FC2ブログ
以前、日本の地名や人名などの翻訳で、
漢字の読み方が判らないと困るといったことを書きました。
(↑漢字にフリガナ -別ウィンドウが開きます)


今回依頼された翻訳は、
普段とは逆の、英語から日本語です。


総じて英語の文章については、
その分野の専門用語と言い回しにこそ苦労してますが、
日本語の文を構築するのにさほど問題はありません。


問題になるのは、文書に登場する人物の個人名なのですよ・・・。



当然のことでアルファベット表記ではあるものの、
インド系と中国系とベトナム系と・・・って、
よりによって日系の名前以外にも、
まぁ国際色豊かな人名がいくつも並んでましてね。



蛇足ながら書き添えますと、
アルファベット表記された英語圏以外の人名や地名は、
アルファベットを読んだそのままの発音ではない
ことが
往々にしてあります。

え?そんな読み方するの?っていう・・・。



女優のSaorise Ronanさん↓

Saoirse Ronan

彼女の名前を見たままに読むと、
サオリーズとかセイオリーズってところでしょうか。
でも、正確にはシアーシャなんですよね。

どこがシアー?どこがシャ?って・・・(笑)。




そういう訳で、今回の文書に出てくる
インド系の名前が読めず、
どうカタカナ表記をしたものか

頭を抱えていたその時・・・



「お母さん、友達と映画観に行ってくる」
ドアを開けて次男が顔を出しました。


友達っていつもの仲間?

「そうだけど?」


次男「いつもの仲間」はインド系移民です。


あのさ、ちょっとお願いがあるんだけど~・・・。
これとこの名前、何て発音するか教わってきてくれない?
ポップコーンとドリンク代出すから~。

(食べ物で簡単に釣られてくれる人 -笑)


数時間後、帰宅した次男に発音してもらって、
それを私が聞き取ったままにカタカナ表記


思った通り、字面とは微妙に違う音でした。

ありがとね~、次男の仲間たちよ!



オマケで書いておくと、
文書に出てきたベトナム人はNguyenさん

このお名前、中学生の頃に読んだ雑誌に
「ニュイエン」と書かれてあったので、
そう鵜呑みにして信じていました。

カナダに来て息子らが最初に通った小学校でできた、
ベトナム人(兄弟)の友達の姓がNguyen。
なので、ニュイエン兄弟だと思い込んでいたら、
「ウィン」と発音すると息子らに教わってビックリ!

・・・という経験があったので、
迷わず「ウィン」と書きました(笑)。



ホント、英訳するのも和訳するのも、
人名・地名など固有名詞は難しいです・・・(タメイキ)。






スポンサーサイト
2018.10.14 Sun l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
すっかりご無沙汰してしまいました。

いつだったか、
「こまめに、手短にアップしよう」
と決めたはずなのに、
守れない私・・・。

息子たちが夏休みに入って
時間的にまとまった余裕ができたので、
今後は「こまめに手短に」
書き込もうと思います。

守れよ、私!!




4月の最終週に学年末試験を終えた長男
無事に進級できました。

今月から8月一杯までの長い夏休みは、
夏期講習を受講しようか、バイトしようか・・・

なんて考えてると言う割には、
愛車スカイラインを乗り回してばかり
どうするのかしら???



次男は4月の半ばから夏休み。
大学卒業が決まったので、
本来なら就職活動を始めるところですが、

研究室の教授から、
「夏の間だけ研究手伝ってよ」
とお誘いがあったので、

履歴書にプラスになるだろうし
多少なりとも収入になるし・・・と
今月から教授のお手伝いです。

が、いわゆる在宅勤務
研究内容が、自分が最後に関わったプロジェクトの延長なので、
データは全て自宅のコンピューターにあるから。
週に一度、ミーティングに出向くだけでいいんですって。



というわけで、息子たちは今、
のびのび羽根伸ばしてます。


もしかしたらこの夏が、
家族4人で過ごす最後かも・・・って思ったら、
ちょっと貴重な時間に思えてきましたよ。

何かステキな思い出作れるといいなぁ・・・。









2018.05.05 Sat l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
ニュースを見ていた次男が素っ頓狂な声で、

「この子の前歯、すっごくデカくね!?」


振り返って見ると、
確かにインタビューされている女の子の前歯は、
デカい。
けれど、どうみたって彼女はまだ6~7歳だから、


きっと前歯だけ永久歯だからだわよ。

「へぇ、オレのもあんなだった?」

うん、小学校2年生くらいのあんたもああだった。




そこから派生して、歯医者さんで抜歯したこと、
その歯はまだ仕舞ってあること(←乳歯のお値段)を話したら、


「あぁ、憶えてる、憶えてる!

あの時のDr.ハリソンはすごかった。
オレの心の準備ができる前に
『グイッ!』って抜いちゃった
んだよね。
え?もう抜けちゃったの?って感じでさ~(笑)

