FC2ブログ
昨晩(金曜日)の夕食後、
夏場はテレビがあまり面白くないこともあって、
ネットで映画を観ることにしました。


何を観ようか探していたら、
以前から気になっていた
タイトルの万引き家族を見つけて即決!
(買物じゃないって・・・笑)


万引き家族


切ない映画ですね・・・。


家族6人の関係性を把握するまでに、
かなり長い時間を要する
けれど、
全てが解るまでに描かれる風景は、

別にどんな関係だろうがいいじゃないか!

と思わせるほど、
暖かくて心が通じ合っている家族でした。


いずれは破綻するんだろうな・・・と解っていても、
そうなって欲しくない、このままずっと続いて欲しい

そう思いながら観続けた先には、

とてもフツーで常識的な切り口の警察官や、
とてもフツーで興味本位なマスコミがいて、
とてもフツーで解りやすい反応を見せました。


この映画の中では「フツー」っていうのが、
「鈍感」とか「愚鈍」に置き換えられそうなほどの、
剥き出しの無神経さのことで、

日常的に「フツー」な側にいる自分
まるで鏡のように感じられて、痛かったです。




この家族は確かに「フツー」ではないけれど、
一つ屋根の下に暮らす人たちとしては、
本来の家族よりもずっと家族らしかった


ただ、最後が少し宙ぶらりんな気がして、
不安が残りました。


この終わり方は、
同じ是枝裕和監督の
「誰もしらない」の終わり方に似ています

この子(たち)はどうなるんだろう?



かといって、何か安易な筋書きをもってして
落ち着くところに落ち着かせたら、
いかにも作り物の非現実的なお話
で、
駄作に成り下がってしまうのは明白です。

「どうなるんだろう?」
と観客に考えさせることで、
現実味が増すんですね。

もしかしたら、自分の知らない路地裏を、
こんな「親子」が歩いているかもしれないとか、
何気なく通り過ぎた家には、
フツーに見えるけどフツーじゃない一家が
暮らしているのかもしれない


普段気づかない、目を向けようともしない
見えづらい現実がある。


不安を残す終わり方は、
「フツー」に安穏としていちゃダメだよ
というメッセージなのかもしれませんね。



感動した・・・というよりは、
考えさせられた映画でした。





スポンサーサイト
2019.08.17 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
テレビで見られる日本のドラマには、
どうしても限りがあるのですが、
この7月期のドラマは、
ほとんどを面白く見ています。



中でも毎回感涙しちゃうのが、
「監察医 朝顔」です。
今朝も録画しておいたのを見てボロボロ~(笑)。

昨今のドラマにありがちな
奇をてらった登場人物がいないし、
大げさにドラマチックな展開もなく、
だれもが淡々と生活(仕事)しているところが、
逆に、日常に起こる不条理を
浮き彫りにしている
ような気がします。



「これは経費で落ちません」は、
ちょっと大げさなところもあるけれど、
毎回スカッ!と終わるので、
暑い夏の夜にスッキリします。

何が一番好きかっていうと、
主人公が生真面目ということ以外は、
特にお洒落な職種でも目立つ存在でもない、
どこの会社にでもいそうなOLだというところです。

他のキャラクターにしても、
「あるある~、いるいる~」と思えるので、
場面場面に違和感を感じることなく
共感
しながら見続けていられます。



意外に面白くなっちゃったのが、
「だからわたしは推しました」です。
アイドルものなんて~と思って見始めたら、

地下アイドルの世界や
そこにあるルール
など、
「へぇ~、こうなってんだ!?」と社会勉強したり、
様々なオタクの専門用語も出てきて
まったく無知だった私は
ものすご~く興味をそそられてしまいました。


苦々しい社会ドラマや
熱血スポ根っぽいドラマ、
ドロドロした恋愛ドラマや
非現実的な設定のドラマなども、
それなりに面白いけれど、

オシャレでも特権階級でも
リッチでもチャラチャラでもない、
あれこれ悩みながらも毎日頑張っている
同じ町内の隣人的な主人公が登場するドラマは、
ついつい先行きを見守りたくなります



どのドラマも真ん中を過ぎました。
さて、これからそれぞれのドラマに
どんなクライマックスがやってくるのか?
楽しみです♪






2019.08.15 Thu l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
我が家が家族そろってユニクロ大好きなのは、
このブログでもしつこいくらいに書いてます(笑)。


そのユニクロが、
とうとうアルバータ州に出店する!!
という話を、
長男が聞きつけてきました。


どこ?アルバータのどこ?

エドモントン。
ウェスト・エドモントン・モールん中だって。


えぇ~、なんでカルガリーじゃないのさぁ~。



エドモントンはアルバータ州の州都です。
が、あちらは政治を司るところで、
こちらカルガリーの方が人口だって多いし、
経済の中心と言えます!

