FC2ブログ
膝の治療で、
また鍼治療師のカリームにかかっています。

前回の治療中に
話してくれたことですが、

12月にカリームは、
鍼治療の講師として東南アジアに
3週間滞在しました。

出発当日の朝は、
ちょっと風邪気味だったけれど
鼻が詰まる程度だったし、
「さぁ、行くぞ!」という高揚感と緊張感もあり、
大して気にもせずに東南アジアへ向けて飛び立ちました。



十数時間後乗継のドバイ空港で
保安検査に並んだとき、
係官が何か言っているようでしたが小声だったので、
よくある同僚同士の雑談だと思っていました。


流れてくる手荷物の入ったトレーを
右から左へと滑らせながら、
その係官はまだ何か言っていますが、
首も左右に振りながらですから、
カリームはやはり自分に言われているとは
思いませんでした、


すると今度はカリームに面と向かって
ちょっと厳しい表情で、
両手を胸の辺りまで上げ
肩から腕を回す仕草
をして
ジャケットを脱ぐように示しました。



カリームはそこで気が付いたと言います。

その係官はずっとカリームに
「上着を脱いでここに入れて」
と言っていたらしいのですが、
正面を向いていなかったので、
聞こえなかった
のだということと、

普通なら横を向いていたって
聞こえるはずの言葉が聞こえてこなかった
という自分の耳の異常事態
に・・・。



誰でも飛行機の離着陸時には
耳が詰まるような感じ
がして
イヤ~なものです。

たいていは唾を飲み込んだりあくびをしたり、
ガムや飴を食べていれば
不快ではあってもやり過ごせlます
よね。

それが、風邪やアレルギー性鼻炎などで
鼻詰まりの症状があるときには、
少し重症化するらしい
です。


カリームは、
3日目くらいから普通に聞こえはするようになったけれど、
ぼぉ~っとくぐもるのはしばらく続いて、
すごく不快だったそうです。



「りんごは鼻炎持ちって言ってたでしょ。
日本へ行くときにその季節だったら、
しっかり鼻炎の薬を服用して、
症状を緩和させてから搭乗するといい
よ」

アドバイスしてくれました。


へぇ~、鼻垂れも鼻詰まりも、
その都度洟をかんでればいいと思ってましたが、
たかが鼻詰まり、されど鼻詰まり・・・
コワいですねぇ。



長距離長時間の飛行機、
膝が痛くなるだけでも困るのに、
耳が聞こえなくなったら大変なので、
次回からは搭乗前にかならず、
鼻をスッキリさせる対策を講じる
ことにします!


皆様も、お気をつけくださいまし。




スポンサーサイト
2019.01.20 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日銀行から次男のもとへ
一通の封書が届きました。

「あ!去年とうとう電話しなかったヤツだ、多分。」

あんた、銀行に何かやらかしたんかぃ?

「違うよ。クレジットの限度額上げてくれるって、
去年も通知もらったんだけど、
電話しないとダメなんだわ。
電話はやたら待たされるからヤなの。

んで、去年はそのまま忘れちゃって、
限度額も据え置きのままだった。」

あんた、まだ就職してないから収入ないし、
限度額上げてもらう必要ないじゃない。

「そりゃそうだけど、
ここじゃクレジットカードで
金銭的な信用度を測るから、
限度額が高けりゃ高いほどイイ
じゃん。」

あ、確かにそうだね・・・。



北米人が貯蓄しないけど
借金には躊躇しない理由の一つ
は、
これなんですね。

クレジットカードで買い物をする
  ↓
月々の返済をきちんとする
  ↓
この人は金銭的に信用に足るから
もっと限度額上げちゃれ~
(遣わせちゃれ~)
  ↓
遣ってちゃんと返済する
  ↓
さらに信用されて限度額上がる
  ↓
遣って返済して・・・
  ↓
信用されて上がって・・・

が積み重なっていくことで信用度が上がり、
住宅ローンなどの審査に通りやすくなります



専業主婦で定収のない私なんぞ、
年間7~800ドルしか遣ってないけど、
過去十何年きちきちと毎月返済し続けていたら、
信用度ガン増し!

月々の限度額が私の全貯蓄額を
ビョーン!と超え
てしまいましたよ。
誰がそんなに使うかっつーの・・・(笑)

挙句、「今なら利子安くしとくから、もっと遣わな~い?」
っていう勧誘の封書がちょくちょく届きます。

まぁ、世の中いつ何が起こるかわかりません。
いざっていうときにまとまったお金が借りられそうなのは、
安心ではあります



実際に昨年のように急に日本へ行った時は、
いちいち銀行へ寄る暇もなくて、
ほとんどクレジットカードで決済してたから、
限度額に余裕があって助かったし・・・。



件の次男クレジットカード
元は「学生のための」という枕詞付きだったので、
初期設定の限度額もかなり低いです。

今は収入がないしお金も遣わないけれど、
将来のことを考えれば、
信用度は高い方がいい
ので、

「あとで電話すっかな~」

と面倒くさそう
に言ってました。


忘れないようにあとで一言声かけてやろうかね。



余談ではありますが、昨日書いた、
支給額0ドルのチェックを受け取った人たちは、
返済に充てるはずだったお金が入らなかった
わけで、
1度でも返済できなかったりすると、
信用度がガタ落ち
になりますから、
現在の窮状のみならず今後にも響きます。
死活問題なんですよね・・・。
大変だ・・・。



2019.01.15 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
1月からこんなにご無沙汰はいけません、私!

