FC2ブログ
毎夏、主人はアルグラ(ルッコラ)やパセリ、
数種類のトマトやピーマンなど、
自分が食べたい野菜を育てます(笑)。


草モノはどんどん育つので、
気候が暑くなった頃に
惜しみなく摘んで食べて終わります。

トマトはなかなか赤くならないので、
まだ収穫はできませんが、
ピーマンの類は今景気良く稔っているから、

今日はピーマン系の話。



主人唐辛子が大好きですが、
私は苦手なので、
レシピにあって必要なとき以外は
買わないし使いません。

だから自分で作ることにしたわけです。



でも、今年から作り出したのは、
辛くない普通のピーマン

bell

ここらでピーマン(ベル・ペッパーと呼びます)を買うと、
たいてい左側一番手前のサイズ、手のひら一杯です。
ともかく大きくて肉厚。味も濃い。

右側一番手前の小さいピーマンが、
普通日本で売っているピーマンに近い大きさです。

トルコでもピーマンのサイズは
日本のような小さいものが普通で、
それに詰物をする料理が美味しいんです。

主人それを食べたくて(作って欲しくて)
育てた
んだけどね・・・。
ほとんどベル・ペッパーになっちゃってるよね・・・(笑)。



毎年欠かさず作っているのが
このハラペニョ・ペッパー

Harapeno

主人薄い輪切りにして
サラダに混ぜて食べたり、
オムレツに入れたりしてます。

そ、辛いものに触る料理は、私はしないの(笑)。




これも毎年作っている唐辛子です↓

hot

名前が判らないんですが、
かなり辛いブツらしいです。
青いうちから食べられるけど、
赤くなればなるほど辛味も強くなるんだそうです。
見た目はとっても可憐なんだけどな・・・。




こちらは今年の新人、ハバネロ・ペッパー

Habanero


人差し指の先ほどのちっちゃなサイズで、
可愛らしく綺麗な橙色なのですが、
辛さはそんじょそこらの唐辛子の比じゃない。


父親譲りで辛いもの好きな次男が、
試しに一つ切ってみました。

切ってパクッとやって、
口の中が大火事になるとマズいから
といって、

切るときに小さいペッパーを押さえていた
左手の人差し指を
舌の先でチョロッと舐めたら・・・


わーっ!わーっ!!わーっ!!!

叫ぶわ、地団駄踏むわ、飛び跳ねるわ・・・

大慌てで冷蔵庫からヨーグルトを出して食べてました(笑)。


笑い事ではないんですけど、
ちょうど夕食時でしてね、
次男

今、何食べてもぜんぜん味がわかんないよ~!

って涙目+鼻水(笑)。

って言うくらいの辛さだったらしいです。




激辛唐辛子が食べたかったはずの主人はまだ、
挑戦すらしておりません(笑)。


このままお皿の上で干からびていくのかもしれないねぇ、
ハバネロさん・・・。







スポンサーサイト



2019.09.08 Sun l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の月曜日が祝日でお休みだったので、
今日3日から新学期です。


次男が去年大学を卒業し、
長男も去る5月に専門学校を卒業。

朝8時から始まる学生生活がなくなったので、
私も今年度からは5時起きする必要がなくなりました


今日からは主人だけに合わせれば良いので、
私は6時半~7時の間に起きれば間に合います。
1日をスタートするのに、
早すぎず遅すぎず
ちょうど良い時間
です。



これまでずっと、
主人の出勤時刻よりも
息子らの家を出る時刻の方が格段に早かった
ので、
私は、子供たちの登校・登学に合わせて
自分のスケジュールを組み立てていました



もう、その必要がない。
時間配分は、私の自由!



まだ2人とも自宅にいるので、
巣立ちというわけではないけれど、

何となく、親としての仕事に
一区切りがついた
ような気がして、

解放されたような晴れ晴れした気分
もう必要とされなくなったような
一抹の寂しさとを感じた朝でした。




な~んて言ってるのも多分今日だけ。

もう明日のスケジュールも
明後日のも決めてある!


好きなときに出掛けて
好きなときに帰って来ても
オサンドンさえ用意すれば、
誰にも文句言われないもんね~。

わ~い、自由だ~!ふりーだむだ~!!




2019.09.03 Tue l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日はバレンタイン・デー


今朝、主人に貰ったの↓

バレンタイン・デー

毎年恒例、イヤリングとチョコレートです。
私は小さなボックス・チョコレートをプレゼントして
毎年小エビで大きな鯛を釣る♪ふっふっふ~💛




さて、数日前に次男に訊かれました。
「日本のホワイト・デーってなんで?」

真相は知りませんが、
「私が思うには・・・」ってところで、

多分ねぇ、日本の
「何かいただいたらお返しする」
という風習
を、
バレンタイン・デーにチョコレートをもらったら、
ホワイト・デーにお返ししよう」
と、お菓子メーカーが利用したんじゃないか
なぁ?

なんてことを答えてみました。

だって、チョコレートをプレゼントするのだって、
お菓子メーカーの販売作戦

うまいこと定着したわけでしょ。
だったら、それに次ぐ販売戦略として
ホワイト・デー作戦
があってもおかしくない・・・
と思いましてね。

ホントの由来はどうだったんでしょうか?