ほら、オタワとトロントの関係みたいな、ね。


だから、なぜユニクロカルガリーに来ないのか?
理解できないわぁ~・・・。



とはいえ、トロント(2店舗)よりも
バンクーバー(2店舗)よりも近
いわけで、
いざとなりゃ行ってやるわよ。(負け惜しみ~笑)



と、ユニクロに嬉しくてガッカリしてたら、
カルガリーにはダイソーがやって来るって!!

それも私がいつも日本食材を調達している店と
同じモールの中です!

やったー!万歳!
これからは質の良い1ドル製品が買えますよ~♪
(ホントに1ドルかどうかは判らないけど・・・)


あと足りないのは無印良品
あそこもトロント周辺にはいくつか出てますが、
こっち方面にはまだらしい。

お~い、西に来んか、西に~!



ユニクロはオープンしたとしても、
車で4時間近くかかるから当分行かれそうにないけれど、
ダイソーは最低でも月イチで出掛けるモールなので、
開店したら行ってきます。

日本のダイソーと同じか違うか、
またその時にはご報告いたしますよ~(笑)。




2019.08.13 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日から明後日にかけて
ペルセウス座流星群が見られるそうですね。

毎年今の時季に起こることだし、
夏休み中だから夜更かししたって大丈夫なのに、
私はまだ一度も見たことがありません

なぜかというと、
曇ってたり雨降ってたりって、
お天気が悪いことが多いからなんですよ・・・。


今日もずっと曇り、ときどき霧のような雨です・・・。


雨は降って欲しいですよ、そりゃ。
個人的には庭の水撒きしなくて済むし、
環境的には山火事起こりにくくなるし、
農家や酪農家も土壌が潤いますからね。

だけどなんで今日?って・・・。
それもほぼ毎年、なんで流星群の日に限るのよっ(怒)


せめて夜だけでも晴れてくれないかなぁ~?





2019.08.12 Mon l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
次男友達のお姉さんの結婚披露宴に招かれました。

友達のA君姉弟はインド系カナダ人二世です。
お姉さんのお相手もインド系カナダ人

もう想像に難くないでしょう、
そう、ボリウッドの披露宴だったそうです。


立食式、飲み放題食べ放題のパーティ
と聞いていた次男は、
会場に着いて友達のお姉さんにお祝いを言ったら、
後はただ食べて飲んでしゃべって笑って・・・
を想像して出掛けました。


一緒に招待された親友のK君もインド系
親類縁者の結婚式・披露宴の経験が豊富なので、
次男K君のすることをマネしていれば
失礼にはあたらないだろう
と、
ずっとひっついていることにしました(笑)。


おかげで次男は、
インド式結婚披露宴は、
プロの歌とダンス(もちろんインドの)で始まり、
家族や友人の短いスピーチがあり、
その後は、老若男女
ずーーーーーっと、ボリウッド・ダンス!!

ボリウッド1

という形式も学びました。
A君やK君が結婚する時も、これでバッチ来いっ!(笑)


踊りつかれると飲む・食べる、
喉が潤ってエネルギーの補充ができるとまた踊る

・・・の繰り返しだったそうです。



んじゃ、あんたも踊ったの?踊れたの?

映画に出てくるような揃ったダンスじゃないからね。
手を上にかざしてステップ踏んでればいいだけよ。


あぁ、トルコのお祝いの席で踊るダンスみたいなのね。

ん、でも僕は踊るよか飲む方が多かったな。



あ、次男飲酒運転してませんので、ご心配なく。
上の会話は私が迎えに行った車の中で、です。

次男はそう言ってヘラヘラと踊る仕草をして、
飲んだお酒の味の話をしてたな~と思ったら、
いきなり静かになってZZZZZ・・・


生まれて初めてのボリウッドの結婚披露宴
少し緊張して出掛けた次男ですが、
楽しくて興味深い異文化体験をしたようです。




ところで、迎えに行った駐車場で
次男を待っている時に見た、
1人2人と会場から出てくる女性たちが着る、
サリーの煌びやかで美しいこと!!

時折ショッピング・センターなどで見かける、
普段着のサリーとはまるで別物なんです。

歩くリズムとともに、
薄絹がふわぁ~っと揺れる優雅さ
金銀の縁取りやスパンコール(?)が
華やかに煌めいて何とも豪華で少し艶かしい

ボリウッド2

まさしくこんな↑雰囲気。
ホントにボリウッドだ!・・・って感じ(笑)。




この華麗な異文化に触れてドキドキする感覚、
日本のホテルなどで、
結婚披露宴会場から出てくる留袖や振袖姿を見た
ガイジンの気分に似てるかも
しれない・・・?




2019.08.11 Sun l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top