fc2ブログ
昨晩、久々にカルガリー・オペラを観てきました。


演目はビゼーの「カルメン」です。

カルメン


これまでいくつも私のオペラに突き合わせてきた主人
まだ「カルメン」を観ていないのに気がつきましてね。


ちょうどカルガリー・オペラからの
一枚買ったら2枚目は半額セール❗のお知らせで、
今期はカルメンで幕が開くと知り、

これはお得なチャンスだわ~😍と飛びつきました。




感想としてはまんず「器がいけない」


カルガリー・オペラの主会場である
ジュビリー・オーディトリアムというホールは、
いわゆる多目的ホールの類で、

オペラ・バレエなどクラシック音楽だけでなく、
演劇、ミュージカル、ポップスなどのコンサート、
時には講演会やシンポジウムなどにも使われています。

ジュビリー

収容人数2500人余で、
カルガリーでは一番大きいホールですが、
そこは多目的。

クラシック音楽に特科されていないので、
以前から気づいていたことですが、
ともかく音響が良くありません

オペラの場合、
正面を向いて歌うだけならまだしも、
演技上横向いたり後向きだったりすると、
声が孤立
してしまいます。

動きながら歌うコーラスになると、
もうバラバラで音楽として成り立たない。



昨日のカルメンに限って言えば、
ソリストたちが素晴らしかっただけに、
コーラスが加わると全体がグダグダになってしまうのが
苛立たしいくらい残念でした。




ポジティブなことを書くと、
そのソリストたちですね、やっぱり。


カルメンはカナダのメゾ・ソプラノ、リハブ・カイエブ

カイエブ

見目麗しく、声にも艶があって
男を惑わすカルメンにぴったり



私が一番魅了されたのは
闘牛士エスカミーリョを歌ったンモン・フォードでした。

フォード

エスカミーリョという闘牛士は
闘牛士としての実力と人気を誇り、
見栄えも良いので女性ファンも多い
、という役どころ。
登場シーンから観客を惹きつける魅力が必要です。

このンモン・フォードは、
舞台下手から姿を現すなり、
そこだけパァ~ッと華やいで一気に注目
を集めました。

そして有名な「闘牛士の歌」♪

力強さと色気を持ち合わせたハンサムな歌声と、
自分の力と人気を知り尽くしたエスカミーリョという男が、
この上なくパーフェクトに合致した瞬間でした。

がある歌手だな~😍」

エスカミーリョとしての演技だとしたら、
彼の、役柄をモノにする力の凄さを、
ンモン・フォードの生来持つ魅力だとしたら、
そのカリスマ性をしっかりと見せつけられましたねぇ。

今後がとても楽しみな歌い手です。



そう言ってはナンですが、
ドン・ホセを歌ったデヴィッド・ポメロイが、
歌は素晴らしかったんですけど、

魔性の女に振り回されて身を持ち崩し、
挙句ストーカーまがいの行動に出るような、
精神的に不安定なマザコン男には、
どこからどう見ても見えなかった
ので、

華々しく自信に溢れるエスカミーリョを
具現化していたフォード
の方が、
何歩も抜きん出ていたと感じました。


日本でデヴィッド・ポメロイのカラフ
(トゥーランドット)を観られた方が
どんな感想を持たれたのか
知りたいです。



昨日はそんなこんなでつくづく
「オペラはオペラハウスで観たい」
と思いました。

なので、休憩時間に
「メトロポリタン・オペラ、行こうよ~」
主人を突っつきました。

「じゃ、調べてみて」という返事だったので、
今後の演目や旅費などを
ぼちぼち調べて行こうと思います(うっひっひ♪)




メトロポリタン歌劇場

楽しい目的は生活の張り合いの素・・・現実逃避とも言えるけど~😁







スポンサーサイト



2022.11.26 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の朝食会で楽しかった話。


私に年が近い友達二人、
カレンは今91歳のお父さんが、
ゲイルは94歳のお父さん
それぞれ同居しています。



カレンのお父さんが同居を始めたのは3年ほど前。
それ以前は
アメリカ南部の州に1人で暮らしていたのですが、
アメリカの他州に二人、カナダに二人いる娘たちが心配して、
それぞれの家に1~2ヶ月ずつ招いては
1人暮らしを紛らわせるように過ごしていた
ら、

カレンの家に滞在中にコロナ勃発💥
次の姉妹の家への移動がままならなくなり
そのままカルガリーで暮らすことに・・・。



カレンの家には
グーグルのスマートスピーカー
があります。

娘やその夫が「OK,Google!」と呼び掛けては
何かをするのを見たお父さん、

「そのグーグルさんはどこにいるんだぃ?
何で君らの家のことをそんなによく知っているの?」


スピーカーを指し示して用途を説明しても、
今一つ納得できない
様子だったそうですが、
しばらくするとその存在にも慣れて、

ご自身では直接使わないけれど
「カレン、グーグルさんに〇〇をお願いしてくれないか?」
カレンがいなければ
自宅で仕事をしている夫のボブに頼んで
お父さんなりの使い方を編み出したそうです🤭




