fc2ブログ
今朝方ので私は、
祖母、両親、姉と叔父叔母たち、
もう何年も会っていない従弟妹たちと、
親戚総出の食事会に、
ウチの人たちと共に参加
していました。


会場は倉庫のごとくとんでもなく広い料理屋で、
大人数の着飾ったグループの囲む大テーブルが、
給仕する仲居さんが通るのもやっとなほど
ぎゅうぎゅうに並んでいます。


私たちは、その混みあったテーブルの間を、
案内する仲居さんの後から
ゾロゾロと歩いていく
のですが、

どういうわけか、仲居さんは
あっちのテーブルに二人
こっちのテーブルに四人と、
私たちをバラバラに案内していきました。

最後に残ったのがウチの家族と母の五人。

「こちらでお待ちください」と言いおいて
案内係の仲居さんがいなくなると、

通りかかった二人連れのご婦人が、
「あちらのテーブルは特別に美味しいわね」
などと話しているのを小耳にはさんだ母
が、

「あっちの方が美味しいのよ。行こう、行こう」と、
柱の向こう側の少し中華っぽい食事会場へ
どんどん歩いて行ってしまいました。

慌てて追いかける私たち。

と、場面はなぜか高架下のレストラン街に変わって、
息子たちは丸テーブルに腰かけてバーガーを食べ、
主人は一人フラ~ッとそこを離れ、
隣のサーティワンのようなお店に入って行きます。

ちょ、ちょっと、どこへ行くのよ~🙁

「ここのアイスクリームは美味しくて有名なんだよ」
と、ワッフルコーンにテンコ盛りになったアイスを手に満面の笑み。
パリパリと音を立ててコーティングのチョコレートにかぶりつき、
下から顔を出したストロベリー・アイスを舐めながら、
歩き出す主人
の後を、

お~ぃ、どこへ行くのだ~ぃ😨

腹ペコの私は追いて歩くのでした。



ペロポロ♪ペロポロ♪ペロポロ♪・・・
高架下で聞こえてきたのはアラーム⏰


目が覚めて、
うぅ~、アイスクリーム、食べたかったじゃないか~😔
私一人だけ、何にも食べてないじゃないか~😑


目覚ましが鳴らなかったら、
私も何か食べ物にありつけたかもしれないじゃないか~😕


なんか、悔しいわぁ~💢



食べ物の恨みは恐ろしいとか言いますが、
食べられなかった夢は寝覚めが悪いです・・・😩








スポンサーサイト



2024.02.22 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに夢の話です。

今朝5時47分
眼が覚める直前まで見ていた夢に、
両親と姉が出ていました



ログハウス風の居間には
すっぴんエプロン姿の姉
茣蓙風のラグにお行儀よく正座して、
食べかけの大福を右手に、
大きく開け放たれたガラス戸の向こうを
ぼんやりと見つめていました。

覚束ない足取りで父がやってきて、
姉とガラス戸の隙間を埋めるように立ち、
同じように庭の方を眺めています。

私は寝起きで、
父と姉のいる居間に続く台所に行きました。

あくびしながら「おはよう」と言って
目に入ったのは汚れ物で一杯のシンク😨

それも、海藻のような分葱のような、
緑色が鮮やかな野菜も一緒くたです。

「何これぇ?どうして片付けないのよぉ~」
と言ったらが出てきて、

「あんたがやってくれると思ったから~」
とヘラヘラ笑うのです。

パジャマの袖を捲り上げ、
洗い物を始める私でした。


と、場面が唐突にログハウスの
(なかったはずの)縁側
に変わり、
父はレトロなデザインの肘掛椅子に腰かけ
姉は(いつのまにか和室になっていた)畳の上に横座り
狭い庭を隔てた隣家を見ています

私も、縁側のこちらの端から同じ方向を
「何があったんだろう?」と見ていたら、
が、
「お隣のお嬢さんがたいへんなんだって」
と仕入れたばかりのご近所の噂話
を耳打ちしてきました。