すみません。ごめんなさい。



昨夜(12日)、主人の勤務先の
新年会に出掛けました。


社員とコンサルタント全員合わせても20人ほどの
小規模な会社なので、
会場はレストランの一角に
テーブルをキュキュッと詰めただけ。

食事だけの短時間でも、
参加者ほぼ全員と顔を合わせ、
おしゃべりを楽しめる、
居心地の良いサイズでした。



で、そこで感じた世代の差について
書いてみようと思います。



私と主人の前に座ったのは、
多分ウチの息子らと同世代と見られる
ロバートさんと彼女のルシアナさん。

初対面の挨拶をしたときから、
2人ともとても感じが良くて、
息子らの友達と話すような気分になりました。


面白いな~と思ったのは、
彼らの話には、
たくさん省略された言葉が出てくること。

例えば、
アボカドの話をしていたときに、
「僕はアボカド苦手だけど、
グアック(Guac)なら食べられる」

私はグアックが何かは、
息子らとの会話から知っていますが、
主人は「?」

グアックとは
アボカド・ディップのグアカモレ(Guacamole)
若い人たちはグアックと言います。


息子たちのことを訊かれて
次男がVRの研究に携わったと言ったら、
「VR」がそのまま通じたのも面白かったです。
彼らの世代は
フルでヴァーチャル・リアリティと言わず
頭文字だけ


私は当の息子からいつもVRと聞いてきたので、
そういう言い方に慣れているのですが、
主人はVirtual Realityと言われないと、
VRではやっぱり一瞬「?」なんですね。


いわゆるスラングとは別に、
昨今の英語には省略された言い方が
増えているだけでなく、
それが一般的に定着していたりします。


イマドキの人たちはフツーに使ってますが、
私の世代(から上の人たちも多分)など、
「?」と悩んではグーグルさんの教えを乞うわけで、

ジェネレーション・ギャップの解消にも、
常に時代の変化に敏感じゃないとダメだな・・・

と思ったことでした。



日頃から息子らとはしょーもない話ばかりですが、
学んだ若者言葉も役に立つではありませんか、ねぇ。

いつかは家を出て行く人たちだ。
それまではせっせと私の新語辞書になってもらわねば!





2019.01.13 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
大晦日の朝、
こちらでは早朝に放送された
「紅白歌合戦」の録画を見ていました。

私が初めてAKB48の存在を知る
きっかけとなった歌
「恋するフォーチュンクッキー」
数年ぶりに聞いて懐かしかったです。



年が明けて、
中華料理のデリバリーを頼んだら、
いつものことなのですが、
フォーチュンクッキーが5つ6つ出てきました。

それを見た瞬間から、
私の頭の中では
♪恋するフォーチュンクッキー、
  未来はそんな悪くないよ Hey Hey Hey♪

がグルグルグルグル・・・止まらない~(笑)。



♪恋するフォーチュンクッキー~♪
鼻歌を歌いながらフォーチュンクッキーを割ったら、

出てきたちっさい短冊には、
「近いうちに幸運が舞い込む」
って書いてあったのですよ!


それを見て主人が、
「今日、去年買って
当たり外れのチェックをしてなかった
ロトくじチェックしてみたら?
大金当たってたりするかもよ~。




という訳で昨日くじ売場に寄って、
溜め込んでた8枚をチェックしてもらったら、

そのうち5枚がフリープレイ当たってました!

金銭的な当たりではなかったけれど、
1ゲーム5ドルが5回分だから25ドル分がタダだし、
それに8枚のうちの5枚だから勝率6割じゃん!

幸運だよね、やっぱり~♪


5枚の新しいロトくじを手にして帰宅しました。

さて、当たるかな~?

それとも、もうフォーチュンクッキーのフォーチュンは
使っちゃったことになってるか・・・



あんまり欲張っちゃいけませんね(笑)。





2019.01.04 Fri l 面白いモノ・コト l コメント (3) トラックバック (0) l top
日本滞在もあと4日、
ラストスパートです。


このおよそ一ヶ月間、
膝が痛くて歩けないこともあり、
母の施設と私の活動テリトリーの往復に、
ほとんど毎日タクシー
を使っています。


私はスモールトークが上手ではないのですが、
片道30分ほどのタクシーの中では、
運転手さんたちといろいろなおしゃべり
楽しんでいます。


たいていは
「今日はいいお天気ですね~」とか
「昨日は暑かったね~」などという
お天気の話で始まりますが、

その先は運転手さんそれぞれの
個性が出ますね。



政治のお話が好きな人もいれば、
家族のことを話してくれる人もいるし、
親や自分の老後について話す人もいれば、
地理や歴史に詳しい人もいます。

どのお話も私には
興味深く珍しい逸話だったりして、
30分余りもあっという間です。


そんな中で今回は、
3人の女性ドライバーさんにも
めぐり会いました。

私と同世代か少し上の方たちだったので、
子供の頃に経験したことも、
自分の子供たちの世代も、
今の自分たちのことにも共通点が多くて、

まるで同級生のように、
あんなこともありましたね~、
こんなことってないですか~などと、
ケラケラ笑いながら、話があっちへこっちへ・・・(笑)

男性の運転手さんたちとはまるで違った会話になるのも、
初めて会ったのに知古の間柄のように話せるのも、
何とも不思議な感覚です。

女性というのは
どんな職業であっても、
生まれながらに
「井戸端会議がDNAに組み込まれている」
としか思えない(爆)。



タクシーに乗る機会もあと数回。
どんなドライバーさんから何のお話を聞けるのか?

楽しみにして、
今日も母のもとへ「出勤」します!






2018.12.10 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top