FC2ブログ
3年くらい前から、
我が家のティッシュ・ペーパー
アマゾン・カナダから定期購入しています。

定期購入の利点は、
購入量と消費量の収支がはっきりわかること。

それまではなくなってはスーパーで買い足していたので、
実際にはどれほどの期間にどれほど使っていたのか
明確に把握できていませんでした。

そうしたら、ウチは思いのほかたくさん
ティッシュを使っている
ことに気づきました。


最も無駄遣いっぽいのが、
どうやら私の目薬の点眼時


あれ、ホンの1~2滴の目薬を、
目頭で押さえて拭うだけ、
それも私の場合は片目だけなので、
それほど大きな面積必要ないんですよね。

けれど、1日3回、つまり3枚のティッシュを、
まだ使える乾いた未使用部分を多く残して
ポイッ!
しているわけです。

あぁ~もったいない・・・。



どこで見たのか忘れたのですが、
トイレット・ペーパーの可愛らしいケース
中にロール一個入れて、
点線で切れるサイズ一枚ずつ使える代物です。

トイレット・ペーパーの一区切りなら、
目薬の1~2滴にピッタリ!



というわけで、
またしてもアマゾン・カナダから、
まぁるいトイレット・ペーパー入れを買いました。


使えますね~、トイレット・ペーパー
こうしてティッシュとして使い始めたら、
目薬以外でも、小さくても充分足りる用途って
いろいろある
ものなんですね。

おかげでティッシュ・ペーパーの消費量が
かなり減りました




それではトイレット・ペーパーの消費量が増えたか?
というと、ちゃんと数えたことはありませんが、
1ロールがかなりの日数使えるので、
意外にもさほど変わっていません



なぜ今までこういった使い方に気づかなかったのか?
と思いました。「トイレット・ペーパー」という名前のせいで、
トイレで使うモノという思い込みがあったからじゃないかな。


名前変えたらもっと売れるかもしれないよ~(笑)。
(あ、ティッシュが売上げが落ちるか・・・?)




スポンサーサイト
2019.06.10 Mon l しょーもない話 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今朝歯磨きしているとき、
鏡に映った姿を見てふと思ったこと



なぜ空いてる左手を腰に当ててるんだ?


ほら、牛乳飲むときに腰に手を当てるの、
あの格好に近いんですよ。


慌てて腰から手を離したら、
何だかその手の行き場が見つからない・・・。

体の脇にブランと下げても
洗面台に手を付いてみても
空いてる左手が気になってしまって、
どうもはみがきに集中しにくい



で、結局のところまた腰に落ち着いちゃう。



ずいぶん前の「チコちゃんに叱られる!」で、

なぜ牛乳を飲むとき腰に手をあてるのか?

というのがあったの、憶えてらっしゃる方いるかしら。


理由はたしか、
牛乳瓶の口の広さのせいだったんですよ。

普通の瓶より広めの口から零さないように飲むには、
ある程度の角度で上を向かなくちゃならなくて

上を向くために反らせる体を、
腰に当てた手で支えるから
・・・っていうの。



そういう理由なら腰に手を当てるのも納得だけど、
歯磨きするのに、
私はどーして腰に手を当てちゃうのかなぁ???




皆さんは歯ブラシ持たない方の手
どうしてますか?




私は明朝もきっと、
無意識に左手が腰に落ち着くと思いますけど~(笑)。




2019.06.03 Mon l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、アマゾン・カナダの
マーケット・プレイス出品者から、
素足で履ける夏用のスリッポン靴を買いました。



私はいつも、気に入った商品を見つけると、
カートに入れる前に必ずレビューを読みます

特に星の数が少ないレビューには、
しっかり目を通します。

その上で納得できたらカートに入れて
購入手続に進む
ようにしています。


基本、レビューのない商品には、
よほど知られたブランドや、
他で良い評判を聞いたものでなければ、
手を出さないのが私の方針(笑)。



さて、そうして購入したスリッポンのレビューは
平均の星の数が4つ半

星1つや2つを読んでみても、
商品の不具合ではなく
購入者の都合による不満足で、
特段気になる内容ではありませんでした。


ところが、注文の翌日届いたその靴は、
まるでサイズが合わないんですわ。
ぶっかぶっか!
ムリヤリ歩くと踵がパカパカ脱げます。

え~!? こんなにサイズが違うこと
どのレビューにも書かれてなかったじゃん!!


大抵のレビューが、
とても履き心地が良いとか、
ウェブサイトで見た通りだったとかで、
問題なさそうだったから購入したのに~!



