FC2ブログ
今日、日本のアマゾンから購入した
「きのう何食べた?」などの本が届きました。


以前は、日本のアマゾンの梱包は、
本に限らずCDなどでも、

1枚の段ボールにラップでしっかり固定して、
さらにそれを段ボール箱に固定してあった
ので、

届くまでに内容物が箱の中で踊ることもなく、
いつも新品のきれいなまま手元に来たのですが、

最近はエコ対策で、
冊数・個数が少ないと、
プチプチで裏打ちされた封筒に
バラバラ
と入れただけ
で送られてきます。



だから、今日届いたのも、この有様↓

日本

今回は破けているのが帯だから、
ま、しゃーない・・・と思えるけれど、
以前はカバーが破けていたことや、
文庫本が絡まり合って
それぞれのページが
しわくちゃになっていたこともあります。

その都度クレームしてみたけれど、
「エコ対策だから我慢してよね~」
みたいな返事が来ただけだったので、
もう諦めました。


梱包や輸送の基本て
「内容物が中で動かないようにすること」
じゃないですか。

だから、輸送途中で封筒がどれだけ揺さぶられても、
商品が好き勝手に舞い踊らないような、
複数の商品が一塊で舞い踊るような工夫を
してくれないかなぁ・・・と、
ここんとこ毎回感じてます。


いつもキチンと折り目正しい
日本の会社がすることとは、
ちょっと思えない
けど、
もともとアメリカの会社だからな・・・って。




かと思えば、
昨日アマゾン・カナダから届いた靴べらなんか↓

カナダ
(箱の大きさを比較するためにティッシュの箱置きました)


パッキンの模造紙の束に押しつぶされたように、
こんなでっかい箱の底に、
長いけれど薄くて軽い靴べらが、
ピタッと張り付いてました。


届いた箱だけ見たときには、
「私、こんな大きなもの、何注文したっけ?」
と、ちょっと首傾げちゃいましたよ(笑)。


まるっきりエコ考えてないよね、アマゾン・カナダ・・・。

今回に限ったことじゃなくて、
模造紙を掘り返すと、
チョコンとブツが顔を出す
ってのは
ちょいちょいあります。


でも、こんなに大きな箱に入っていたのに、
振っても靴べらが踊る音は聞こえなかったから、
梱包の基本は守られていたってことじゃないかな。

まぁ、箱もパッキンもリサイクルできるし、
模造紙はリサイクルの前に、
猫のおもちゃとしてリユーズもされるから、

私個人としては、
アマゾン・日本のよりも
アマゾン・カナダの梱包の方に
軍配をあげちゃいますけどね~(笑)。









スポンサーサイト



2020.01.10 Fri l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
クリスチャン・ベールに似た
コワモテの郵便配達員さんから、
クリスマス・カードが届きました




カード


ほんとにささやかだったプレゼントへの
お礼の言葉
も添えられていて、

普段の仕事中はコワモテさんだけれど、
ホントの中身は笑顔の方なんだな~♪と
確信しました(笑)。




そうそう、コワモテさんじゃなくて、
Willさんという名前も判明

次に会うときにはちゃんと、
「Hello Will!」
と挨拶できるので、
もう、コワくないです!(笑)。





2019.12.25 Wed l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨年秋頃から、
ウチのエリアを担当してくれている
郵便配達のお兄さんは、
とっても強面です。


顔立ちが整っている分凄みもある。
この人みたい↓

クリスチャン・ベール

ちょうどこのクリスチャン・ベール
髭をもっと濃くして
目付きをギロリッ!と鋭くした感じ
です。




普段はコミュニティ・ボックスという
集合郵便箱に配達してくれるので、
顔を合わせることはありません
が、
荷物の配達は玄関口まで来てくれます。


「はろー!」ニコヤカにドアを開けると、
いつも苦虫を噛み潰したような仏頂面

その睨みの利いた怖さと言ったら
「何ヘラヘラしてやがんだよ。
こっちゃ忙しいんだ、さっさとサインしろや」
とでも言いたげな表情です。

差し出された端末に指先でサインをし、
「さんきゅー!」とまたしてもニコヤカ
荷物を受け取るのですが、
私のニコヤカは、
無言で踵を返すお兄さんの背中に、
いつだって玉砕
・・・。


だんだん荷物を受け取るのが
怖くて億劫になってきたり、
もうニコニコなんかしてやんね!
と逆切れっぽく思ったり・・・。

ま、一言で言っちゃえば、
ビジネスライクを通り越して
ひじょーに無愛想な人
なんですよ。




さて毎年12月には
郵便配達員さんにも
薄謝を包んだクリスマス・カードを渡すのですが、

その準備をしながら、
怖いな~、でも日本から買物しちゃったから、
絶対にあの人来るもんねぇ・・・

ちょっとビクビク。



果たして、昨日の昼過ぎのこと。
トラッキングによれば「配達中」になっている。

いよいよ来るか・・・はぁ



ピンポーン!

はろー!

苦虫・・・(無言)

指でサイン・・・(無言)

踵を返しかけたところで

ちょ、ちょっと待って!!
(緊張してたせいかちょっと大声になってしまった ‐ 笑)

苦虫+訝しげでさらに怖い顔が振り向いたので、

ニコヤカを引っ込め気味に
ちょっと早いけどメリー・クリスマス!
と、赤い封筒を差し出しました。



そしたら、です。



お、おぉ!サンキュー!!
と言って、
こんな風情の顔を見せてくれました。

クリスチャン・ベール笑顔

あ・・・笑った・・・!?


