FC2ブログ
昨夜、皆が寝静まった時間帯にも
緊急に頼まれた翻訳仕事をしていました。



閉めたドアの向こうから聞こえてきた、
「ふにぃ~♪ふにぃ~♪」
猫のリロが呼ぶか細い声で、

あっ!



夕食直後からずっと篭っていたために、
リロの夜食やトイレの始末を
すっかり忘れていた
のです。



慌てて階下へ行き、
リロの器をドライフードで満たし、
新鮮な水をボウルに注ぎ、
猫砂を整えてやった後、

手を洗ってそこを離れるときに

ガツンッ!

あっつーーーーぅっ!!!


右足の小指を
ドアの角にしたたかぶっつけて


っくぅーーーーーっ・・・


涙目・・・。



Fxxk! Fxxk!! Fxxk!!!


普段は絶対に使わないFワードが
思わず口から零れましたね・・・。




勝手知ったる自分の家ですから、
ちゃんと灯りを点けないで、
常夜灯の薄暗がりだけを頼り
動いていたのもマズければ、

そもそも仕事用の眼鏡をはずしたのに
普通の眼鏡をかけずに、
ぼぉ~っとした視力のまま

動いていたのもマズかった・・・。



右膝が痛い上に、
右足小指までガンッ!・・・っちゃ、もう・・・

なんで右足ばっかり・・・(涙)

それもこれも、
自分の不注意だから余計に腹立たしいです(苦笑)




すぐに冷やして冷湿布剤を貼ったせいか、
腫れ上がることもなく、
ジンジン痛むだけで済んでいますが、


久々の足の小指ぶっつけ事件に、

暗いところは、
「目を瞑っていても歩けるとしても、
ちゃんと電灯を点けて動こう」

と改めて肝に銘じました。




くっだらない話題ですみません。

あんまり痛かったのと、
自分のバカさ加減に呆れたのとで、
書かずにいられなくって~(笑)。

お目汚し、失礼いたしました。





スポンサーサイト



2020.01.08 Wed l しょーもない話 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今朝6時を少し回った頃、
電話がけたたましく鳴りました。


夜中や早朝の時間帯にかかってくる電話は、
いつもドキッ!として飛び起きます



しかし・・・電話番号を見て、
「何だよ、こいつーっ!」

アメリカのどこかからの長距離電話です。
無視して留守電に任せました。

あ~あ、あと30分は眠れたのにぃ~。



7時を回った頃
主人の朝食の支度をしていたら、
また電話が鳴りました。

これくらいの時間だと、
主人の仕事関係も考えられるのですが、

電話のディスプレイには
またしてもアメリカの電話番号です。

朝の一分一秒も大事な時間に、
どうでもいい電話掛けて来るなーーーっ!!




ここ数年すごく増えた、詐欺の電話です。
オレオレのような会話を伴うものではなく、
一方的に録音が流れてくるものがほとんど。


クレジットカード会社を名乗って、
「あなたのカードが不正に使われた恐れがあります。
詳細を知りたければ①を押してください
とか言うんです。

あるいは航空会社のキャンペーンだといって
「あなたはカリブ海バケーションに当選されました。
詳細を聞きたければ①を押してください
とかなんとか。

国税庁だの司法機関だのを名乗ってくる輩は、
「放置した場合は法的措置が取られます。
詳細を聞くには①を押してください
などと脅しにかかります。


①を押すと、カード番号だのメンバーシップ番号だの、
いくつも何度もプッシュボタンを押させて、
まんまと大事な情報を盗み取るという手口です。



なんで知ってるか?っていうと、
何度か試しに応答したことがあるんですわ、
「何したいのかな?」って好奇心で・・・(笑)。



誰だってお金は大事だし、
ちょっとでも得できると嬉しいし、
厄介なことは避けたいし・・・

そういうところに付け込んで、
個人情報を盗む
んですよねぇ。

ホントにしょーもない悪党どもです・・・。



固定電話には電話番号しか表示されませんが、
iPhoneに掛かってくる迷惑電話は、
番号だけでなく地名も出てきます


どうもヘンなのは、
電話番号は北米なのに、
地名が南米のベネズエラだとか
コロンビアだとか、コスタリカなんていう
の。

番号と地名が一致してないんだから、
「怪しい以外の何モノでもない」
(どうしてそういう表示になるのか判らないけど。)



知らない電話番号は、
いつも怪しんで間違いありません
よね。
留守電に任せるに限ります。

本当にウチに用事があるのなら、
ちゃんと留守電にメッセージ残すだろうし、
緊急なら何度もしつこくかけてくるでしょうからね。


年末は詐欺が横行しやすいです。
慌しい時季ですが落ち着いて、
悪者の手口に嵌らないよう気をつけましょう!







