FC2ブログ
アルバータ州では今週から、
毎年恒例のインフルエンザ予防接種
専用クリニックが開設されています。


主人と次男は、それぞれの都合に合わせて出向き、
私は長男を迎えに行った帰宅途上に寄って
長男ともども接種してきました。



さて、一昨年くらいまで、
子供用のワクチンは鼻スプレーだったのですが、
効果が現れにくいとやらで、
去年から小さな子供も
注射針に逆戻り
しています。



注射は痛いよねぇ。解る、解る。

盛大な泣き声がときどき聞こえてきます。


順番待ちで見ていたら、
5歳と2歳くらいの兄弟がいました。

弟は、お母さんの膝に乗るなり
「うわぁーーーっ!
泣き出しました。

まだ注射器だって出てないのに・・・(笑)

実際に接種した瞬間はもちろん「ウギャーーーーッ!!」
でも、Tシャツを着せてもらったらケロッ!


その、最初から泣いていた弟を、
ケラケラ笑って見ていたお兄ちゃん
いざ自分が注射されたら、
「ウギャーーーーーッ!!!」
弟よりも盛大に泣いておりました

体が大きい分声もデカいのかもね~(笑)。


この兄弟の鳴き声にビビッてしまったらしくて、
同じ頃に会場にいた幼児たちがこぞって、
「わぁーーーーっ!」
「ギヤァーーーーーッ!!」
「フギャーーーーッ!!」


ものすごい大合唱がしばらく続きました(笑)。





接種後、会場の待合室で15分間、
体に異常が出たりしないか観察時間があるのですが、

大泣きしていた一人の坊やがお母さんに、
「なんでいじめるんだよーっ!
Noって言ったらやっちゃいけないって言うじゃんか!!」

って、地団駄踏んで怒ってました。


おぉ、もっともな言い分だよね、そりゃ。
でも、予防接種ばかりは、Noの効力ないのよね・・・(笑)。




さて、これで我が家も一安心。
手洗い励行、人混みをできるだけ避けて、
インフルエンザの季節をやり過ごすとしましょう。





スポンサーサイト
2018.10.16 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
何回行っても何時行っても、
「きゃぁ~・・・!」と思うのが、
プールのロッカー・ルーム


羞恥心というものに関する常識ってのは、
まぁ、国によって千差万別この上ないものですね




お子ちゃまのスッポンポンは、
可愛げがあって見ていられますが、
大人の女性のは・・・勘弁してって思います。



私が通っているプールには、
「更衣室」というブースが皆無なので、
どうしてもロッカーの前で
裸にならざるを得ないのではありますが、

ちっとは隠せや・・・

なのですわ。


っていうかね、
上を着替える間は下はまだ脱がなくても、
下から先に着替えるのなら、上は一緒に脱がなくても、
つまり、いきなりスッポンポンにならんでもいいでしょが~?

とか思うわけですよ、日本人の私としては。



シャワー・ルームなんか、
ちゃんとカーテンあるの、ブースごとに。
なのにどーして、カーテン引かないの?

通りがかりに飛び散るシャンプーかかるのよ。
・・・それ以前に、丸見えはこっちが恥ずかしいのよ。



ロッカー・ルームのすっぽんぽんは、
私以外のほぼどなた様もなさいますが、
シャワー・ルームのカーテン使わないのは、
世間慣れしていないあの国の人たちです。


自然体といえばそれまでなのですが~・・・。



カナダが何でもありの文化だから、
このプールのロッカー・ルームには
更衣室ってものがなくてもいいんだろーなぁ。


すっぽんレディたちには
私みたいに大判のビーチタオルを巻いて、
ガッツリ体を隠して着替える方が、
奇異に見えるのかも
しれませんねぇ。

でも、いくら誰も見ていない、
見ようとはしないと判っていても、
私にはどうしてもできない芸当だわぁ

だから、ひたすら手早く着替えるように
心がけておりますのよ~(苦笑)。





2018.09.18 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は半年に一度の眼科医検診でした。

受付を済ませたあとドクターと会う前に、
看護師さんに眼圧計測や視力検査を
してもらうのですが、

今日の看護師さんは新顔のケリーさん。



私の名前を見て、
「日本人ですよね?」

はい、そうですよ~
と答えた私に満面の笑みで、

「私は半分日本人なの!
ミドル・ネームがサチコです。
母がカナダ人で、父が日本人。
だから私の旧姓はヤマモト。」



そういうケリーさんはどこからどう見ても
白人にしか見えない顔立ちなので、
私は意表をつかれてしまいました。



「姉はエミリー・タミコ・ヤマモトで、
妹は、なぜそうしたのか知らないけど、
ファーストネームの方が日本名の
アキコ・ジェニファー・ヤマモトです。」




お母さんは、若い頃から日本に憧れていて、
大学で日本文学と日本語の勉強をしました。
ですから、日本語を話すことはもちろん、
漢字を含めた読み書きもできる
のだそうです。



そこまで聞いている間に、私はてっきり、
お母さんが日本へ旅行したときに
お父さんと出会って結婚に至った・・・
という筋書きを予想していたのですが、



お父さんはトロントで生まれ育った日系三世でした。



日系二世であるご両親(ケリーさんの祖父母)が
すでに日本語よりも英語の方が堪能だったせいで、
お父さんは日本語を学ぶことなく育ったので、
日系人だけど日本語はぜんぜんできない
のだそうです。




