FC2ブログ
昨日は読む話でしたが、
今日は書く話です。



電子機器のバリエーションがどんどん増えて、
最近では小学校の授業でですら
コンピューターやタブレットを使う
ようになりました。


ブラインドタッチかどうかは知りませんが、
小学生でもキーボードが使えるし、
何しろ作文や研究レポートなどは
ワードで作成する
こともあります。
(これ↑はウチの息子らの世代も。)


そうしたら、です。
北米のどこでだったか失念しちゃいましたが、
キーボードに慣れた子供たちの
自筆が下手になったという研究結果
が出たのだそうです。


アルファベットの基本の活字体で、
大文字・小文字それぞれの大きさが揃わない
揃わないから、見た目が汚い

活字体でそうなのですから、
筆記体はどうか?は推して知るべし。

単語ごとの間隔も、
あるんだかどうだか・・・?
だったりするそうです。

そして何よりも、
字を書くのにうんと時間がかかる
のだそうです。


アルファベットを知らないわけじゃないし、
並べてできた単語が読めないわけでもないし、
キーボードならスラスラ打てるのに、
手書きとなるとやたらノロくなる



研究者が言うには、
「字を書く手とそれを動かす脳の間で、
スムーズな連携作業ができなくなっている」

んだろうと・・・。


AがAであることは解っていても、
Aを書く手の動きは、
脳が学習しなくてはならない。

それなのに、最近の子供は
文字を書く機会が減っているので、
脳も「文字を書く」ことを
学べなくなっていると思われる

・・・と話していました。



そうなのよね・・・。
脳みそって、人体を全部取り仕切ってる割には、
教わらないとダメなことや、
教え直さなくちゃならないこと
がけっこうある





ウチの次男はホントに悪筆で、
書いた本人でも読めなかったりするほどなので、
小・中・高校・大学通して、
手書きよりもワードを率先して使っていました。
(じゃないと、先生方が読めなくて困るという・・・)

次男は今回の研究の対象者よりも
10歳くらい上ではありますが、
もしかしたら、彼らの世代から、
「字を上手に書けない」のは
始まっていたのかも
しれません。



きちんと手書きすることを意識的に
脳味噌に教え込まなくちゃならな
いなんて、
「書くこと」が当たり前に育った私には、
何だかヘンテコな時代になってきた気がして、
笑って見過ごせないニュースでした。





スポンサーサイト



2019.09.19 Thu l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
次男から聞いた話なんですけど。


まだ大学生だった頃、
「カルガリー大学にファミマがあった」
っていうんですよ。


なんでそういう大事なことを、
真っ先にお母さんに言わない!?(笑)



でも「あった(There WAS)」ってことは・・・?


「うん、なくなった。」


なぜ、あの便利を極めた日本のコンビニが
なくなったのか?


だって、大学構内ですよ。
学生に限らず職員だって
食べもの飲物の調達するでしょうし、

寮生活している学生だったら、
歯ブラシ歯磨き、洗剤などの日用品もあって、
絶対に利用すると思うんだけど・・・。



次男が訊いてきた話では、
「ここの物流システムが
ファミマ(日本のコンビニ)のスタイルに
追いつかなかった」

のだそうです。


特に食品、朝昼晩の三食を賄う、
調理パンやサンドイッチ、
チン!して食べられる弁当類、
そして新鮮なサラダなど。

日本は狭い国土を
文字通り網羅している道路があって、
製造業者から小売店まで、
運送業者がキチキチと時間割りに沿って
配送
していきます。


それと同じ方式にするには、
カナダは広すぎた、
交通網が大雑把すぎた・・・


物流コストが嵩んで、
採算が合わなかった

ということらしいです。


残念だわ、とっても残念だわ・・・。




そんな話をしていて思い当たったのが、
主人の出張


事故調査の仕事で、
昨年の夏からちょくちょく、
メディシン・ハット市という
ここから南東へ3時間ほど下った所まで
同僚と一緒にドライブ
しています。

たいてい早朝6時頃に出発し、
帰宅するのは早くて夜7時くらい。

仕事を6~7時間挟んで、
往復7時間近く運転するわけです。
聞いてるだけで疲れる私・・・。


東京から東海道を3時間余りドライブしたら、
名古屋くらいまで行かれるよね。


新幹線なら2時間くらいだよね。
でもってその間、体は休まるよね。



はぁ~、なんでこんなに土地が有り余ってるのに、
鉄道網が発達しないんだ、ここは~!


道路網だって発達してないしな・・・。
広いばっかで使えねーな・・・。



って、タメイキついた話でした(苦笑)。





2019.09.15 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日午前中はフィジオセラピーでした。