お嬢さんがどうたいへんなのか分らないまま、
噂話というものが嫌いな母が
そんなことを言い出したので、
ビックリしたところで5時47分
だった・・・という訳です。



ログハウス風の場面設定は、
昨夜Youtubeで見たログハウスの展示場に間違いなく、
広々とした居間もそこに繋がるキッチンも、
石造りのシンクもほぼ見たままです。

面白いな~、ユニークだな~♪と
興味深く見入ってしまった
くらいだから、
夢に出て来てもおかしくはない。



気になったのは、
その夢になぜ3人出てきたのかってところで。

亡くなった人の夢は何かの暗示とかって言うじゃないですか。



姉は姉らしくほんわりと穏やかな風情のまま、
父はパーキンソン病の危なっかしさはあるけれど、
呑気なご隠居さん
の雰囲気で、
二人で、まるで古い日本映画のような佇まいを見せていました。


彼らをこちら側から見る位置にいる私と母だけが
一言二言会話をする
わけで、

多分これって、私がずっと感じていた
実家の家族関係なんだな・・・

ということは理解できたのですが、



いくつか開いた夢判断・夢占いのサイトによれば、
悪いことの暗示ではなさそうで、
トラブルや周囲の環境が好転する兆し
というのが共通して見られてちょっと安心
したところです。


今日は午後から眼の検診。
右目の目薬、もう不要って言ってもらえるかな~♪




あれ?何だかこの展開に見覚えが・・・🤔
占いの話(←別ウィンドウで開きます)



洗い物で一杯のシンクはもしかしたら、
「出掛ける前にできる片付けを済ませておきましょう」
のお告げかもしれない。
片付けて出掛けたらイイ結果になる❓


・・・ってまた占いに振り回されてるじゃないさ、私😩








2023.11.16 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top
めちゃくちゃな夢を見ました。



まだ長男が高校生、次男は中学生。
家族4人で、長男が進学を考えている
南ニューサウスウェールズ大学

なんてのはないが、どうやらオーストラリア🤣)
体験入学(ってのも架空😆)の朝のこと。


ホテルを出て坂を下ったところにある、
蔦の絡まった大学行きのバス停にいます。
学生がわんさかいてとても賑やか♪

バスが到着すると、前後両方開いたドアから、
皆我先にと乗り込むので、
私たちは学生の波にのまれるように
家族バラバラに乗りました


乗って見回したら、主人息子ら
最後部の席に並んで座っていて、
私は真ん中あたりで押し競饅頭状態。


15分ほど揺られて大学前のバス停に着きました。
一気にドアへ流れる学生たちに翻弄されながら、
主人が、息子たちが降りるのが見えましたが、
は押し競饅頭されながら、
降車口と反対方向に流されて降り損ねてしまいました。


「あぁぁぁ💦降りるんだったのにぃ~😭」

仕方なくそのまま次のバス停まで乗り続け、
停まるなり飛び出して、
バスが下ってきた坂道を上り始めました

と、道路の反対車線を上っていく
大学行きのバスが・・・😲


「待って~❗待ってよぉ~❗」
叫びながら手を振ったけど、行っちゃった・・・。


必死の形相の私を見てそこにいた若い女性が、
「大学へ行くのなら、こっちが近道ですよ。
一緒に行きましょう」
と声を掛けてくれました。

あぁ、ありがたや~😙


彼女の後をついて行くその道は、
バス通りの坂道よりも勾配がきつくて細く、
ところどころで街路樹の張り出した枝に
行く手を阻まれるようなけっこうワイルドな脇道



坂を上り切って石畳が敷かれた
人がやっとすれ違えるような細道に出ると、

彼女は、目の前のY字路で、
右手にある石畳ではなく、
左にある洞穴のような石のトンネルへ
スタスタと入っていき、

「この横道を抜ければすぐ前が大学です。」

ニコヤカに言うなり、
5mほど先に見える
なぜだか綿の花柄プリントで覆われた
細い穴の中を匍匐前進
し始めました。


えぇぇぇ😱あんなに細いとこ、私ハマっちゃうよぉ😨

けれど、そこを通らないと大学へたどり着けないから、
ピンクや黄色の可愛い花柄の中を、
匍匐前進していた
んだけど、
途中で花柄の生地が足に絡まって、
足を前後左右に動かしてもほどけないし、
体をクネクネやっても絡まってる
から前進しません。

