FC2ブログ
カナダは公用語が2つ、
英語仏語です。


カナダ政府の重要な告知や
首相の会見
などがあると、
必ず英語仏語の両方で話します。


でも英語話者の方が俄然多いし、
公用語が2つあるからといって、
誰もが両方理解できるわけでもありません。


ですから大抵、
まず英語で、次に仏語で、
同じ内容を繰り返す
わけです。



今朝のニュースで、
10月の総選挙が告知されました。

トリュドー首相は記者団の前で、
英語で「首相として、党首として
カナダのために前進します」的なことを述べ、
続いて、同じ内容を仏語で繰り返しました。


でね、その仏語部分になったら、
首相の声に覆いかぶさるように、
同時通訳の英語が流れてくる
んです。


私は仏語は解らないので、
英語にしてくれるのは助かるけれど、

「ねぇ、今そこで同時通訳って要る?」
って思いました。

だって数秒前に同じ内容のことを、
先に英語で言ってたんだから



むしろ、英語がメジャーなここらにいる
仏語系カナダ人は、
「わぁー!英語ジャマーッ!!
仏語聞かせてーッ!」

って思ってるんじゃない?



仏語のケベック州だったら、
首相が英語でしゃべった部分に
仏語の同時通訳つくのかな?

もし私がそこにいたら、
「わぁー!仏語ジャマーッ!!
英語聞かせてーッ!」

と思うに違いないんだけどなぁ。



両方の言葉が
国内全体で共存できるから公用語
なのであって、

国民全体に知らせたい重要なことを
英語圏なら英語
仏語圏なら仏語
同時通訳されちゃったら、
公用語の意味、ないじゃん・・・




な~んてことを思った
総選挙の告示ニュースでした。


今は公用語なんちゃらよりも、
誰に一票投じるかの方を
もっと真剣に考えねばならん時ですが






スポンサーサイト



2019.09.11 Wed l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日、こんな郵便物が届きました。

大きめの封筒で、分厚くて何か入っています。

envelope

宛名より先に、
「I need your help!」っちゃ・・・。


これ、毎年クリスマスとイースターの時季に多い、
何らかの非営利団体から届く、
寄付を募る封書
なんです。


中身は何か?っていうと・・・

contents

数種類のクリスマス・カードと封筒のセット
マッチしたシールにボールペン
そして、忘れちゃいけない、
寄付金の記入用紙と返信用封筒です。

「これだけ差し上げますから、寄付してね♪」
って、先にお礼を送りつける方式

今日のはHeart & Stroke財団といって、
心臓の健康を促進研究する団体ですが、

似たような、様々な病気(癌や多発性硬化症など)の
患者のサポートや治療法の研究を援助する団体や、
キリスト教系の援助団体など
が、

一筆箋のようなメモ用紙、
何十枚もの名入れの差出人シール、
化粧ポーチ(のような小袋)やエコバッグなどなど


クリスチャンの団体からは、
ロザリオを送ってきたこともあるし、
どこだったか5セント硬貨が入ってたりも・・・。



年に少なくとも5~6回は受け取るんですが、
使えるものはいただいときますが、
私、寄付はしておりません



こういう寄付金の募り方って、
「タダで貰っちゃ気が引ける」
ってところに付け込んでて、
厚かましいっていうか、
こすからいっていうか。

だから、
その手に乗るもんかっ!
ついつい反抗したくなる。


というかね、
ノベルティもどきのものを製作して
送りつける費用があったら、
そのお金もっと稔りある何かに使ったら?

って思うんですわ。


これだけの品を用意する費用と
市内の何百人だかもっとだかに送る郵送料という
バカにならない金額かけて、
一体どれくらいの寄付を取れてるのかって
その収支を知りたい
ものです。



ホント、使えるモノならまだしも、
キリスト教徒でもないのにロザリオ貰っても、
悪いけど、寄付する気にはなりませんわ・・・






2019.09.06 Fri l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月も半分終わって、夏休みは終盤戦
昨日久しぶりに大型スーパーに行ったら、
すっごく混んでました。

いつもの日曜日の3倍くらい!
んでもって、子供連ればっかり!

