら
見たんですけどね~(笑)。



そこから芋づる式
松崎しげるさん、尾崎紀代彦さんなどを
ずるずると聴いていたら、

芋づる中森明菜さん、渡辺真知子さん、
八神純子さん、そしてサーカス
にまで辿り着きました。



あの時代の歌い手さんたちは、
声を存分に使って
伸びやかに歌っていたなぁと感じます。



で、一緒に口ずさむと、
どの歌も心底懐かしくて、
聴いていた頃の風景や心持ちが、
手に取るように思い出されてきました



姉が買った「愛のメモリー」のレコードを
こっそり聴いていたこと
とか(汗)、
生まれて初めてのカラオケが
「Mr.サマータイム」だったこと
とか・・・。




今日は「飾りじゃないのよ涙は」を歌う
中森明菜さんのバックに
井上陽水さんと玉置浩二さんが付いていた
古い(多分)歌番組のクリップを見つけました。


アイドルと呼ばれていた中森明菜さんだけど、
ぜんぜん媚びない歌い方が潔くて迫力ありましたね~♪
それにしても陽水さんと玉置さんを従えちゃうなんて
まぁ~、贅沢だわ~♪♪





なんだかもうね、芋づるのキリがないです。
懐かしくて楽しくて、
YouTubeさえあれば、いつまででも自宅にお篭りできそう~♪
って気分です(笑)





スポンサーサイト



2020.07.11 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
長男コーヒー風味のキャンディを買ってきました。

「美味しんだよ、これ~♪」
と薦められて一つ口に入れた瞬間

あ、懐かしい味だ・・・♪

甘くてほろ苦い味と香が溶け出すと、
古い実家の茶の間の風景
ほわぁ~っと思い出されました。


それは、子供の頃、母がときどき買ってくれた
コーヒーキャンディとそっくり
で、

えっとぉ、あれ~、何だっけ~?



名前を思い出そうと頑張っていたそのとき、
浮かんできたのはCMソング

♪ふんふふんふ、コーヒーキャンディ
ほんばのコーヒーの~あじ~
ラララ、ライオネスコーヒーキャ~ンディ
コーヒーーーー♪



おぉ、そうだ、ライオネスコーヒーキャンディだ!


すっきり!したので、
じっくり懐かしい味を楽しみました。


昔々のライオネスコーヒーキャンディ
馴染みのある方、
ぜひこちらも↓お試しください。

ヴェルターズ

おぉっ、懐かしい!と思われるはず♪




・・・って、「懐かしい」を連発してしまって、
まるでライオネスコーヒーキャンディが
今はなくなってるみたい
になっちゃったので、
検索して確認しました。




たいへん失礼いたしましたッ!
今も健在でしたね!


ライオネス

「香り豊かな伝統の味」です。
そう簡単にはなくならないですね。


今度日本へ行ったら、
ぜひとも買って帰って食べ比べしてみよ~っと!





さらに、思い出したCMソングが、
何だか間抜けてる
ようで気になって、
こちらも検索してみました。

すごいねぇ、YouTubeには何でもあるんだねぇ~♪



↑厳密には、私の世代のCMではないけれど、
CMソングは、とりもなおさず!あの歌です。
ワン・コーラス、フルで歌ってますね。
(やっぱり間抜けていた・・・笑)



いつ行かれるようになるのか、
まだぜんぜんわからない渡日だけど、
一つ楽しみができました~♪

ライオネスコーヒーキャンディ、待っててね~!









2020.06.21 Sun l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
シリーズ物のテレビ番組のほとんどが
今季の放送を終えたうえ、

今年はコロナウィルスのせいで、
製作・編集が遅延したあおりで、
今時分から始まる短いシリーズも始まらず、
テレビがつまらなくなっているこの頃

映画専門チャンネルで放送される
古い映画を録画しておいて、
なくなった番組の穴埋め
に見たりしています。




昨日の夕方、それら録画した映画の一つ、
「フィフス・エレメント」を見ることにしました。

the fifth element

1997年製作のSFアクション(コメディ?)映画。
若~いブルース・ウィリスはカッコいいし、
ミラ・ジョヴォヴィッチは可愛らしいし、
あらゆるキャラクターがユニークで面白いです。