ゲイルのお父さん
隣のブリティッシュコロンビア州で一人暮らしでしたが、
カルガリー周辺にいる3人の子供たちが
「近くに来てよ~」
と呼び寄せました。

ゲイルと暮らし始めたのは今年になってから。


ゲイルの家ではアレクサを使っています。

ゲイルが「アレクサ、〇〇の曲を流して!」
「アレクサ、××のレシピを探して!」
大きな声で「アレクサ!アレクサ!」と呼び掛けるので、

「そのアレクサさんはお前の友達か?
友達にそんなに命令口調で話すもんじゃないぞ😠」


ゲイル、お父さんに叱られました😅



アレクサが何者かを、ゲイルも説明したんですが、
やっぱりイマイチお父さんには伝わらない。

「じゃ、そのアレクサさんは、
ずっとどこかのオフィスに座って
お前の呼びかけを待ってるってことか❓🤔」


「いや、そうじゃなくって、クラウドがあって・・・」

「雲(クラウド)っちゃ何じゃ❓」

話が堂々巡りになっちゃって、
お父さんはますます混乱しちゃうし、
ゲイルはどう言ったらいいか解らなくなっちゃうし・・・

「もう説明諦めちゃったのよ😩」


ところが、アレクサが何なのかきちっと理解してなくても、
じきにお父さんなりにその存在価値を認めて

ゲイルとその夫が仕事に出ている日中は、
「アレクサに音楽かけてもらったり、
本読んでもらったりしてるらしい
んだけど、
こないだちょっと聞こえたの、
アレクサに、PleaseとThank youを必ず言ってる~🤣

律儀なお父さんです🧡



娘たちにしてみれば、
グーグルさんもアレクサさんも、
お父さんの退屈しのぎのお相手だったり
お父さんのお留守番時間の見守り役

という側面もあるので、
「どんな使い方であれお父さんが慣れてくれて嬉しい」
と笑いながら言ってました。





スマートスピーカー

二人のお父さんの話で笑っちゃったけど、もし使うとなったら私も多分笑われちゃう側😅







2022.11.25 Fri l 友達・仲間 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝はジム仲間との今年最後の朝食会でした。

前回参加できなかったメンバーも来て、
全員参加だ😄と喜んでいたのですが、

いつも元気なグループのお局様ブレンダが、
日曜日に緊急入院していた
ことが判り、
一気に空気が変わりました。



日曜日の朝、
「息苦しい、息ができない」
息子さんに助けを求めたブレンダは、
駆けつけた息子さんに連れられてERへ。

それからあまり時間を経ずして、
ブレンダは気管挿管されICUに運ばれたそうです。


検査の結果、原因はRSウィルス感染と判明。


RSウィルスとは?と早速ググったら、
小児科のページが出てくるんですね。

乳幼児に多い感染症で、
大人も感染することがあるけれど、
症状が風邪に似ていることから
気づかない場合もある・・・などとあります。



先週水曜日にブレンダと会った友達は
「何ともなくていつもの元気なブレンダだったのよ」
と、腑に落ちない様子でした。



コロナが以前ほど騒がれなくなったら、
今度はインフルエンザやRSウィルスなどが
悪さをしていて困ります




カレンの娘さんは小学校の先生。

各学年のおよそ4分の1が、
何らかの呼吸器系疾患を患って
学校を休んだり入院したりしていることを
憂えているとカレンが話していました。


アルバータ州政府は、
こうしたコロナ以外の感染症が広がりつつあって、
医療と教育関係者からの
マスク着用義務を再開する要望
の声に耳をかさず、
「着けたければ着ければぁ?」のまま。

