FC2ブログ
先日ネットのニュースで見つけた記事、
「外国籍児童に対する日本語支援不足」
が気になっています。


日本で学ぶ・働く外国人が増えるに伴い、
学齢期の外国籍の子供たちも増えてきているこの頃。

が、その日本語が不自由な子供らに、
充分なサポートができていない
、どころか
まったくサポートしていない都道府県もあるそうです。

なんですか、それ???



敢えて「外国人の目線」で率直に言いますが、
日本は、外国人・移民対策後進国です。


日本人で「ガイジン・英語、バッチ来い!」な人って、
あまりいません
よね。

街で、外国人に何か尋ねられたり、
困っている外国人を見かけても、
率先して答えたり手助けしようという人って、
少ない
ですよね。

それって何故?

外国人がコワいって人もいるかも?だけど、
基本、「英語(外国語)解りませ~ん」だから、でしょ。

日本人が日本にいてですら、
外国語で話しかけられることが苦手だというのは、
とりもなおさず、
「言葉が通じない不安」を感じているからですよね。


その不安を、
日本語が解らないまま、
日本の学校に通っている外国人の子供に
当てはめて感じてみてください
な。

右を見ても左を見ても、
聞こえてくる言葉が理解できない不安は、
大人のように割り切ったり、
逆に居直ったりすることを知らない
子供の心にとてつもなく大きな障害
になります。

そんな時に、
いわば「保健室」にあたるような
日本語支援の先生やボランティアがいれば、

言われたことが理解できたときの喜びや、
恐る恐る発した言葉が通じたことで自信
が生まれ、

彼らの慣れない日本での生活を
少しずつでも明るくしていく
はずなんです。



日本人が英語・外国語が苦手だって、
それはかまわない
と思うんですよ。
だって、日本に住んでるんだから。
日本語の国にいるんだから。

だからこそ、
日本で暮らそうとする外国人、
特に学齢の子供たちには、
惜しみなく日本語を教えてあげて欲しい
です。




スポンサーサイト
2019.05.13 Mon l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日今日のTVジャパンは
天皇の退位と即位
平成から令和の特集番組
が目白押し。

録画した長時間の特別番組から、
平成の天皇の「退位令正殿の儀」と
令和の天皇の「即位後朝見の儀」だけ
見たところです。



率直な感想、
「あのナルちゃんが天皇陛下!?


私とほぼ同世代なので、
子供の頃から大人たち(メディア)が
まるでご近所の子供を呼ぶように
「ナルちゃん」と呼ぶのを聞いてい
たせいか、

高貴なお坊ちゃまであったにも関わらず、
不思議と雲上人のように感じませんでした

雅子さまと結婚されたときも、
「良かったねぇ、想う人と結婚できて~」
まるで知合いが想いを遂げたかのように
ホッとした嬉しさを感じたのを憶えています。

戦後生まれで、
天皇は神様という概念のない私には、
テレビの画面に映るナルちゃんは、
それほど特別な人ではなかったんだと思います。



祖母あたり、明治生まれの人たちが聞いたら
「不敬罪で捕まるよ」くらいのことを
言われそうな気がします
(笑)。


ナルちゃんには平成の天皇同様、
国民に寄り添う「人間味のある天皇陛下」
でいて欲しいと思います。




2019.04.30 Tue l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本の皆様は今頃
大型連休の初日を迎えていらっしゃいますね。

関係ない私も、
どこか♪ワクワク♪してきます。


私が子供の頃には
ゴールデン・ウィークという呼び名の他に
飛石連休とも言ったものです。

4月30日~5月2日と4日は
お休みではなかったので、
学校も仕事もあったから。

5月3日が土曜日だと
5月5日まで3連休になって、
それが当時では大型な気分
でした。


何時頃から飛石でもなくなって、
ずら~っと長く休めるようになったのかしら?
多分、週休2日制が浸透した頃からでしょうね。


10日もあると、
国内も海外旅行も存分に楽しめる日数♪

平成に出発して令和に帰宅する、
一生に一度かもしれない
元号を跨ぐお出掛けになりますね!


皆様、楽しい思い出がいっぱいの
ゴールデン・ウィークになりますように・・・♪







2019.04.26 Fri l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新元号が発表されましたね。

「令和」

おやまぁ、すんなり変換できましたよ!
・・・って、reiwaで出てくる漢字が
たまたま令と和の組合せだったのか?