めちゃ早業でびっくりしたけど、
抜歯のコワさを感じる間すらなかったもんね~(笑)」




次男がDr.ハリソンの前にかかったDr.ポーターは、
とても穏やかな笑顔で子供に対峙してくれる人でした。


治療中・処置中に
「大丈夫かな?痛くない?」
次男にマメに声をかけてくれたり、

次男がちょっとでもしかめ面すると、
「あ、ごめんね、ごめんね。
もうじき終わるからね。すぐだからね」

優しくなだめてくれるので、

横に付き添って見ている私も、
何となく安心していられたものです。



何度かお世話になったうち、
1本だけ抜歯することになりました。

次男はその時のこともよぉ~く覚えていて、

「麻酔してるから、痛いわけじゃないけど、
1本丸ごと抜くんじゃなくて、
いくつかに小さく分割してから抜いたのよ。

んで、分割されてるときの
歯が砕ける感覚とか音とかが、
やっぱり気持ち悪くて怖い
わけ。

そすっとさ、Dr.ポーターは
『ごめんね、ごめんね。あとちょっとだからね』
とか言うんだけど、

そう言われたってすぐ終わらなくて
やたら恐怖心煽るだけなんだよ。

ごめんじゃねーよぉ、もう止めて欲しいよぉって
ずっと思ってた
んだよね。」


そっか、いくらSorryを連発されたって、
イヤ~な感覚がなくなるわけじゃないもんねぇ。


「だから、『ごめん』どころか
『抜くよ』すら言わないけど、
麻酔が効いたの確認したら、
いきなり『グイッ!』で丸ごと1本、
10秒もかからずに抜いちゃったDr.H
が、
オレは潔くて好きよ。」



ネットでお医者さんのレビューを見ると、

Dr.ハリソンは星が3つ半で、
コメントも玉石混交。
次男が経験したように「治療が速い」ことが玉で、
石の意見は「治療が荒っぽい」ことのようです。

Dr.ポーターは?といえば、
星が1つ多くて4つ半、
コメントも「穏やかで気遣いがある」
などとあります。


時間をかけて穏やかに済ませるのと、
気遣いはなくても短時間で終わるのと
どちらが良いか・・・。


歯医者さん選びのポイントの一つかもしれませんね。




2018.03.26 Mon l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
8月の末に、長男次男揃って、
長髪をバッサリ切りました。


同じ理髪店に(別々に)行ったのですが、
まず首のあたりで一纏めにバッサリと切ってから、
短髪のスタイリングだったそうで、
二人ともそれぞれ30センチくらいの
髪の束(ポニーテール)を持ち帰りました



この髪の束は後日、
カナディアン・キャンサー(癌)・ソサエティに
寄付
しました。

患者さんのためのかつらを作るんだそうです。

ゆる~いウェーブと少し茶色味のある長男の髪
真っ黒で真っ直ぐでぶっとい次男の髪

長男の髪は多いけど細い(←父親譲り)から、
万人向けっぽいと思えますけど、
次男の方は、ものすご~っく剛毛(←母親譲り)なので、
かつら職人さんも扱いづらそうな・・・。

無事どなたかのお役に立てれば幸いです



私は以前から、
息子たちに、長髪はもちろんのこと、
「耳にピアス開ければいいのに~」
なんてことを言っては、
ケンモホロロに却下されていました。

なので、2人揃って長髪になったときは、
もうすっごく嬉しかった
のが本音です。


でも・・・フツーの男に戻ってしまったわ・・・。
あ~、つまんな~い!





などという母の想いに無頓着な当事者たちは、
思いっきり短くしたら、
「頭・・・ってか首から上が軽くなった!」とか
「シャンプー終わるのが早すぎて物足りないくらい」
などと言う一方で、

「この楽チンをキープするには、
毎月床屋に行かなくちゃならない・・・。
お金がかかるな・・・。」

と言うのは渋ちんの長男

「床屋代払いたくなければ、
また伸ばすだけさ~♪」

と暢気なのは次男



もうじき1ヶ月が経つんだけどね。

どうするのかな~?
伸ばすのかな~?
それとも、床屋さん行くかな~?


私は黙って見ているつもり。

だって、また長髪になったら嬉しいし、
ヘタに
「床屋さんどうするの?」なんて声かけたら、
「散髪代、カンパしてよ」って言われそうですから(笑)






2017.09.21 Thu l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年9月第一月曜日は
「Labour Day(労働者の日)」の祝日であり、
大抵の学校の夏休みの最終日でもあります。



4~5日前から騙し騙し使っていた
デスクトップのワイヤレス・マウスが、
昨日とうとう昇天したので、
さっき近くのオフィス用品店に出掛けたのですが、

いつもなら閑古鳥でいっぱいの店内が、
賑やかな親子連れで溢れているではないですか!?


明日から始まる新学期のための
文房具のお買物なんですね。


お店の入口に置いてある、
各校の必要品リストに則って、
カートに文房具を入れていくんだけど、

小学生あたりだと、
「この色(デザイン)はヤダ~」とか
「こいつ(姉か妹)のは良くて、
なんでオレのはダメなんだよー!」
とか
店内で親子・兄弟喧嘩が始まってたりするし(笑)、

もっと大きな子になると、
ラップトップやタブレット、
あるいはその関連商品で
親の予算と揉めてたり・・・。


通りすがりに見ているこちらは、
微笑ましいやら可笑しいやら・・・。
どこも新学期のお買物はたいへんです(笑)。



で~もさぁ、丸2ヶ月っていう長~い夏休みだったんだし、
新学期が9月5日から始まるのは最初から判ってたんだし、
「Back to School」のセールはとっくに始まってたんだし、

なぜもうちょっと前に済ませておかなかったのさ~?


おかげで私は、
マウス売場を訊くにしても
店員さんは皆忙しくてつかまらないから、
広い店内をウロウロウロウロ全部歩き回っちゃったし、
レジは長蛇の列になってて、
いつもなら5分もかからない買物のはずが、
30分くらいかかっちゃった
のよね・・・。



祝日だっての忘れて行っちゃったのがマズかったな。

・・・てか、せめてもう一日マウスが生きてたら良かったのにな。






2017.09.04 Mon l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top