カリームに施術してもらって、
次の予約と今日のお支払いの
順番を待っていたら、

待合室の方から1人の女性の
大きな話し声
が聞こえてきました。


ん~?このちょっと甲高い声には覚えがある・・・。


と、「りんごさん、お支払い?」
受付からお声がかかりました。

支払いと予約をしている間にも、
その女性の一方的なおしゃべりは
待合室中に響き渡っています


ありがとね~!また来週~♪


受付のカウンターを離れて
クルリと振り向いたその先には、

なんだ~、彼女だったか~・・・

スマホを手に大きな声で話す主。



ウチのお隣さんの奥さんなんです。



この方、庭先でも玄関先でも、
家のコードレス電話を持ち歩いて、
大きな声でよくしゃべります


夏の間は庭のデッキで
ワンコさんと過ごすらしくて、
ほとんど毎日
1人でしゃべっています。

それも30分とか小1時間とか・・・。
いや、相手がいるのは解ってるけど、
私に聞こえてくるのは彼女の声だけなんで。

電話が好きなのか
おしゃべりが好きなのか
その両方か・・・。




いずれにしても、悪い人じゃないんです。
ただ、あんなに大きな声で話さなくてもいんじゃね?
って、お隣から聞こえてくるたびに思ってたんで、

クリニックの待合室でもやるのかぃ・・・


ちょっとね、常識を疑っちゃったっていうか。
周り中に聞かれても恥ずかしくないの?っていうか。


確かにね、コードレス電話も携帯電話も、
どこでも電話なんだけどさ~・・・モヤモヤ




2019.08.20 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
我が家が家族そろってユニクロ大好きなのは、
このブログでもしつこいくらいに書いてます(笑)。


そのユニクロが、
とうとうアルバータ州に出店する!!
という話を、
長男が聞きつけてきました。


どこ?アルバータのどこ?

エドモントン。
ウェスト・エドモントン・モールん中だって。


えぇ~、なんでカルガリーじゃないのさぁ~。



エドモントンはアルバータ州の州都です。
が、あちらは政治を司るところで、
こちらカルガリーの方が人口だって多いし、
経済の中心と言えます!

ほら、オタワとトロントの関係みたいな、ね。


だから、なぜユニクロカルガリーに来ないのか?
理解できないわぁ~・・・。



とはいえ、トロント(2店舗)よりも
バンクーバー(2店舗)よりも近
いわけで、
いざとなりゃ行ってやるわよ。(負け惜しみ~笑)



と、ユニクロに嬉しくてガッカリしてたら、
カルガリーにはダイソーがやって来るって!!

それも私がいつも日本食材を調達している店と
同じモールの中です!

やったー!万歳!
これからは質の良い1ドル製品が買えますよ~♪
(ホントに1ドルかどうかは判らないけど・・・)


あと足りないのは無印良品
あそこもトロント周辺にはいくつか出てますが、
こっち方面にはまだらしい。

お~い、西に来んか、西に~!



ユニクロはオープンしたとしても、
車で4時間近くかかるから当分行かれそうにないけれど、
ダイソーは最低でも月イチで出掛けるモールなので、
開店したら行ってきます。

日本のダイソーと同じか違うか、
またその時にはご報告いたしますよ~(笑)。




2019.08.13 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
次男友達のお姉さんの結婚披露宴に招かれました。

友達のA君姉弟はインド系カナダ人二世です。
お姉さんのお相手もインド系カナダ人

もう想像に難くないでしょう、
そう、ボリウッドの披露宴だったそうです。


立食式、飲み放題食べ放題のパーティ
と聞いていた次男は、
会場に着いて友達のお姉さんにお祝いを言ったら、
後はただ食べて飲んでしゃべって笑って・・・
を想像して出掛けました。


一緒に招待された親友のK君もインド系
親類縁者の結婚式・披露宴の経験が豊富なので、
次男K君のすることをマネしていれば
失礼にはあたらないだろう
と、
ずっとひっついていることにしました(笑)。


おかげで次男は、
インド式結婚披露宴は、
プロの歌とダンス(もちろんインドの)で始まり、
家族や友人の短いスピーチがあり、
その後は、老若男女
ずーーーーーっと、ボリウッド・ダンス!!

ボリウッド1

という形式も学びました。
A君やK君が結婚する時も、これでバッチ来いっ!(笑)


踊りつかれると飲む・食べる、
喉が潤ってエネルギーの補充ができるとまた踊る

・・・の繰り返しだったそうです。



んじゃ、あんたも踊ったの?踊れたの?

映画に出てくるような揃ったダンスじゃないからね。
手を上にかざしてステップ踏んでればいいだけよ。


あぁ、トルコのお祝いの席で踊るダンスみたいなのね。

ん、でも僕は踊るよか飲む方が多かったな。



あ、次男飲酒運転してませんので、ご心配なく。
上の会話は私が迎えに行った車の中で、です。

次男はそう言ってヘラヘラと踊る仕草をして、
飲んだお酒の味の話をしてたな~と思ったら、
いきなり静かになってZZZZZ・・・


生まれて初めてのボリウッドの結婚披露宴
少し緊張して出掛けた次男ですが、
楽しくて興味深い異文化体験をしたようです。




ところで、迎えに行った駐車場で
次男を待っている時に見た、
1人2人と会場から出てくる女性たちが着る、
サリーの煌びやかで美しいこと!!

時折ショッピング・センターなどで見かける、
普段着のサリーとはまるで別物なんです。

歩くリズムとともに、
薄絹がふわぁ~っと揺れる優雅さ
金銀の縁取りやスパンコール(?)が
華やかに煌めいて何とも豪華で少し艶かしい

ボリウッド2

まさしくこんな↑雰囲気。
ホントにボリウッドだ!・・・って感じ(笑)。




この華麗な異文化に触れてドキドキする感覚、
日本のホテルなどで、
結婚披露宴会場から出てくる留袖や振袖姿を見た
ガイジンの気分に似てるかも
しれない・・・?




2019.08.11 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top