とかなんとか次男と話していて、
「私はホワイト・デーのお返しをいただいたことがない!?」
というのに気が付きました。

それ以前に、
「私は義理チョコも贈ったことがない!?」
ってのも発覚!


そう、義理チョコホワイト・デーも、
私が日本を出てからグン!と一般的になったことで、

バレンタイン・デーにはチョコレート菓子を
お茶と一緒に配ったり、
気の利いた上司が翌日あたりに、
クッキーやお煎餅を差し入れてくれたり・・・

そんなもんでした。

そういう行事に熱心な職場ではなかったのかもしれませんけど。



昨日もネットで読みましたが、
義理チョコは自粛しよう」だの
ホワイト・デーは止めよう」
だの、
負担になってきているらしいですね。



私のバレンタイン・デーは、
ホントに好きで好きで大好きで、
でも普段は言えないからこの日に!

という、とてもとても純情な
そして本来の目的に則った
(実はお菓子屋の策略にまんまと乗せられたー笑)
ドキドキワクワクの1日
でした。

そんな純な乙女だった頃には
まだホワイト・デーなんてのはなくて、
男子はもらいっぱなし、それで良し!
だったのですよ。


そろそろ原点に返りましょうよ。
純情な乙女がその日だけは
思い切って、あるいはきちんと、
気持ちを表明できる日
ってのに・・・。


・・・って、それ、St. Valentine's Dayの原点じゃないよね(笑)





2019.02.14 Thu l 家のこと・日々の暮らし l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本にいるんだな~と感じる瞬間があります。


ほぼ毎朝、うっすら明るくなってきた頃に聞こえてくる
「カァーッ、カァ―ッ!」
カラスの声
です。

カルガリーにもカラスはいますが、
鳴き方が違うんですよ。

カルガリーのカラスは母音で鳴きます。
Aaaaa! Aaaaa! 「アーッ、アーッ」
Kがないの、「カ」じゃないんです。

しかしながら、日本のカラスは
Kaaaaa! なんですよね。
ちゃんと「カ」

何年も前に、息子たちに指摘されました。
おぉ~、確かにそうだ!って、膝打ちましたね。
ですからこれを聞くと「日本だ~!」って感じるのです。



それから、バスに乗った時。
ちゃんと次の停留所の名前を言ってくれます。
続いて何たらクリニックだの
居酒屋かんちゃらだののCMが流れます。

カルガリーのバスはなぁ~んも言わない
自分で降りる場所を知ってないと、
どこに何があるんだか、迷子になること必至です。


で、面白いのがその車内アナウンスなんですけど。

警察署からのお知らせです。
近頃、振込め詐欺の電話が横行しています。
~うんぬん、かんぬん~
詐欺の電話はかならずかかってきます!
電話の相手をきちんと確かめて、
詐欺の被害者にならないように気を付けましょう!」

ってのがあるんですよ。
かならずかかって来るんだって!?

そう言われたら、バスに乗ってるお年寄りは、
ビビらずにはいられないかもな~。
電話に出るの、コワくなっちゃいそうだよ(笑)

そんなこんな、日本のバスはとっても親切です♪



もう一つ、日本ならではじゃないかと思うのが、
夕方決まった時刻に流れる音楽やチャイムです。

実家があったところでは、
午後5時(だったと思う)に「赤とんぼ」でした。
今いるところでは、学校のチャイムと同じ、
キンコンカンコーン♪カンコンキンコーン♪♪。

聞こえてくると、日が短くなってることも相まって、
家に帰らなくっちゃ!という気になります。



日本滞在予定日程の半分が終わりました。
きっと、やっと土地勘が芽生えた頃に
ここを後にするんだろうなぁ・・・






2018.11.25 Sun l 家のこと・日々の暮らし l コメント (4) トラックバック (0) l top
また庭の草木の話になってしまいますが・・・。



今住んでいる家を買った15年前、
すでに植わっていた庭木です↓

ななしさん

鮮やかなピンクの巾着が膨らんで、
ポッと割れるとさらに鮮やかな朱色の実が顔を出します。

面白いことにその翌年には、
巾着は1つもつかなくて、
小さな小さな白っぽいピンクの花が咲く
だけ。

この庭木の生命サイクルは2年らしいのです。


が、15年経った今でも、名前が判らないまま。



引っ越してきた当初は
図書館で植物図鑑を捲ってみたりしたのですが、
似たようなものすら見つからず、

その後はぐーぐるのお世話になってみたものの、
まったく見つからなくて、
そのままもう何年も「名無しさん」と呼んできました



今年は暑かったせいか、
「名無しさん」に巾着がいつもよりたくさんついていて、
何か久々にその存在をアピールされたので(笑)、
あらためてお伺いをたててみようかと・・・。



どなたか、この木の名前をご存知ないですか?

教えていただけると嬉しいです(お辞儀)。






2018.09.05 Wed l 家のこと・日々の暮らし l コメント (5) トラックバック (0) l top