つい先頃まで
小児用解熱鎮痛剤不足に悩まされた医療機関は、
苦しむ子供たちを増やすな💢と怒髪天を突いています。


子供たちに多いRSウィルスが
ブレンダにも移ったのには、
そうした予防不足にも一端があるような気がします。



今は一日でも早くブレンダに良くなってもらいたい🙏
お局様がいないとグループにしまりがないのです。





州知事

辞任したボンクラ知事に代わったのはこの人↑なんだけど、ボンクラ党の党首だから何も変わらん😔






2022.11.24 Thu l 友達・仲間 l コメント (0) トラックバック (0) l top
日本ではお墓参りの一日の後、
あちこち気の向くままに出歩いた
息子らの目に留まったのは

小学生の頭

「日本の小学生は全員黄色い帽子を被るのか?」


街中でちょうど下校時間あたりになると
数人の黄色い頭をチラホラ見かけたけれど、

鎌倉へ行った時に遠足の黄色い頭の集団に出会って
これは日本の小学生の決まり事なのか!?😲
少し気圧されたのだそうです。



言われてみたら、トルコもカナダも
まず制帽って見たことありません

制服がある学校はあったりするけれど、帽子はないですね。


日本の小学生って、黄色に限られてはいませんが、
たいてい帽子被ってますよね~
あれ、なぜでしょう?
チコちゃんにでもお尋ねしてみようかしら🙄




滞在中息子らの遅めの朝食は、
ホテルのすぐ近くにあったファミマセブンイレブン
どっちもそれぞれ似て非なるモノを並べていたので
「飽きることなく楽しめた」

とコンビニ大好きMenは言います。


朝が遅い分昼食は摂らないことが多く、
その代わり夕食はあちこちのデパ地下探検
お寿司にお刺身、焼き鳥や餃子・・・

「食べたいものがたくさんあり過ぎて、
見ればどれも食べたくなって困った😆」




さらに、餡子ものの和菓子も大好きな二人
お饅頭や羊羹などの並ぶショーケースも
一分の怠りもなくしっかり物色しては、
食後のデザートも調達していました。

「栗のモノが多かったね」

そう、今栗の季節ですもんね。
栗羊羹、栗きんつば、丸ごと栗が入ったお餅😍
毎晩栗のお甘を楽しんだそうです。





そして、最後にご報告いたします。
マジックワード「し・て・い・せ・き」
1回だけ言うチャンスがあった
そうです。


新幹線ジャパンレールパスを提示しただけで、
窓口の係員の「いつの?何時の?お二人ですね?」
という誘導質問に答えれば
言わずとも指定席が出てくる完全ガイジン方式復活😄


が、私鉄の特急を利用するときに、
「し・て・い・せ・き、くださいっ!」
窓口で元気にお願いしたそうです。

多分「特急券ください」が先だったんじゃ?
と母は苦笑しちゃったんですけどね~。



日本語が下手くそな二人に、
笑いを堪えながらも親切に対応してくれたり
英語圏から来たと判れば
英語で身振りまじえて一生懸命答えてくれたり

「日本人はやっぱり優しいよねぇ」



短い滞在でしたが
行きたい場所へ行き見たいものを見て、
食べたかったものを食べ、
欲しかったものを手に入れ、


帰りのスーツケースには、
虎屋の羊羹や文明堂のどら焼きと一緒に
お馴染み、ユニクロの赤札商品がいっぱい❗🤣



充実した時を過ごしたようです👍😊





ガチャポン

アキバで猫ものガチャにもハマったそうで・・・😅







2022.11.23 Wed l 旅行 l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨年2回の日本行きでは、
事前の準備も成田空港到着後も
とんでもなく手間暇掛かりましたが、

今回は、事前にこそワクチン証明書、
MySOS(後日転じてVisit Japan Web)と、
質問票の準備は必要
でしたが、
それらとて大した時間もかからず、

成田空港到着後の降機に待たされた
(国内外線乗継便のある乗客を優先)以外は
ほぼコロナ以前に戻っていて、

入国審査もすんなり、
税関だけ新たなシステムがイマイチもたついたけれど、
飛行機を離れて小一時間
で出られました。



昨年の人気のほとんどない空港を知っている私
おぉ、人が増えたなぁ~😲と思いましたが、

コロナ以前のごった返した空港しか知らない息子ら
人、少ないねぇ・・・🤨という第一印象。



息子らが利用するジャパンレールパスの引換所も、
外国人の行列

私たちのような、家族連れが結構いました。


そして、昨年は間引き運転やら運休やらが多かった
空港から都内や地方へ移動する交通手段も、
ずいぶんと再開され利便性が戻りました



息子らを都内のホテル直行の
リムジンバスに載せて見送り、
私は成田エクスプレスと新幹線で移動したわけですが、


ちょっとしたカルチャーショックが、
判り切っていたことでしたが「マスク」


日本ではまだ全員マスクだ・・・😲


電車内はもちろんのこと、
駅構内でも街中でも公園でも、
み~んなきちんとマスクしているんですよね。


マスクしている人がごく少数派になって
久しい場所から到着したので、
マスクなしの人ゼロな風景はインパクト強かったです。




話は変わって、
私は観光地と呼べる場所には行かなかったので、
息子たちの話によるしかないのですが、


平日の浅草や鎌倉などには、
小学生の遠足に混じって
外国人観光客が多く見られたそうですが、

変わって原宿や秋葉原あたりになると、
彼らの知っている賑わいには程遠かったと話していました。


特に原宿は、お昼過ぎないと開かないお店が多く
人混みを避けて早めに繰り出した息子らは、
人混みどころか、入るお店がなくて立ち往生したとも😅

コロナで閉業したお店もあったでしょうし、
開店時刻を遅らせたのだって
生き長らえるための苦肉の策なのかもしれませんね。




空港や観光地はそうして、
一年前とはかなり様相が変わって
活気づいていましたが、

私の印象としては、
市井の生活はあまり変化がないかな。

マスク100%だからそう見えたのかもしれません。



カナダに戻って、
昨日家庭医のアポに出向いたとき
マスクをして行ったら


「今月からはマスク不要になってます」
だって。

これまた逆カルチャーショック😱でしたわ~。






2022.11.22 Tue l 旅行 l コメント (0) トラックバック (0) l top