FC2ブログ
日本滞在もあと4日、
ラストスパートです。


このおよそ一ヶ月間、
膝が痛くて歩けないこともあり、
母の施設と私の活動テリトリーの往復に、
ほとんど毎日タクシー
を使っています。


私はスモールトークが上手ではないのですが、
片道30分ほどのタクシーの中では、
運転手さんたちといろいろなおしゃべり
楽しんでいます。


たいていは
「今日はいいお天気ですね~」とか
「昨日は暑かったね~」などという
お天気の話で始まりますが、

その先は運転手さんそれぞれの
個性が出ますね。



政治のお話が好きな人もいれば、
家族のことを話してくれる人もいるし、
親や自分の老後について話す人もいれば、
地理や歴史に詳しい人もいます。

どのお話も私には
興味深く珍しい逸話だったりして、
30分余りもあっという間です。


そんな中で今回は、
3人の女性ドライバーさんにも
めぐり会いました。

私と同世代か少し上の方たちだったので、
子供の頃に経験したことも、
自分の子供たちの世代も、
今の自分たちのことにも共通点が多くて、

まるで同級生のように、
あんなこともありましたね~、
こんなことってないですか~などと、
ケラケラ笑いながら、話があっちへこっちへ・・・(笑)

男性の運転手さんたちとはまるで違った会話になるのも、
初めて会ったのに知古の間柄のように話せるのも、
何とも不思議な感覚です。

女性というのは
どんな職業であっても、
生まれながらに
「井戸端会議がDNAに組み込まれている」
としか思えない(爆)。



タクシーに乗る機会もあと数回。
どんなドライバーさんから何のお話を聞けるのか?

楽しみにして、
今日も母のもとへ「出勤」します!






スポンサーサイト
2018.12.10 Mon l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
私が今回日本に来たばかりの3週間前には、
「認知症って治るのか!?」と思ってしまったほど
短期記憶の調子が良かった母ですが、

ほぼ毎日会っているうちに、
どうやら母の脳は私の顔に慣れて
刺激がなくなってしまった
模様。
また以前のように、
同じことを5分ごとに繰り返す、
流れる川に戻っています



今回の滞在中には、
「一体全体それはどこから出てきた話だ!?」
と、叔父叔母もキョトン
とするような、
辻褄の合わないことを言うこともあります。

母の機嫌を損ねないように、
よぉ~くその話の真意を探っていくと、
子供の頃の経験と10年くらい前の出来事が
どこかでリンクしちゃってたり
します。



私や叔父叔母など身内と話すときは、
そんな風に「はぁ?」とか「またかぃ・・・」
普通の会話にポコポコぶっ込まれる
のですが、

施設でお仕事をしている方々や医師などとは、
ちゃんと辻褄の合う会話が成立させられる
のが、
ものすごぉーーーーーっく不可解・・・。

何も知らない人が傍から見たら(聞いたら)、
母に認知症があるとは思えないはず・・・
というような会話ができるのです。



それじゃさぞかし難しいだろうと、
私自身の経験から感じているのは、

母のお世話をしてくださる方々が、
そういった母との会話から、
「どこまでが社交辞令(上辺だけ)で、
どこからが本音なのか
見分ける・聞き分ける境界線

です。


「今日の調子はいかが?」
と尋ねられれば、
そこは社交辞令で
「はい、おかげさまで」
とサラッと答えてしまう母。

実は腕を動かすとけっこう痛いのに、
認知症であるがゆえに、
本人ですらそれがよく解らない・・・

なんてこともあるのです。


「経験ですよ~」と笑ってらっしゃるのですけど、
認知症の症状の出方は十人十色。
それぞれの方にちゃんと合わせて介護してくださる
看護師さんやヘルパーさんたちには、
もう感謝の言葉をいくつ並べても足りません




さて、私の日本滞在も
あと1週間を残すところとなりました。

毎日朝から夕方まで、
痛い膝を騙し騙し駆けずり回り、
叔父叔母の助けを借りながら
何とか母の部屋の生前整理も終わりそうです。


もとがグータラの面倒くさがりの私。
こんなに毎日頭も体も使ったことは、
子育て真っ最中の頃以来
でしょうか。

親孝行とまではいきませんが、
母がまだ私を覚えてくれている今のうちに、
少しは何かをできたかな・・・と思います。
自己満足かも、だけど


さ、明日も頑張るぞ!!





2018.12.05 Wed l 自分のこと・家族のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top
今私が毎日のように利用するコンビニは3店舗。
それらのどこへ行っても、
若い外国人の店員さんが
上手な日本語でレジ打ち
してくれます。

これまでこんなに身近で頻繁に
日本で働く外国人と直接接したことがなかったので、
少し驚いています。



初めてロー〇ンに行ったとき、
レジのお嬢さんのイントネーションが微妙に違うので、
方言のある日本のどこかの出身かと思ったら、
名札に「ルワン」と書いてありました。

あ、日本人じゃなかったのか!?