何❓ 何なの、これ~❓ 誰かぁ~❗ 助けてぇぇぇ❗


もがいてもがいて、もがいているうちに
目が覚めた・・・😯 汗かいて・・・😓


横向きで寝ていた布団の中で
ホントに匍匐前進
してたらしくて🤣、
掛布団カバーが足に纏わりついてました


夢見ながら体がホントに動くの!?

掛布団カバーをバサバサと取り除けながら
自分の仕業に驚くやら可笑しいやら


風景や状況がリアルな夢を見たことは
何度もありますが、
いつだって寝相には関係なく
頭の中だけで起きていること

だと思っていました。

まさか実際に布団の中でもぞもぞともがくとはねぇ・・・。




皆さんは、夢の内容にそって
寝床で体を動かしたことありますか?







2022.12.27 Tue l l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨夜8時頃に
サーサーと静かに降り出した雨
は、
床に就いた11時過ぎから、
周囲のすべての音をかき消すほどの
土砂降り
になりました。

またどこかで浸水だの洪水だのって
騒ぎにならないといいのだが・・・

と思っているうちに眠りに落ちたみたいです。



その大雨の音をBGMに見た
昨夜の夢はみょうちきりん


私は息子たちの小学校のボランティアで、
サマースクールの引率をしています。
(息子たちはいないけど。)

今日は歌舞伎鑑賞会!

10数人の子供たちを
辺り一面白塗りの無機質な会場へ連れて行き、
「始まるまでにお手洗い済ませて来てくださ~い!」



・・・といつの間にか引率じゃなくなっていて、

その同じ白塗りの会場のロビーにある
革張りのソファに腰かけた母
に、

「そろそろ中に入ろうか。始まるよ」
と声を掛けたら、
母は「私はいいよ。ここにいる」と動こうとしません。

「せっかく来たんだからさ、行こう!」
促されてしぶしぶと重い腰を上げた母のために
ドアを開けた私は
「えっ!?何っ?どうしたのこれ??」

座席の足元がプール状態・・・。
すでに着席している観客
これが普通といった風情で
膝下まで水に浸かっているのに済ましています


ビックリしている私を置いて、
母はいとも身軽にそのプールの水面を蹴って
ひょ~ぃ!ひょ~ぃ!
跳ぶように自分の席目指して
行ってしまいました。


「お、お母さん、ちょ、ちょっと待ってよ!」
水に足を入れたものか躊躇する私は、
幕が上がり舞台上に
紋付き袴姿の尾上右近さんと尾上松也さん
が現れた
のを見て慌てます。