もとい。
「令和」です。


元号を決めることになんら反対はしません。
だって、天皇が退位されたり崩御されて以後の
天皇の呼称
だと思えば、
ないと困りますからね。
一々「○○年~○○年在位した天皇」なんて
悠長な言い方してられないっしょ。


しかし、です。
もう公のシステムや文書で元号を使うのは、
止めません?
全て西暦に統一しませんかね?



自分や家族の生まれ年くらいは、
元号西暦と両方覚えていられますけど、

戸籍謄本だの運転免許証だの
他人様の書類に出てくる元号なぞ、
一瞬で西暦が思い浮かべられるほど
算数得意じゃないので、
公的書類の翻訳を頼まれると、
ややこしい
ったらありません。

さすがに今では
明治・大正生まれの方の書類に
遭遇することはありませんが、
昭和・平成は当たり前です。

昭和は64年まであって、
平成もすでに31年4ヶ月。
そして5月からは「令和」が加わります。

今後、卒業証書などは、
生年月日は平成で卒業の日付は「令和」とか、
親子三代の戸籍謄本なぞ
昭和・平成・「令和」が並んでたりするでしょうね。

翻訳するときは、元号で書かれてあれば、
元号で表記し、但書きで西暦を添えます。
算数するだけなんだけど、やっぱり面倒です・・・



日本人にしか判らない元号は、
「絶対に日本人以外の目に触れることのないモノ」
にだけ限定して使用して、
それ以外は西暦に統一して欲しいです。






2019.04.02 Tue l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日3月17日は「セント・パトリックス・デー」です。

アイルランドにキリスト教を広めた
聖パトリックの命日
を祭日にしたもので、
この日は「緑色の日」になります。

なぜ緑色かっていうと、
聖パトリックがキリスト教を広める際に、
シャムロック(クローバー)の三つ葉
キリスト教の三位一体をなぞらえたから

なのだそうです。


シャムロックの緑色が元なので、
この日は明るめの緑色でお洒落したり、
スーツの男性も緑色のネクタイを身に付けたりするし、

装束以外で有名なところでは、
シカゴ市内のシカゴ川は鮮やかな緑に染められるとか、
各地のタワーなんかも緑色にライトアップとかしますね。

忘れちゃいけないのが緑色のビールね。
アイルランドのギネスビールも、
普段の濃い茶色がグリーンになります。



で、ですね。
お酒を飲めない・飲まない人たちのためにも、
3月17日限定でこんなもの↓が出回ってます。

シャムロック・シェイク

マクドナルドのその名も「シャムロック・シェイク」

息子らが何年も買おうと思ってて、
たった1日だけなのでついつい忘れていたのですが、
今年ようやく飲むことができました。


次男が買いに行ってくれたのですが、
帰宅して開口一番

「はみがき!はみがきだよ!!」


何じゃそりゃ?


車の中で待ちきれず一口吸ってみたところ、
口の中に入ってきたのは
甘くてツ~ンとするミント味「だけ」

うっへーっ!? はみがき飲んだみたいじゃん!?



シェイクがしっかりシェイクされてなくて、
緑色にするためのミントシロップが、
バニラアイスと充分攪拌されていなかったようです。


「おかあさん、混ぜる前に飲んでみて!
まっずいからっ!



まずいもん、飲ませるのかぃ?
と言いながらも
ホントにはみがきのような味なのか
知りたい気持ちがムクムク。試してみました。


うっへぇ~・・・
ミント・シロップってこんな薬っぽい味だっけ?


その後は、グリグリグリグリ・・・かき混ぜましたよ~
んじゃなきゃ絶対に飲めない味でしたからねぇ。

しっかり混ざると、
甘ったるいシェイクにミントがスッキリして、
はみがきだったのがウソのよう
でした。


息子ら、口々に
「もういらねーな。」
「一度で充分だな。」
シャムロック・シェイクがどんなモノが解って
満足したようでした(笑)。



それにしても、聖パトリックさんの命日だというのに、
緑色のモノを身に付けて
緑色のビールや緑色のシェイクを飲んだり
・・・。
ぜ~んぜん宗教色がない日だねぇ(笑)。




2019.03.17 Sun l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top