2019.12.10 Tue l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新しいiPhoneにはボタンがありません

ボタンなし

赤○の中の横棒をスィ~ッと上にスワイプするのです。



「ボタンを押してアプリを閉じる」
という操作は、
灯りを点けたり消したりのスイッチのように、
物理的で判りやすかった
ので、

ボタンがなくなったiPhoneの画面は、
ホントにこれでいいのか?
最初おっかなびっくりでした。


おっかなびっくり触って(タップして)たからか、
予想外の画面になったり、
削除するときのようにアイコンが震え出したり、
「わわっ!?」となることもありましたが、
そんなのも数日のこと。

今はもう、スィ~ッと使えるようになりました。





そうしたら今度は弊害が・・・(大げさ~!)。

iPadのアプリを閉じるときにも、
ボタンを押すのではなくて、
画面をスワイプするようになっちゃった・・・(苦笑)。

ボタンあり

こんなに大きなボタンが
しっかりついているにも関らず、

ついつい画像の一番下の部分を
スワイプしては「あ、違った・・・」


無意識にやっちゃうので、
開けていたアプリによっては、
要らんページが開いて「きょっ!?」

困ります・・・。





実はねぇ、似たようなことが、
普段使うデスクトップのコンピューターでも・・・。


ラップトップは数年前から、
タッチスクリーンのものを使っている
のですが、
普段はもっぱらタッチではなく、
ワイヤレスのマウスで操作しています。

マウスの電池切れとか何かで、
たまにタッチでラップトップを操作をした後、
デスクトップで仕事をすると、
ついつい、モニターの画面を触って
選択だのスクロール
だのしようと
しちゃうんです。


動くはずもない画面を前に、
「あ、違うじゃん・・・」
1人でツッコんで
1人で乾いた笑いをとる私。




こういう切替の下手くそさって、
つまるところ、私がアナログ世代だからかなぁ。

それともただ単に、認めたくないけど
年取って頭の回転が鈍ってきただけかぁ?


いっそのこと、何もかも、
「タッチスクリーンでボタンなし」
にしてくれ~ぃ!!






2019.11.24 Sun l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まだ私が高校生の頃の話なんですが、

地元に新しいラーメン屋さんができました。
表通りから2本くらい裏に入るという
目立たない立地にも関らず、
毎日外に行列ができる
ほどの、
当時としては珍しい人気店になりました。

姉が彼氏と早速出掛けたところ・・・。



2人で頼んだラーメンは、
にんにくがたっぷり効いたチャーシュー麺(だったと思う)。
すごく美味しかったと興奮気味で話してくれました。


ラーメンはホントにね、
今までこんなの食べたことない!ってくらい、
美味しかったんだけどね・・・」


だけど・・・?

「お店の中の雰囲気がつらいのよ・・・。」


そのラーメン屋さんは、
店主と奥さんと使用人が1人いて、
店主と使用人が厨房で調理、
奥さんは接客専門
です。

この店主が、短気っていうかワンマンっていうか、
やたら怒鳴る
使用人や奥さんの仕事が遅いといって叱りつけたり、

まだ乳飲み子がいて、
お店の奥でお祖母さんが面倒見てるんだけど、
赤ちゃんが泣くとそれだけで
うるさい!と怒鳴る
とか・・・。

そんなに大きなお店じゃないから、
そういった内輪のことでも
怒鳴れば店中に響き渡っちゃうわけで、

ラーメン食べてるお客さんは、
なるべく店主の方を見ないように、
ただただラーメン見つめて
ズルズルすするのみ



だから、美味しいんだけど、
居心地がとっても悪いんだ
というのが、
姉の話でした。



それからしばらくして、
美味しいモノに目がない埼玉に住む叔父が、
そのラーメン屋さんの噂をどこからか聞いていて、
実家方面に出張のついでに
食べに行ってきました。