外見はちょっと浅黒い肌の日本人という感じ。
だから外国人だとは思いませんでした



セ〇ンイレ〇ンに行った時には、
見るからに東南アジア系の男子
名札には「カダガ」とありました。

やっぱり、日本語がホンットに上手


コンビニの店員さんだから、
お客に対しては決まり文句しか
言わないのかもしれませんが、

決まり文句だって
「いらっしゃいませ~」と「ありがとうございました~」
だけじゃない。

「お弁当温めますか?」もそうだし、
ガス・電気やら通販やら様々な請求書の支払いもあるし、
いろいろな言い回しがあるじゃないですか。

お客さんの買物や用件に合わせて、
スラスラと外国語である日本語
よく間違いなく操れるなぁ~
・・・!


そういう外国人コンビニ店員さんたちの
流暢な日本語で最高にビックリしたのは、
「お箸は何膳お付けしますか?」

生粋の日本人でも、
お箸の数え方を「何本」て間違えてる人多いのに、
ちゃんと「何膳」ていう言葉を使えるんですね。

日本語はモノを数える助数詞が複雑なのに、感服です。



お辞儀しないと
ちゃんと日本語が話せない日本人も
いるというのにねぇ(苦笑)






2018.12.02 Sun l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回の滞在では、
母に関するあれやこれやで、
日頃お世話になっている
叔父叔母や施設の方々、
病院やお役所関係等々、
これまでやこれからお世話になるあちらこちらに
毎日たくさん電話をかけています


最初のうちは、
久しぶりの日本語のビジネスライクな会話に
言葉が上手く出て来なかったり、
呂律が追いつかなかったり
と、
英語→日本語の切替が非常に下手だったのですが、

解決法があったんですよ!
その昔OLしてた頃のように、
ちゃんとお話ができるような方法が・・・!



あのね、
「お願いいたします」とか
「ありがとうございました」とか、
そんな言葉を発するときに、
座ってても立ってても、
日本人て電話口でお辞儀するでしょ?

言葉とお辞儀がセットになってる
あれだったんです!(笑)



アパートで電話かけてる時など、
誰が見てるわけでもないから、
ガッツリお辞儀しながら話すと、
頭じゃなくて体ごと日本語に切り替わるって感じで、
口から出る言葉も滑らかになるんですわ~♪

不思議ですね~、不思議ですよ~♪


お辞儀さえできれば、
日本語のビジネス会話は
ペラペラだよ~ん(笑)






2018.11.29 Thu l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回不動産屋さんにお願いして
駅近ですぐ入居できる物件を
2~3紹介してもらった中から、

今いるアパートを選んだ理由の一つが、
通りを挟んだ向かい側に
交番と消防分署がある
こと
でした。

何しろ土地勘はないですし、
親類は同じ市内にいるとはいえ、
非常時に駆け込めるほど近いわけではありません。

ですから、万が一!のときに、
通りを渡ればお巡りさんがいる、消防隊員がいる

という環境が非常に心強く思われました。



そうしましたらね・・・。

日に何度も「ピーポー!ピーポー!」
それも、遠くから近づいてくるわけじゃなくて
通りの真向かいから出動だから、
いきなりフル音量
「ピーポー!ピーポー!」
なかなかにぎやかなのですよ。



最初の晩、
はぁ~疲れた~、おやすみなさい・・・パチ(消灯)
・・・
「ピーポー!ピーポー!」
うわっ!何だ?どーしたっ!?
心臓バクバクで飛び起きました。

いい加減してから、
あ、交番と消防分署の前だったんだ・・・
と思い出して安堵しました。


二日目の晩など、
入浴剤の心地よい香りに浸りながら、
お湯の中で痛い膝のマッサージをしていたら、
「ピーポー!ピーポー!」
えっ? 何? 何が起きたっ!?
裸じゃまずいぞっ!

慌てて湯船から出たところで、
あ・・・交番と消防分署の前だっけ・・・
また湯船にドボン!


そんな調子で慣れるまでの3~4日ほど、
「ピーポー!ピーポー!」のたびに
心臓がバクバクして慌てていました。



今は慣れて、いちいち慌てることはありませんが、
逆に、ホントに近くで一大事!の時に、
のんびりし過ぎてしまいそうです(笑)。

「ピーポー!ピーポー!」は想定外でしたが、
心強いのは確かですし、
何しろ、タクシーでアパートに帰宅するときに、
「交番と消防分署の前までお願いします」
ですぐに判ってもらえる
って利点もあって、
ま、悪くない選択だったと思ってます(笑)。





2018.11.28 Wed l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top