FC2ブログ
昨日カリームのフィジオセラピーで・・・。


昨日も6台ある施術ベッドは満員。
カリームとアシスタントのアシュリーが、
それぞれの患者と交わす会話
は途切れません。

BGMは、今日はボリウッド♪
インド系の患者さんが今週末結婚するので、
カリーム(この人もインド系だから)が、
気を利かせてお祝いの音楽を流していました。



さて私はといえば、
カリームが鍼を打ってくれたときや、
低周波治療器を当ててもらっている間、
いつも持って行った文庫本を読んでいます。
この時間は一番読書が捗る
ので好きです。



と、私の右隣の患者さんが入れ替わりました

アシュリーと挨拶し雑談する声は、
年配らしき女性。

アシュリーがそこを離れると、
カーテン越しに何かの本の朗読が聞こえてきました
最近流行のオーディオ・ブックスの類でしょうかね。

オオカミの群の構成や生態についての話です。


気にしなければいいのでしょうが、
淡々と語られる朗読が否応なしに耳に入ってきて
私は本に身が入らなくなってしまいました



と、朗読が止まり、数秒の沈黙の後、
今度はCBC(カナダの放送局)のニュース
今じゃどこでもケイタイで見られますもんね。

数分後、また一瞬の沈黙に続いて、
Youtubeか何かでしょうか、
モノの使い方の説明をする声が聞こえてきました。



・・・と、隣の女性はカリームが施術に来るまで、
ずっとこんな調子で、
ケイタイで、頻繁にチャンネルを変えながら
何かを見たり聴いたりしていた
のです。


私が鍼を打ってもらってからだから、
15~20分くらいなのですが、
いつもなら本の中に埋没する時間が、
今日はただ字面を追うばかりで、
何も頭に入ってきませんでした





回りにはボリウッドのBGMを初めとして、
カリーム、アシュリー、患者さんの会話、
タイマーのベル、トレッドミルのモーター音・・・
様々な音はたくさん、雑然とそこにあります


私は普段、それらはまったく耳に入らず、
本に集中していられる
のに、
なぜか、隣のケイタイから流れてくる
ヒトの声は、ズケズケと入り込んできます




一体どうしてでしょうかねぇ?



私の集中力が足りないって言われちゃったら
それまでだけど・・・。


願わくば、次回はこの女性と
同じ時間帯に鉢合わせしませんよう(ナンマイダ)






スポンサーサイト



2020.03.14 Sat l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
スーパーに行くとかならず使う
ショッピング・カートに、

前に使った人の忘れ物が・・・。


買物メモ


 500グラムの 脂少なめ牛挽肉
牛挽肉

 1個 中くらいのたまねぎ
たまねぎ

 にんにく
にんにく

 オレガノ
オレガノ

 500mlのさいの目切りトマト缶
トマト缶

 375mlのキドニー・ビーンズ缶
キドニー

   あるいはピント・ビーンズ缶
ぴんと


 ミルク  サワー・クリーム  チーズ




ふむふむ、このお家のメニューは
チリ(チリコンカルネ)かな?
チリコンカルネ


う~ん、美味しそうだわ~♪♪



ちょっとの間、
自分の買物メモを忘れて、

ウチもこれでいこうかな?

誘われちゃいました(笑)。




思わぬところにグッドアイデアは転がっている!



このメモにヒント貰って、
今夜のウチはタコス
です(笑)。






2020.03.01 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
ときどき見かける
化粧品か香水あたりのTVコマーシャルで、
これは止めた方がイんじゃね?と思うものがあります。


魅力的なモデルさんの衣装なのですが、
メリハリある上半身を包むのが
朱、黄、黒のハッキリしたボーダーのセーターで、
形の整ったお尻とスラリと伸びた足
を強調するかのようなレギンスが、
ほとんど肌色
なんです。


レギンスと真っ赤なパンプスとの間に
チラッと見える足首の色が違うので
「ちゃんと履いてるんだ」と解りますが、

初めて画面に映ったその姿を見た時には
「えっ!?」と二度見+凝視(笑)。


今ではビックリはしないけれど、
何度も見かける割には、
そのパンツの色の方が気になって
「なんでそんな色にするかねぇ~」
と毎度テレビに向かってつぶやいてるので、
商品名が目にも頭にもまるっきり残らないという・・・
CMとしたら逆効果だよね(笑)。



