FC2ブログ
「NO!」です。

2026年カルガリー冬季オリンピックはナシです!


住民投票の結果、
56%の有権者が「NO」と言ったそうでございます。
(含む我が家4票!)


「YES」とけっこうな接戦でしたが、
ともかくホッとしたわ~。
借金抱えなくて済んだもんね~。


2026年の冬季オリンピックは、
スエーデンイタリアのどちらか
・・・ということですね。

2024年の夏季オリンピックはパリだから、
続けてヨーロッパだ。
あとは、EUがその頃どうなってるか?が鍵かしら。




え?日本行きどうしたかって?

はい、あと1時間ほどで家を出ます。


でも~、もしかしたら私のブログを読んでくださった方が、
「住民投票はどうなったんだろか?」
って気にしてくださってたらどーしよ~?

なんて思っちゃったので、
とりあえず、結果をお知らせしようと思いました。



それでは、皆様、ごきげんよう~♪





スポンサーサイト
2018.11.14 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
先に書いた記事の通り、
2026年オリンピックの住民投票に行ってきました。

開票結果は午後10時頃(今から6時間後くらい)から、
各ニュース局のネットで配信が始まるそうです。



ところで、投票と言えばこれまでたいてい、
近くの小・中学校いずれかの体育館で行われていたのですが、
今回の住民投票は高校の体育館でした。

長男母校です。

長男たちが第3期生だった、まだ比較的新しい高校で、
全体の形はアルファベットのEみたいなんです。
外観は、ホントに「コンテナをEの形に組合せました」みたいで、
何だか薄っぺらくて一時しのぎのような体裁という印象でした。

ですから長男が通っていた頃は、
もうちょっと高校っぽいデザインはなかったんかぃ?
なんて思っていました。


が、今日投票に出向いたら、
Eの天辺の横棒の壁にこんな壁画が・・・

センテニアル高校

高校のマスコットのコヨーテの絵です。
長男が卒業するまでのこの壁は、
向かい側のようにグレーのコンテナ色で、
面白くもなんともなかったんです。

高校のロゴの幟も上がっていて、
こんなのも長男がいたときはなかったね~・・・と。


創立14年の間に少しずつ
学校らしく見えるようになってきた
ようです(笑)。




さて、昨日もお話しましたが、
明日から日本に帰ります。
いろいろと忙しくなりそうなので、
こちらのアップはなかなかできそうにありません。

いつもお立ち寄りくださる皆様、
同じ記事(例えばこれ)が数日続けて表示されたら、
ごめんなさい。

ご容赦のほどよろしくお願いします。

なるたけ、なるたけ!投稿できるよう頑張りますので・・・!



2018.11.13 Tue l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今カルガリーで一番注目されている話題は、
「2026年冬季オリンピック開催地に立候補するか、否か」
です。

スエーデンのストックホルム、
イタリアのコルティナ・ダンペッツォ共同開催と
ここカナダのカルガリーの3都市が残っています。



先頃、IOCの代表が視察に訪れ、
1988年カルガリー大会の施設が
今でも大方使えることなどから、
「ぜひ立候補して欲しい」と訴えて帰りました。

すでにある程度の設備が整っていれば、
IOCだって安上がり
で済みますからね。



しかし、です。

今のカルガリー市には、
オリンピックを開催する余裕なんか、
小指の先ほどもない
のですよ。

カルガリー市のみならず、
アルバータ州の経済は過去数年、
底辺をズルズル
彷徨い、
どん底からオデコだけ出しては沈み、
目まで出たけどまた沈み・・・
を繰り返している状態。

こんなんで、さらに借金を抱えるつもりかーーーーっ!!!
(拳固ブンブン!)


と、私は大反対なんですけど、
「オリンピックを開催したい!」
という市民がいるのも確かです。

88年開催の誇りもあるだろうし、
元々ウィンター・スポーツが盛んだから、
冬季オリンピックに興味を持つ人は多い
です。

冬季オリンピックの選手の中には、
カルガリーを拠点としている人もけっこういて、
地の利を生かして一花咲かせたいのも解ります



IOCが言うように、
冬季オリンピックに必要な競技施設は、
「まだ残ってる」のではありますが、
30年前のものですよ、どれも。

修繕・修復・補修・改善・・・
しなくちゃならない場所ばかりです。



8年先だからさ~、それまでには景気良くなるし~♪
と暢気なこと考えてるらしいけど、
もっと現実をしっかり見て欲しいわ・・・!