ダメだ、こりゃ・・・で返品手続をし、
早速感じたままを正直に、
けれどきちんと丁寧に、
レビュー
として残しました。



そしたらねぇ、
今日、その出品者からメールが届いたんですよ。

「お気に召さなくて残念です。
ご意見をいただいた不具合は
調整するべく生産ラインに知らせました。
当社の他商品の中に、似た素材で
脱げにくいデザインのものがあります。
レビューの書き直しをしていただけたら、
その靴を無料で進呈いたします
がいかがでしょう?
お返事お待ちしております。」

ざっとこんな内容↑で、
その代替商品の写真が添付されてます。


実はこの代替商品も、
私が最後まで「どっちにしようかな~?」と
悩んだものなので、
タダでくれるんなら・・・?
とちょっとだけ食指が動いたのですが、

「お母さん、それってさ、
お母さんがレビューに残した2つ星を、
5つ星に評価し直して、
『とっても気に入りました~!』
ってコメントを書き直すってこと
だよ。
自分の良心を、そのタダの靴のために
売ることできる~?


息子らに笑いながらツンツン突かれて
我に返りましたよ(大袈裟~!)


いくら最後まで悩んで落とした方のデザインだとはいえ、
その一足(たかだか4~50ドル)のために、
率直な事実を曲げるのは、
私の良心を大安売りすること
になりますよ(笑)。

そりゃ何だかね、大したことじゃないかもだけど、
やっぱりです。

それに、今後買おうとする人のためにも、
商品の情報は正しく伝えた方がいいと思うし~。



それより何より、気が付いて驚いたのは、
もしかしたら私が買った靴の4つ半の星は、
そういう、ホントは不満足で返品したけど、
タダの代替品に良心を売った人たちが書き直したレビュー
の結果だったかもしれない
ってことです。

こりゃもう、詐欺まがいじゃないっすか、え!?

あたしゃ、詐欺の片棒担ぐなんざお断り!

ですから、やっぱりタダの靴は鄭重にお断りしました。


星4つ5つのレビューの全部が
魂を売った人(ヲイ!‐笑)によるものばかりとは
思いませんけど、
星1つ2つのレビューの方が、
きっとその商品の本質をついている
と、
今回のお買物で感じました。






2019.06.02 Sun l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の午後のこと。


毎日が日曜日の次男が、
「今日はゲーム・オブ・スローンズだ♪
オレのカレンダーに日曜日はないけど、
ゲーム・オブ・スローンズの日はあるんだよな~♪」

とニヤニヤ・・・。

しょーもないヤッチャ・・・と苦笑いしたのもつかの間、

「そういえば、ついこの前までは
日曜日ウォーキング・デッドの日だったっけなぁ」

我が身にも思い当たってしまいました(笑)。



日々のスケジュールは一応カレンダーに則って、
曜日を追っているつもりですが、

頭の片隅にはちゃんと、
月曜日は「9-1-1(消防署モノ)の日」とか、
水曜日は「シカゴ(病院と消防と警察)の日」とか、
金曜日は「ハワイ5-0の日

というように、
曜日とテレビ番組ががっつりタッグを組んでいる・・・(笑)。


この母にしてこの息子あり・・・か。

あ~ぁ、しょーもな~(自爆)。




2019.04.28 Sun l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨年の12月上旬
まだ私が日本にいた間に、
仕事から帰宅途中の主人が
玉突き事故に巻き込まれました


夕方のラッシュ・アワーで
あまりスピードが出ていなかったこともあってか、
大事に至ることはなく、

主人が負ったのは、
シートベルトとエアバッグの間に
挟まれたときの衝撃による
胸元の打ち身だけで、幸運でした。

この知らせを受けたときに、
エアバッグはホントに有効なのだと、
身を持って知りました。

ただ前後から挟まれた格好になった主人の車は、
即刻廃車
に決まり・・・。
全てにおいて至れり尽くせりなベンツだったので、
気に入っていた主人はちょっとガッカリしていました。



さて、あれから4ヶ月余り経った昨日
主人の下へベンツから封書が届きました。

もう保険の手続もすっかり終わって片付いたはずなのに、
「一体何だろう?」

ササッと読んだ主人
「見て、これ・・・」
と呆れたように私に手渡しました。

読んだ私も、「はぁ?


主人が乗っていた車種の、
「助手席のエアバッグのリコールのお知らせ」
でした・・・。

廃車の手続も保険も何もかもが済んだのは、
1月下旬のこと。
ベンツの顧客システムがどうなってるか知らないけど、
車両識別番号を調べれば
もう廃車になって久しいのは
判りそうじゃない?




無くなっちゃった車のリコール案内っちゃ、
何やってんだか~・・・。

ベンツのアフターケアは、
アフターのアフターまで続くのかもしれない
(笑)。





2019.04.10 Wed l しょーもない話 l コメント (2) トラックバック (0) l top