FC2ブログ
日本滞在もあと4日、
ラストスパートです。


このおよそ一ヶ月間、
膝が痛くて歩けないこともあり、
母の施設と私の活動テリトリーの往復に、
ほとんど毎日タクシー
を使っています。


私はスモールトークが上手ではないのですが、
片道30分ほどのタクシーの中では、
運転手さんたちといろいろなおしゃべり
楽しんでいます。


たいていは
「今日はいいお天気ですね~」とか
「昨日は暑かったね~」などという
お天気の話で始まりますが、

その先は運転手さんそれぞれの
個性が出ますね。



政治のお話が好きな人もいれば、
家族のことを話してくれる人もいるし、
親や自分の老後について話す人もいれば、
地理や歴史に詳しい人もいます。

どのお話も私には
興味深く珍しい逸話だったりして、
30分余りもあっという間です。


そんな中で今回は、
3人の女性ドライバーさんにも
めぐり会いました。

私と同世代か少し上の方たちだったので、
子供の頃に経験したことも、
自分の子供たちの世代も、
今の自分たちのことにも共通点が多くて、

まるで同級生のように、
あんなこともありましたね~、
こんなことってないですか~などと、
ケラケラ笑いながら、話があっちへこっちへ・・・(笑)

男性の運転手さんたちとはまるで違った会話になるのも、
初めて会ったのに知古の間柄のように話せるのも、
何とも不思議な感覚です。

女性というのは
どんな職業であっても、
生まれながらに
「井戸端会議がDNAに組み込まれている」
としか思えない(爆)。



タクシーに乗る機会もあと数回。
どんなドライバーさんから何のお話を聞けるのか?

楽しみにして、
今日も母のもとへ「出勤」します!






スポンサーサイト
2018.12.10 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回の滞在では、
母に関するあれやこれやで、
日頃お世話になっている
叔父叔母や施設の方々、
病院やお役所関係等々、
これまでやこれからお世話になるあちらこちらに
毎日たくさん電話をかけています


最初のうちは、
久しぶりの日本語のビジネスライクな会話に
言葉が上手く出て来なかったり、
呂律が追いつかなかったり
と、
英語→日本語の切替が非常に下手だったのですが、

解決法があったんですよ!
その昔OLしてた頃のように、
ちゃんとお話ができるような方法が・・・!



あのね、
「お願いいたします」とか
「ありがとうございました」とか、
そんな言葉を発するときに、
座ってても立ってても、
日本人て電話口でお辞儀するでしょ?

言葉とお辞儀がセットになってる
あれだったんです!(笑)



アパートで電話かけてる時など、
誰が見てるわけでもないから、
ガッツリお辞儀しながら話すと、
頭じゃなくて体ごと日本語に切り替わるって感じで、
口から出る言葉も滑らかになるんですわ~♪

不思議ですね~、不思議ですよ~♪


お辞儀さえできれば、
日本語のビジネス会話は
ペラペラだよ~ん(笑)






2018.11.29 Thu l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今、日本のカレンダーを見て気づいたんですが。


昨日11月3日文化の日は、
土曜日赤い文字なんですね。

祝祭日が日曜日にあたると、
翌月曜日が振替休日になるけれど、
土曜日祝祭日って、
次の月曜日に振り替えられないんですか?



カナダではほとんどの祝祭日が、
各月の第○月曜日に設定されているので、
振替休日はごく稀なのですが、
今月11日の戦没者追悼記念日だけは、
きちんと毎年11月11日
、カレンダー通りに休みです。

ですから、この日が土曜日にあたると、
翌週月曜日が振替休日になるのです。


だから日本の振り替え制度も、
週休二日制が浸透している今、
土曜日黙っていても休みだから、
振り返る対象になってもいいんじゃないの?
と思ったんですけど・・・。



大きなお世話ですかね~(笑)







2018.11.04 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
渋谷のハロウィーンが何やら物騒なことになっていたようですが・・・。


今日はハロウィーン
夕方5時を過ぎてもまだ10℃前後という
暖かな宵だったので、

コロコロしたてんとう虫やら、
ニモやら、ドラゴンやらが、
御付き(親)を従えてやってきました。


小学低学年くらいの、
NHLホッケーチームの一団も、
まださほど暗くない時分に現れ、


茶トラ猫黒猫の姉妹と
ジャケットを着たプリンセスが来たのが、
8時少し前・・・。



なんと、今年はそれだけでした。
25個(←これだってかなり少ない)用意したのに、
12個しかもらってもらえなかった・・・


ご近所の世代交代が進んでるから、
今年は来ると思ってたんだけどな・・・。



朝、ピラティス教室で友達が、

「ウチの辺りなんか、一人か二人しか来ないから、
私、何にも用意してないわ~。
来たら、パントリーにあるキャンディ・バーかなんかで
済ませちゃうもの。」

と言うので、そりゃ少ないわ~とビックリしたんですが、
ウチの近所もあながちそうならないとも言えません。


来年は15個にしよう・・・寂しいが~(涙)。



このままじゃ今日のブログは下向き加減で終わっちゃうので、
ひとつ楽しい写真を・・・

ピラティスのせんせ

ピラティス教室の先生です。
ディズニー映画「Mr.インクレディブル」のお母さん
手持ちの衣類を利用した自作だそうです。

教わる方はフツーにトレーニング・ウェア。
面白味のない私たちだったわ・・・。
(あ、やっぱり下向きになってしまった -苦笑)




2018.10.31 Wed l 面白いモノ・コト l コメント (2) トラックバック (0) l top
アルバータ州では今週から、
毎年恒例のインフルエンザ予防接種
専用クリニックが開設されています。


主人と次男は、それぞれの都合に合わせて出向き、
私は長男を迎えに行った帰宅途上に寄って
長男ともども接種してきました。



さて、一昨年くらいまで、
子供用のワクチンは鼻スプレーだったのですが、
効果が現れにくいとやらで、
去年から小さな子供も
注射針に逆戻り
しています。



注射は痛いよねぇ。解る、解る。

盛大な泣き声がときどき聞こえてきます。


順番待ちで見ていたら、
5歳と2歳くらいの兄弟がいました。

弟は、お母さんの膝に乗るなり
「うわぁーーーっ!
泣き出しました。

まだ注射器だって出てないのに・・・(笑)

実際に接種した瞬間はもちろん「ウギャーーーーッ!!」
でも、Tシャツを着せてもらったらケロッ!


その、最初から泣いていた弟を、
ケラケラ笑って見ていたお兄ちゃん
いざ自分が注射されたら、
「ウギャーーーーーッ!!!」
弟よりも盛大に泣いておりました

体が大きい分声もデカいのかもね~(笑)。


この兄弟の鳴き声にビビッてしまったらしくて、
同じ頃に会場にいた幼児たちがこぞって、
「わぁーーーーっ!」
「ギヤァーーーーーッ!!」
「フギャーーーーッ!!」


ものすごい大合唱がしばらく続きました(笑)。





接種後、会場の待合室で15分間、
体に異常が出たりしないか観察時間があるのですが、

大泣きしていた一人の坊やがお母さんに、
「なんでいじめるんだよーっ!
Noって言ったらやっちゃいけないって言うじゃんか!!」

って、地団駄踏んで怒ってました。


おぉ、もっともな言い分だよね、そりゃ。
でも、予防接種ばかりは、Noの効力ないのよね・・・(笑)。




さて、これで我が家も一安心。
手洗い励行、人混みをできるだけ避けて、
インフルエンザの季節をやり過ごすとしましょう。





2018.10.16 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (2) トラックバック (0) l top