私は初めて見たときから虜になって、
もう何回見たか数え切れないほど、大好き♪
筋書きも映像もすっかり覚えこんでいるのに、
いつ見ても新鮮に楽しめちゃいます。




そう思っているのは私だけではなくて、
これを見始めると、
灯りに寄ってくる蛾のごとく、
ウチのあと3人もワラワラワラ・・・と、
毎回テレビの前にやってきます


で、何度目かの「フィフス・エレメント」を、
家族揃って真剣に楽しむ
のでありました。



テレビで放送される古い映画なぞわんさかあるし、
4人の映画の好みはてんでんバラバラなのに、
「フィフス・エレメント」だけは
間違いなく飽きることなく一緒に見ます


他にこんな映画はないのでちょっと不思議です(笑)。





2020.05.18 Mon l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎日のニュース番組が
コロナウィルス関連で始まるようになって、
2ヶ月以上経ちました。


あぁ、今日もコロナか・・・と、
特に朝一のニュース番組をつけた時に
かなり食傷気味なのは否めません。




そんな中、不謹慎だと重々承知していますが、
今週ずっと一番最初のニュースが
ノヴァ・スコシア州で起きた銃撃事件の続報
であることが
以前の日常に戻ったようで、
妙な安堵感と新鮮な興味を感じています。


小さな町を縦断(横断?)するような広範囲で
22人の被害者を出した無差別殺人事件でした。

犯人は射殺されたので、動機は判っていません。
地元警察が今も捜査中です。




こんなむごたらしい事件でさえ
劇的な進展のないコロナウィルス一色の報道よりも、
こちらの「知りたい気持ち」を掻き立てる・・・

刺激になれば何だってイイみたいで、
本当に不謹慎なんだけれど、
正直なところです。



2番目以降は、コロナばっかりですが、
州規模・市規模の経済問題と対策に始まって、
世界各地のコロナ絡みのニュースが流れます。




で、これも不謹慎っちゃ不謹慎なんだけど・・・。

一昨日から何回も笑わせてもらってるの、
トランプのとんでもない発言
「超強力光線照射法と殺菌消毒剤注射法」


UVカットってうるさく言われてるんだけど?
家庭用の洗剤の外装見れば、
口に入れるなって書いてあるんだけど?


・・・てかさ、あの御仁の頭の中身、
ホントにちゃんと学校でお勉強した?
と尋ねたくなりましたわ~。


品位は当選前から疑うどころか
最低だと確信してたけど、
脳味噌の質がここまでお粗末だったとはねぇ。


マジメなホワイトハウス職員の
フェイスパーム
が目に見えるような話題で、
思いっきり笑わせてもらいましたわ。



さて、もうじき夕方のニュースの時刻。
果たして本日のヘッドラインは・・・?








おまけ: フェイスパームするDr.ファウチ

Facepalm

「あ~ぁ、また言っちゃったよ・・・」





2020.04.25 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
かなり出遅れた感がありますが、
昨日はNetflixで
映画「コンテイジョン」を観ました。
2011年の作品です。

私も観た!という方も多いのでは?



ずっと以前に(多分テレビで)観たときには、
冒頭からグイグイと見せてくる
感染の容易さにゾッとした
のを憶えています。



今このコロナウィルス禍で見直すと、
「ゾッ」どころじゃないですね。



まるで今回の流行を予言したかのような、
中国(香港)の市場の雑踏から始まった感染は、
飛行機・電車・バスで移動する人々によって
容赦なく広がっていき。
咳・発熱・頭痛といった症状を引き起こし、
医療機関を患者で埋め尽くしていきます。


あぁ、そのまんまじゃないか・・・。


あまりにも現実的で
以前の自分の無関心さが恐ろしいです。



看護師がストライキをしたり、
人々がスーパーマーケットなどを襲ったりする
映画の展開とは違って

今世界中で私たちは、
不安や不満を抱えながら

医療・介護現場をはじめとして、
毎日働いてくれている人たちも、
自宅で過ごさざるを得ない人たちも、
大半の人が冷静に対処してるなと思えます。



過激な伝染病に立ち向かうための
一般民衆の教科書にもなり反面教師にもなり得る
映画「コンテイジョン」



まだご覧になっていなければ、
今観ることをお薦めします。
ぜひとも、どうぞ!




願わくば、映画と同じ結末が早く訪れますように・・・。





2020.04.13 Mon l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top