「家族で日本に旅行するでしょ。
お店でもレストランでも、誰だってまず
父に話しかける
の。
そりゃそうよね、見るからに日本人だもの。

解らないから黙っている父の横から、
ガイジンの母が日本語で返答
するもんだから、
店員さんとかが『は?(What?)。』って
ビックリするんですよ~。(笑)」



予期せぬ人から日本語のお返事があって、
一瞬キョトン!とする店員さんの様子が、
面白おかしく思い浮かびあがりました。

お母さんはこうして日本へ行けばいつも、
通訳をされてきたそうです。




半分日本人というだけで妙に親近感が湧いてきて、
私もついつい「それで?それで?」と
お話を促してしまいましたが、

「仕事の手が止まってますよ、ケリーさん」
と言った方がいいかな?ってくらい(笑)、
とても気さくに自分の家族の話を
してくれました。




ヤマモトさんだったケリーさんが結婚したのは
フランス人なので、
「私の3歳の息子は、母のアイルランド系と、
父の日系と、主人のフランス系の混ぜこぜ~(笑)」

だそうです。



カナダの多民族国家は、
街中の人々の外見から判る以外にも、
こうして目に見えないところ、
人々の体の中にも現存している・・・。


だとしたら、どんどんどんどん混ざっていって、
民族浄化しようにも、人種差別しようにも、
分別できないくらいに混ざってしまえばいい
のにな。





2018.09.06 Thu l 面白いモノ・コト l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日入国管理の話をしてたから・・・
ってわけでもないでしょうが、

久しぶりにパスポートに押された
スタンプの翻訳依頼が届きました。


以前、パスポートのスタンプの押し方について、
「押してありゃいいじゃん」がけっこうあることを書きました。
(↑出入国スタンプ←別ウィンドウが開きます)



本日依頼されたトルコの入管スタンプ、
やっぱり「押してありゃいいじゃん」なんですが、
二度見必至。

どうぞ二度見してください

スタンプ1

ちなみに赤いスタンプがトルコ入国時
青いスタンプは出国時です。


青い方、「ん?え?」って思いませんか?


日付のところです。
トルコは日・月・年の順ですから、
08日、10月ときて、(20)15年が・・・あっれぇ~?


なぜ15が逆立ちしてる?



その一点がフツーじゃないことで、
このスタンプが
1月15日に見えちゃったり、8月10日になっちゃったり・・・。

解っていたはずの日・月・年の順番すら
頭の中で混乱
しちゃいました(笑)。



それでもまぁ、日付は何とか見えるから
「押してありゃいいじゃん」でイイだろうと
大目に見てられますが・・・。





これは何だ、これは!? ↓

スタンプ2

さかさまの15だけはハッキリ読めるけど、
10月もまぁ判るけど、日が「0」っちゃ・・・ヲイッ!

それから、
青いスタンプだから出国時だと
知る人が見れば判別できますけど、
都市名がぜんっぜん押されていませんから、
どこの空港だったのかこれじゃ判りませんね




この青い172番のスタンプをお使いの入国管理官氏
一家4人分のスタンプが全部この調子で、
全部きちっと読めるように押されたものは皆無でした。

まぁ、4人分照らし合わせれば、
「トルコ、イスタンブルのアタトゥルク国際空港から
(20)15年10月08日に出国した」
という事実が浮かび上がる
わけですから、

まさしく
「押してありゃいいじゃん!」
「ああ、いいよっ!」
ってことなんですね(苦笑)。


これまで数え切れないほどの
トルコの出入国スタンプを翻訳してきましたが、
この172番氏のスタンプほど
私の注意を引いたものはありません
(笑)。



どなたかトルコへ旅行されたら、
ぜひイスタンブル・アタトゥルク国際空港から
出国してください。

172番氏の青いスタンプが押されてたら、
宝くじ買ってみて~!
大当たりするかもしれませんよ~♪






2018.08.27 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (3) トラックバック (0) l top
今日は月イチの美容院でのお話

私の髪を担当してくれる美容師さんは、
毛染め専門のジェニファーと、
カット・セット専門のミシェル
の二人で、
お二方は従姉妹同士です。


毎年8月に2週間ほど、
二人は親戚一同と一緒に14~5人で、
ミシェルの息子さんが参加する
太極拳国際交流大会を応援しながら、
その開催地周辺を旅行
しています。

今年はその太極拳の大会が大阪で開催されたため、
皆で初めての日本旅行に行ってきました。



髪をいじってもらいながら、
日本はどうだったか訊いてみたら、
開口一番「暑かった~。」
今年は猛暑続きでしたもんね。



日本で一番気に入ったことって何?と尋ねたら、

「スーパーやコンビニがたくさんあること!」

今回大阪ではホテルではなくて
ウィークリーマンションを利用したら、

マンションから徒歩圏内に、
スーパー2軒、コンビニが2軒あって、
「いろんな食べ物があってすっごく便利ね~♪
お腹一杯食べても1人600円くらいで済むんだもの。
安くて美味しくてとても経済的!



でっしょ~♪



「それから、飲物の自動販売機がたくさんあること!」

ともかく暑くて暑くて、
喉が渇いた、何か飲みたい・・・と思うと、
すぐに見つかる
って驚いていました。

そうでしょう、そうでしょう~♪

日本のコンビニと自販機の充実度って、
きっと世界一
だと思いますよ。




・・・というミシェルとジェニファーの話を
ウチの人たちにしたら、

「コンビニのサンドイッチ、食べたいなぁ~。」
「スパゲティやハンバーグも美味かったな・・・」
「おにぎりやお弁当もいろいろあるしね~。」
「ドッカン!(*)のアイスコーヒー飲みてぇ~っ!」
(* ドッカン!とは我が家の自販機の呼称です -笑)


「あぁ~、日本に行きてぇよ~!」(←息子ら)

日本に行って、毎日コンビニのご飯を食べたいんだよね。
解るわぁ~、私もいろんなおにぎり食べたいよ・・・(笑)。





2018.08.24 Fri l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top