ところで、先日カナダのオンラインストアで、
ストレッチジーンズを買いました。

正札の半額以下になっていて、
いかにも売れ残って安くなった的な色
だけど、家の中で履くんだからいいやね、と
値段に抗えなくて購入したわけです。

届いたパンツを手にとって、
「あぁ、こりゃ確かに合わせづらい色だわな・・・」

一般的な色名では見つからない、
ホントに微妙な色で、
近いところで和の色名の
鴇浅葱薄柿・・・なんだけど、
それらともちょっと違うような・・・?って色です。


私はありきたりのおばちゃんファッションの人なので、
こういう色を上手に活かす術を知りません

だから、本当に家の中で着ています。
グレーのスウェットとか黒いフリースあたり
と組み合わせるのがやっとです。


先に書いた肌色レギンスも、
和の色合いでいうと洒落柿あたり。


鴇浅葱色洒落柿色も、
私には微妙で扱いにくい色ですが、
おしゃれが上手な人は、
これらもサラッと着こなしちゃう
んでしょうね。


でも、洒落柿色のレギンスは、
マジで止めたがよろしいと思いますけど~。






2020.02.03 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日は緑内障専門医の日でした。


この眼科クリニックの6つの診察室には、
眼球の模型や緑内障や白内障の図説パネルなどの他に

painting

こんな風に絵画が飾られているのですが、




昨日は新作に出会いました♪

golfer

「ワッ!ワニッ!!」
って慌てた声が聞こえてきそう(笑)。

なんか、診察室という場所には
とっても意外な置物というか、
ミスマッチというか・・・


可笑しかったです。



さて、昨日はいつもの緑内障の検診の他、
あの夢にも出てくるくらい迷惑な飛蚊症
(↑飛蚊症-別ウィンドウが開きます)の様子を診るのに
瞳孔を広げる必要があったため、
長男に運転してもらいました。



長男が運転すると
私とは違うルートを使うので、
普段と違う風景が見られます。



クリニックのすぐ側にある
マウント・ロイヤル大学です。

mount royal

10年くらい前にCollegeからUniversityに
昇格(?)した大学です。



マウント・ロイヤル大学近くのコンドミニアム

condo

カラフルな色遣いと模様が、
どこかヨーロッパのカフェ風
だけど、
れっきとした住宅です。
コンドミニアムらしくないところがユニーク。



高架橋の下の壁のアートは

wall art

「Jumping Trout (飛び跳ねる鱒)」
というタイトルがついています。
市内を流れるボウ川と、
そこに生息する数種の鱒を描いたものだそう。


カルガリー市内には、
作品によっては賛否いろいろありますが、
あちこちにこうした芸術作品が設置されています。



いつもの高速道路の脇にあるのが、
次男が家具やら何やらを調達した
世界のIKEA(笑)

ikea

ウチから車で15分くらい、
次男のアパートからも20分ちょいくらい。
高速のお陰で家具の買物も楽チン。



最後の写真は雪を被ったロッキー山脈

rocky mountains

背中に雲を背負っているので、
せっかくの山の稜線が見えづらいのですが、
スカーッと晴れて気持ちの良いお天気でした。


運転手がいたので
いつもは撮れない写真も写せたし、
緑内障と飛蚊症は居座ってるけど、
ま、いっか・・・な日でした(笑)。





2020.01.24 Fri l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
友達から聞いた面白い話です。



彼女のお友達キャロルには
一男二女がいます。

娘さんたち二人は、遠くの大学に進学したので、
その時点で立派に独立
されたそうですが、

息子さんはカルガリー大学だったから自宅通学
卒業後もカルガリー市内で就職して、
通勤の都合に良い場所で一人暮らしを始めました。


キャロルとご主人は
「これで子供たちが全員巣立った」
と一安心
していたのに、

息子さんがそれは頻繁に、
「お母さ~ん、手伝って~!」
「お父さ~ん、助けて~!」

と電話をかけてきては呼び出すので、

ある時お父さんが、
「甘ったれてんじゃないっ!いい加減にしろ!」
怒りました。


そしたら、こっそりお母さんにだけ
「助けて~!」
の電話をかけてくるように・・・。


キャロルだって、
いくら同じ市内に住んでいるからといっても
こう頻繁にあれこれ言ってくると、
「それっくらい、自分で何とかしなさいよ!」
とうんざりです。



と、ある日キャロルの友達が遊びに来ていたところへ、
息子さんからの電話
がかかってきました。

そのお友達は、息子さんの甘ったれぶりを
キャロルからを聞いていたので、

「私が出てあげよう!」


受話器を取って、済ました声色で、
「おかけになった電話番号は、
現在使われておりません。」



電話の向こうから
「え?何?あれ?え?」
独り言が聞こえて電話が切れました。


キャロルとお友達は大笑い!


しばらくして、今度は娘さんから電話
キャロルが普通に「Hello?」と出たので、

「あら、お母さんいたの?
あのね、ケヴィンが電話してきて・・・」


息子さん、お母さんの電話が繋がらなかった
(訳じゃないけど‐笑)と言って、
慌ててお姉さんに連絡したそうです。


繋がってたのに繋がらなかった電話の
顛末を聞いて、娘さんも爆笑!

「私も繋がらなかったってことにしておくわ~。
お母さんに頼れなければ、自分で何とかするでしょ。」



その後、息子さんは騙されたのに気づいたそうですが、
同時に「自立しなくちゃ」ってところにも
ちゃんと気がついた
そうです。




友達が私に、
「りんごも息子さんたちが家を出てっても
いろいろ言ってきたら、
この手を使うといいかもよ~♪」
って。


使えるわ~♪使いたいわ~♪
早く出てってくれないかな~(笑)。






2019.12.11 Wed l 面白いモノ・コト l コメント (3) トラックバック (0) l top