ビックリしましたわ、マジで。
あまりに予想外、意外な表情だったもんで、
なぜか妙にビビっちゃって、

サンキューって言われたのに、
You’re welcomeじゃなくて、
No problem!って返してしまった

いや、意味的にはおかしくないけど、
この場合はちょっとクダケ過ぎっていうか、
「だいじょぶよ~」とか「いいってことよ」
みたいな雰囲気だから、ねぇ、
そんなに親しくもないのに~(笑)。




でも、ま、喜んで受け取ってもらえて
良かった
です。


今後は怖い仏頂面じゃなくなるかなぁ?

来週はアマゾン・カナダの買物が
カナダポストで届く予定なので、
また玄関口まで来てくれるはず。


さて、強面クリスチャン・ベールが来るか?
それとも笑顔クリスチャン・ベールで来るか?




う~ん、笑顔でピンポン!が想像できない・・・(笑)。






2019.12.07 Sat l 家のこと・日々の暮らし l コメント (2) トラックバック (0) l top
4年前の誕生日に、
半分プレゼントしてもらったiPhone 6S
(↑57回目の誕生日 - 別ウィンドウが開きます)

近頃バッテリーの消耗が激しいのと、
ときどき手の中でアッチッチ!とビックリするほど
熱を持ちやすくなってきたのとが相まって、
そろそろ替え時だと決断したのが2週間ほど前。


どの機種にするか、
あれこれあちこち調べていたら、

ウチの人たちが、今回もまた誕生日に
「半分」プレゼントしてくれる話になったのですが、
ちょうどこの誕生日にかかる週末は
ちょいと大雪の予報。

だから、昨日一足先に
アップル・ストアへ行ってきちゃった~♪
のであります。



今度のiPhone11 Proです。

イレブン

左側は箱の蓋です(笑)。
以前のような、小洒落たデザインがなくて、
商品そのもの実物大写真がドン!

開けてiPhoneが見えても、
パッと見、どっちが実物?って(笑)。



11 Proに決めた時点で、
ケースも日本から買いました。

ハミィのケース

6Sの時には最初、
OtterboxのDiffenderを使っていたのですが、
日本に行ったときに、厚みがありすぎて
自撮り棒が装着できなかったんです。

で、秋葉原に行ったついでに見つけたのが、
このHamee(ハミィ)というメーカーのケース

微妙にくびれたウェスト部分が、
手にしっかりと馴染んで持ちやすく、
何より分厚くないので気に入りました。

なので、今回も同じものを注文したわけです。




さて、新しいiPhone
私よりもずっとワクワクしていたのが、長男

箱を開けるところまでは私がしたけれど、
あとはぜ~んぶ、長男がやってくれました。

そういえば、4年前も何やかやと、
お手伝いしてくれたんだっけ(笑)。

ボタンなし

全て整って、使えるようになった新人さん↑




6Sと比較すると、(完璧じゃないけど)こんな感じです。

比較

全体のサイズはさほど違わないのですが、
ボタンなくなった分画面が広くなりました

1ページに載るアイコンが1段分増えたので、
ページを繰るスワイプの回数も少なくなりました。


ただねぇ、やっぱりアップルってずるこいわぁ。

前回も32GBで充分だったところ
64GBを買わされたけど、
今回も、128GBが適当だったのに
256GBしか選択できなかった
・・・。

それから、イヤフォン。
私はアップルのイヤフォンが耳に合わないので、
他社のものを使ってきたのですが、
Xシリーズのモデルから?
イヤフォンジャックがなくなってた
んですね!?

ライトニングケーブルになってるので、
今までのイヤフォンは使えない
・・・。

でも前述のごとく、
付属品のイヤフォンは使えないから、
ブルートゥースのを新調することにしました。


さらに!
超高速充電ができるというプラグは
USB-C仕様のライトニングケーブル

付属されてはいるけど、
これまでのケーブルは、
USBの先っちょをUSB-Cに変える
アダプターを買わないと使えない
です。


ただでさえお高い買物なのに、
それ以外にもお金を遣わせるという、
まったくずる賢いったらありゃしない!(プンプン!!)



でも、だからといって、
iPhoneにすっかり慣れてしまっているから、
アンドロイドのスマホに替える勇気が出ないのも本当。
最低限の備品でサバイブしないとなりません。

アマゾンなどで買える
ノック・オフ商品を探しますわ・・・






2019.11.09 Sat l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日友達のバーニスに訊かれました。

「日本人はお米を調理する前に、
お水が透き通るまで洗うってホント?」


彼女のお友達のお孫さんがこの夏に結婚したのですが、
彼のお嫁さんが日本人
新婚さん宅に遊びに行ったときに、

シャッシャッシャ、ザーッ♪
シャッシャッシャ、ザーッ♪


お米を研いでいるのを初めて見たんだそうです。


バーニスもそうですが、
お友達も日本人のお嫁さんが来るまで、
お米を洗う(研ぐ)なんてことは考えたことがなかったそうで。


お米を研ぐっていうのは、
日本独特の食文化なんでしょうか?


子供の頃からそれが当たり前で育って、
家庭科の調理実習でも「研ぎ方」を習った者としては、
研がないとならない食材と刷り込まれてますから、

逆に、バーニスに
「え?洗わないの?」
訊いてしまったくらいでした。


私なんか、以前一度だけ買った無洗米も、
簡単に、だけど洗いました
よ(笑)。



今朝の「スカーレット」で、
喜美ちゃんがお釜でお米研いでるのを見て
思い出した話でした。(あのお釜も懐かしい~♪)



さて、お冷やご飯でお昼はチャーハンでも作ろっかな。






2019.10.16 Wed l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top