「ラーメンは美味いんだけどさ、
あの雰囲気はダメだねぇ。」




ある日父の元部下だった方が、
そのラーメン屋さん
お持ちかえりラーメン・セットを
分けてくださいました。

「美味しいんでぜひ召し上がってほしくて。
この店、店内で食べるのは
ちょっと気が進まない
んですけど、
こうして持ち帰りさせてくれるので、
家で作って食べてるんです。」


両親も祖母も私も、
どれほど美味しいか知りたかったけど、
怒鳴る店主の前で食べる気はさらさらなかったので、
もう万々歳、最敬礼で有難く頂戴しました。


で、この後、一度だけ、
姉と彼氏が私をお店に連れて行ってくれたのですが、

いやぁ、凄かった・・・。
マジで、今でいうなら完璧なパワハラ
奥さんにも若い使用人にもお祖母さんにも、
たいしたことじゃないじゃん・・・てことに
いちいち突っかかる
ように怒鳴ってました。

感じ悪~ぃ・・・って印象しか記憶に残っていません。



それから何年も経たずに、お店、なくなりました。



もしもイマドキこんなお店があったら、
怒鳴ってる動画なんかSNSに上げられて、
パワハラだのDVだの扱いされて、
美味しくても★の数が少なかったりして

大騒ぎになっていたでしょうね・・・。



40年以上も前の田舎のラーメン屋さんの話。
バタバタの最中にネットで見かけた
美味しいラーメン屋さんの記事を見て
思い出したので書き始めて、
やっと今書き終えたものです(汗)。






2019.11.07 Thu l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
本棚の片付けを始めたんですが、
4段あるうちの上2段しか片付かなかった・・・。



「後で片付けよう」と、
棚の隙間にチョイ置きする、
イケナイ癖を持つ私。

チョイ置きだって
チョイチョイやってりゃ山になる。


長男に訊かれて、
使っていないイヤホンを探す羽目になったら、
チョイチョイ山に阻まれて、

普段使わないイヤホンやケーブルを入れた
小さな籠を取り出せなかった・・・
より以前に、籠に手が届かなかったのです(恥)。


チョイチョイ山を少し取り崩して、
長男の欲していたイヤホンだけは取り出したけど、
部分的に取り崩したチョイチョイ山は、
めちゃくちゃだらしない様相になってしまったので、
今日は予定外の片付けになったという訳(汗)。



チョイチョイ山は2段目だったんですが、
どうせなら上から順に片付けようと、
意気込んで始めました。

しかし、チョイチョイ山はなかなか手強かった・・・。



辞書やら参考書やらの後から、
気づかぬうちに雪崩れたチョイチョイ物
出てくる、出てくる・・・。

ずいぶん昔のソフトウェアの取説、
使いかけのラミネート版、
母のところから持ち帰った古い写真、
文庫本・・・。


どれも、「後で内容を確認して」だの
「仕舞う場所を作るまでね」だの、
チョイ置きした理由はすぐに浮かびました(苦笑)。

こうなるともうチョイ置きじゃないよね。
無分別なちゃんと置きですよ・・・はぁ。



それで、雪崩れたモノも含めて、
チョイチョイ山のモノを全部、
ゴミ箱・リサイクル・シュレッダーに分別

手元に残すものは、
写真だのカードだのケーブル類だのに
分別してからバスケットに収納


分別するにあたって、
CDやメモリカード、メモ帳など
中身を確かめるので時間がかかったため、
5時間で2段しか片付かなかった
のでした。



下の2段は明後日片付けます。
でも、ここはチョイチョイ山ではなくて、
すでに分別されている書類や
書類保管用のファイルやポケット類を
整頓するだけなので、
5時間もかからずに済みそうです。


自分の仕事場だから、
多少グチャグチャでも
誰にも迷惑かけないんだけど、

やっぱりねぇ、チョイ置きは止めたがイイですね・・・。

もうチョイチョイ山は作らないぞっ!と。





2019.10.07 Mon l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top