お金ないのにムリヤリ掻き集めて開催して、
負った借金をこれからの世代の市民に
担がせるのってどうよ?
と思うんだなぁ。

私だって、ここでオリンピックを見たいし、
肌であの興奮を味わってみたいと思いますよ。

でもさ、別に2026年じゃなくたって、
2030年でも2034年でも、
市の財政に余裕が出来てからでもいいじゃん




というわけで本日火曜日は、
2026年冬季オリンピック開催の
是非を問う住民投票の日
なのです。



ウチの息子たちも、
「住民投票はオレらの権利だ!」
とか何とか言っちゃって、
長男は先週期日前投票を済ませ、
次男もこれから一緒に行きます。

そうだよね、オリンピックの頃には、
あんたらが稼ぎ頭になっている。
オリンピックの借金を血税で賄われるのは、
悔しい
よね。



住民投票の結果がどう出るか?
今からとっても気になってます。






2018.11.13 Tue l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日びっくりさせてくれた雪は
32.8センチ積もって、
1日の積雪量新記録
を打ち立てました。

新記録っていうのは何でもドキドキワクワクするものですが、
雪の量だの最低気温だのっていうのは、
あまり記録を伸ばして欲しくない
とつくづく感じました。


だって、今朝雪掻きしてて、
またすっ転んだんですよ、私・・・。

今回は尻餅じゃなくて、体の右斜め前。
押してた雪掻きシャベルが滑って、
押してた私も道連れにされた
感じです(苦笑)。

だから衝撃はそんなに大きくなかったし
膝小僧をちょっと擦り剥いただけなんだけど、
シャベルの柄が運悪く右眼の脇にあたったので、
今、右眼とその周辺が「お岩さん」


すぐに主人にクリニックに連れて行ってもらい、
眼にも周辺にも大きな異常がないこと、
冷湿布とドライアイなどに使う人工涙の点眼剤の使用、
痛むときには鎮痛剤を・・・というアドバイスをもらって
帰宅しました。




主人の運転だったので、
ちょうど良いから転んだ日記念(笑)の風景
撮っておくことにしました。

通り

クリニックからの帰り道なのですが、
道路の凍り具合、判りますか?
アスファルトの色が透けて見えるところは、
ガッツリ凍っていてスケートリンク
です。

昨日と打って変わってのカンカン晴れなので、
一見すると青空に白い雪がとても綺麗なんですけどね・・・。



家に帰りついたら、
猫のリロに「庭に出たい」とせがまれました。

悩む猫

が、扉が開いたら氷点下4℃の空気が流れ込んできて、
その冷たさに怯んでしばし悩んでいました。

で、結局「や~めたっと・・・!」
室内の陽だまりで昼寝していました(笑)。




午後の公園も、青と白のコントラストが鮮やか。

公園

気温は5℃まで上がって、
凍っていた道路も解けて乾き、
木の枝をたわませていた雪も、
ボタボタと景気良く(笑)落ちていきました




明日は曇りの予報。
雪が降りさえしなければ良しとしよう!





2018.10.03 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨日(月曜日)の日中散らついていた粉雪が、
夜半から雪らしい雪に変わって降り続き、
今朝起きたらドーン!と積もっていました

朝6時

朝6時、外に出たいという猫のために扉を開けてやって、
「何じゃ、この景色は・・・!?」
ビックリ仰天しました。

昨日の夕食時に見たニュースでは、
「降っても5~6cmくらい」と言っていたのに、
降雪警報を伴って、ガッツリ10cm近く積もっていました。

お天気おじさんの嘘つきぃ~!



長男を送る車を出すのに必要な半分だけ雪掻きして、
送って帰宅した8時頃の通りは、こんな風景。

朝8時

路駐の車も通りも木々も、
水っぽくて重たい雪に覆われて
何だか息苦しそうです。



結局今日は一日中、
ボタボタと湿り気の多い雪が降り続き、
午後の最高気温もやっと0℃でした。




寒いし冷たいし濡れるのはイヤな猫は、
時々場所を替えながら、ずーっと昼寝。

夕方になってようやく起き出して来たものの、
真っ白になった外の様子を見て、
諦めた
様子でした。

午後遅い時間


今日はカルガリーのダウンタウンで、
バスの行き先表示板に、
行き先名と「Merry Christmas」の文字が
交互に点滅したバスが走っていたそうです。

誰も彼もが緊張して運転する滑りやすい日は、
こんなユーモアに出会ったら、
ちょっと気持ちが和らぐかもしれませんね♪



さて、明日も滑らないように慎重に運転しなくちゃ!






2018.10.02 Tue l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top