2週間後に始まる新学期に向けて、
Back to Schoolセールのお買物です。

うじゃうじゃいる親子連れ・・・。
チョロチョロする子供たち・・・。

この喧騒や慌しさとは長らく無縁でしたから、
一歩踏み入れた瞬間「うわぁ~・・・」
買物しないでUターンしようかと思いましたよ(笑)。



市内の公立校では、
たいてい年度末に、
「○年生の新学期に必要なもの」
というリストをくれるので、
それに沿って買物をします。


小学校だと
ハサミ、クレヨン、定規など、
それぞれの学年で新たに必要となる文具が
増えていきます。

中学になると、ロッカーの鍵に始まって、
数教科分のノート、あるいはバインダーや
技術家庭科系のお道具類
なども加わります。
(*ロッカーの鍵は、貸し出しする学校もあります)

高校生のリストは中学と似たり寄ったりですが、
選択する教科によってまちまちです。


とはいえ、これらはウチの息子らの時代の話で、
まだ全生徒にコンピュータが行き渡る前のこと。
今ではもしかしたらUSBメモリなども
リストに上がっているかもしれませんね。


そんな訳で、文房具売り場はもちろんのこと、
ここの学校はお弁当持ちですから、
水筒やランチバッグの売場も、
「どっちにしよーかな~?」と悩む子供だの、
「もう、これにしなさいっ!」と痺れを切らすママだの、
すっごく賑やか(笑)。


さらに姦しいのが、
女の子の洋服売場です。

ランチバッグを選ぶのと同じ状況が、
♪ワンサカワンサ、ワンサカワンサ♪
レナウン娘だらけ
です(←憶えてる方いらっしゃる?)

男の子って着る物無頓着ですもんねぇ(つまんないくらい・・・)。



まだまだ幼児に近い子供たちなぞ、
お買物というよりは遊びに来てるみたいに、
あっちの棚、こっちの棚・・・
好き勝手に動いているように見えるし(笑)。
こっちの目が回りそうです。

お父さんもお母さんもた~いへんだ。


でもね、
慌しくてグチャグチャなお買物でも、
お母さんたちはお父さんたちよりも
もうちょっと楽しそう
に見えました。

やっぱり女性のお買物好きは世界共通?(笑)




2019.08.19 Mon l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top
長男に運転してもらって、
半年に一度の眼科医に行ってきました。


久しぶりの道のりは、
どこもかしこもオレンジ色の標識が並ぶ
夏の道路工事シーズンたけなわ(笑)。
  




今まで緑だったところの芝が剥がされてたり
新しくなった部分にはまだ芝が敷かれてなかったりで、
どうも今ひとつ綺麗じゃないです。



2_201907110227007be.jpg

今年は昨年(一昨年だったかも?)から続いている
大掛かりな車線増設工事が山場を迎えて、
重機がボコボコと車線の真ん中に鎮座してたり・・・



3_20190711022702434.jpg

中央分離帯を残して車線を増やす場所は、
車線右側にあったがズリーーッと剥がされてたり・・・



4_20190711022703451.jpg

いつの間にか歩道橋もなくなってたり!?
・・・って、車線工事が終わったら
ちゃんと元通りに挿げ替えるのかなぁ???



上の写真の道路はどこも
通常制限時速80キロですが、
工事区間は50キロに減速です。

工事の進行に伴い、
3車線が2車線になっていたり、
片側の2車線を相互通行にしていたりと、
ものすごく不規則だし、

車線の変更のせいで、
やたらクネクネ蛇行したりで、
50キロでも速いと思えます。

でも、なるべく早く終わらせてもらって、
次の冬にはスムーズに運転できるようになるといいなぁ。




埃が舞ってきそうな写真のあとは、
ウチの近くまで来て見かけた
とてもすてきな前庭です。

5_20190711022705b73.jpg

通りすがりだったので、
何の木だか何の花だか判らないけど、
まるで生け花のよう
あるいはイギリスの庭園のように、
全体の高さや形を整えてあって、
見事な前庭でした。

こんなに綺麗な前庭を造れる人は、
きっと立派な緑の指の持主なんだろうなぁ~。



2019.07.11 Thu l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日、日本の日本語教育支援の話を書いたので、
今日はカナダの移民向け英語教育支援について書いてみます。
少し長くなりますが、ご容赦のほど。