と、すぐ右手の座席から
「りんごちゃん、早く席に着かないと!」
と懐かしい女性の声
が聞こえました。

もう10年ほど前に早逝した従姉でした。


「あ、うん・・・」
水に一歩踏み入れたら、目が覚めました。



久しぶりに母が出てきた・・・。
従姉まで出てくるとは・・・。


しばらく寝床でぼぉ~っと考えました。


あぁ、もうじきお盆だよね・・・。
実家のあたりのお盆は7月なのです。


去年日本を発つ前には、
「来年の夏ならコロナも落ち着いて、
日本へ行くのも多少楽になるだろうから、
できれば初盆に帰って来たいなぁ」

なんて思ったのですが、
そうは問屋が卸さなかったですねぇ。

相変わらずビザ取らなくちゃならないし、
初盆では「緊急性あり」とはみなされないだろうから、
ビザは簡単に下りないだろうし・・・。

大体、昨日も書きましたけど、
この夏、カナダの空港・航空会社は信用ならない

今となっては、一周忌に希望を繋ぐしかありません。




なんていう渡航問題はさておいて夢の分析。

従姉が出てきたのには
やっぱり「お盆だよ~」の知らせに思えます。


小学生の引率は、
昨晩のニュースに出てきた
サマースクールの話題を見て、
ウチの二人もあちこち通ったなぁ・・・と思い出したこと。


無機質な真っ白い会場は、
日曜日の夜に見たドラマ「Westworld」のせい。
主人公たちが潜入したパーティ会場の建物そのままでした。


歌舞伎が出てきたのは、
週末にネットでみたいくつかのクイズ番組に
尾上右近さん、尾上松也さんが出ていて、
「歌舞伎ではどんな役を演じるのかな~」

ググったりしたからでしょう。



母が劇場の中に入りたがらなかったのは、
4年前、最後にコンサートに出かけた時に被ります。

コンサートホールまで徒歩1分のホテルの部屋で、
認知症が進んできた母は、
なぜか「出掛けたくない」を繰り返したのです。

どうやって連れ出せたのかは覚えていませんが、
ホテルの建物を出てコンサートホールが見えたら、
目に見えてルンルン♪
していました。


あ、そうか!
夢の中でドアを開けたら
ひょいひょいと先へ行ってしまった
は、
そこだったのかも・・・。



で、座席足元のプールは、
BGMになってた大雨
でしょうねぇ、やはり。



明けてみれば今日はすっかり晴れ上がっていて、
どこにも水の被害の話はなし(ホッ!)


お盆には帰れないけれど、
ここから手を合わせて、
母の好きなアイスクリームを
母の代わりに食べて過ごしましょうか
、ね。


アイスクリーム

コーンよりもカップのアイスが好きだったね、お母さん






2022.07.05 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日5月4日が「スターウォーズの日」
というのを書き込みました。

朝のラジオからずっと、夜のニュースにまで
スターウォーズの何かしらが登場。
嫌いじゃないので「ふんふん♪」気分で
ちゃんと見ていたのがイケナかった




今朝方の夢の中で、
私、BB8になってたんですよ・・・。

私

で、土埃を上げながら
BB8(私)は必死で一塁まで走った(転がった😆)!


セーフ!



・・・ってところで目覚めました。


バットを持つ腕のないロボットBB8
野球選手ってのも訳わからん
けど、
そもそも運動苦手な私が走る夢ってのが笑える🤣




なぜ野球の夢だったのか?というのは、
絶対にこれ↓

野球

これも昨日は1日中、
どのニュース番組にも取り上げられてた話題です。

5月3日、トロント・ブルージェイズ対NYヤンキースの試合
ヤンキースのジャッジ選手のホームランボール
ブルージェイズのファンが拾ったんだけど、
そのままスーッと、
すぐそばにいたヤンキース・ファン、
それもジャッジ選手のファンの少年に渡した
・・・
という心温まるお話。


こちら↓がその顛末の動画です。
CBCのサイト
(日本でも見られるかしら?だといいのですが~。)



夜のニュースでは、
このお二方のインタビューもあって、
興奮さめやらぬ少年と
騒がれてちょっと困惑気味な男性

ゲーム後の様子が流れました。



ここんとこ、暗いニュースや不穏な報道が多い中、
世界の片隅のほんの一握りの人たちの、ではあるけれど
ちょっとイイ話
だったので、
私はこのニュースは何回見ても繰り返し
ほのぼの嬉しくなっていました。



という訳で、
スターウォーズ+野球の夢は
いとも簡単にタネ明し
ができてスッキリ。



でもなぜに私がBB8なのだ?

確かに体型がそっくりなのは否めないが~(笑)






2022.05.05 Thu l l コメント (0) トラックバック (0) l top