カナダには正式に入国した移民・難民に対して
LINC (Language Instruction for Newcomers to Canada
‐ カナダに来たての人向け言語教育)

というシステムがあります。

カナダは英・仏の2言語が公用語なので
両言語とも習えます。
(でも、仏語はマイナー、大抵は英語です。)


最初に簡単なテストを受けて、
全部で8段階あるどのレベルかの判断がされます。

レベル5以上なら、そのまま仕事に就いても
何とかなるだろうけど
もっと英語に磨きをかけるといいよ

4以下ちゃんと勉強しないと苦労するよ
です。

どのレベルであっても、無料
ESL(English as a Second Language)
第2言語としての英語のクラスに参加できます



移民・難民の子供の場合、
学校で授業の1教科のように、
ESLクラスが受けられます

(ESL教員・補助員の人数などは
各学校によって異なります。)




ここからはちょうど良い例として、
親の勝手な意向で英語の「え」も知らずに
カナダに連れて来られたウチの息子らのことを
書いてみます。


長男はトルコにいたときと同じ小2に、
次男は(小学校に含まれる)キンダーガーテン
それぞれ編入されました。

その小学校にはESLの先生が2人と、
補佐の先生が2人常駐
していて、
息子らのような英語力ゼロの児童から
すでにある程度まで身についている児童まで、
それぞれのレベルに合わせて
毎日1時限、英語を教えてくれます


ESLの児童生徒は、その時間だけ教室を離れ、
他の授業は英語が不十分なまま、
クラスの皆と勉強していきます。

学期ごとの成績表には、
ESLの項目があって、
どのレベルをどこまで習得したかなどの
進歩状況が細かく書かれてきます。


カルガリー教育委員会の場合、
レベルは1から5まで。

息子たちはどちらも
比較的早い学年でESLを始めたので、
小学校卒業するより先にレベル5を終えて、
「ESL卒業証書」
をいただきました。



けれど、です。
忘れもしない
Hello!もGood morning!も知らなかった
小学校の初日

両親に連れて行かれた小学校で、
校長先生と簡単な面談(親の通訳付き)をした後、
それぞれ担任の先生がお迎えに来てくれて
キンダーと小2の教室に入っていったのですが・・・。

お昼前にまず次男の担任から電話。
ずっとメソメソしてましたけど、
教室の雰囲気や他の子供たちは
嫌いじゃなさそうでした。
帰ったらちょっとお話聞いてあげてください。」


追いかけるように長男の担任からも電話。
「最初は良かったんですけど、
3時限目あたりから泣き出しちゃって~。
お母さん、お迎えに来られませんか?」

普段は冷静でしっかりものの長男が、
べーべー泣いていたらしい(苦笑)。

早速小学校へ迎えに行って、
目の周りをうっすら赤くした2人を見たら、
ちょっと胸が痛みました。


どうして悲しくなっちゃったの?
と尋ねたら、
2人とも口を揃えて

「何言われてるか何にもわかんなくて
何したらいいかわかんなくて、
怖くなっちゃった・・・」
びえぇぇぇ~~~ん!!



私は自分がトルコに行った当初を
思い出しました。

周囲の人たちに悪気がないのは判っていても、
知らない言語っていうのは
乱暴に耳に入ってくる
ものです。
(トルコ語は普通に話してても
喧嘩腰に聞こえるから尚更‐笑)。

私は大人だから
身振り手振りでコミュニケーションを取ろうとか、
表情でこっちの気持ちを伝えようとか
何とかしようといろいろ試せます

でも子供は「解らない」に圧倒されちゃうんですね。



初日はメソメソべーべーだったけれど、
ESLの授業は確実に助けになっていて、
友達もどんどん増えて、
家での会話もみるみるうちに英語が優勢に
・・・。

今ではすっかり英語人ですが、
それでもあの初日の不安は
しっかり思い出せる
と言います。


日本で日本語が解らなくても仕方なく
毎日学校に通っている
外国人の子供たちの想いは、
そんな訳で、
私にはメソメソベーベーだった息子たちに重なってくるのです。


一日でも早く、
日本語教育支援システムを整備し、
全国区で徹底してあげてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。




2019.05.14 Tue l カルガリー・アルバータ・カナダ l コメント (0) トラックバック (0) l top