「赤毛のアン」と言えば、
日本の少女の必読本
と言っても過言ではないかと思われます。


数年前には、
「赤毛のアン」を日本で初めて翻訳した村岡花子さんが、
朝ドラのモデルになったくらいですし、

カナダのプリンス・エドワード島は、
今もアンゆかりの地を巡る
日本人観光客がたくさん来ます。



カナダでは、もちろん国民的作品。

本はもちろんのこと、
これまでにも何回か、
「赤毛のアン」だけでなく、
シリーズの他の作品もドラマ化されているので、
見たことがある方もいるでしょう。



そしてまた新たな「赤毛のアン」
先週からTVシリーズ「Anne」として始まりました。


私は周りの女の子ほど
「赤毛のアン」に夢中にはなれなかったのですが、
面白かったし嫌いではないので、
このドラマも見てみることにしました。



のっけから「赤毛のアン」ワールド全開。

あぁ、こんな風な子だったな~♪

おしゃべりなアン
畳みかけるような早口の英語に
マシューと一緒にアワアワしながら
笑って見ていたら、

隣で新聞を読んでいたはずの主人が、
いつの間にか一緒に笑ってるんですよ!?


「面白い女の子だねぇ。」

多分、マシューになってたんだと思います。


初回は2時間のスペシャルだったんですが、
新聞ほったらかしてテレビに釘付け。

シリーズだとは知らなかった主人は、
アンが孤児院に帰るシーンで終わったら

「え?これで終わりじゃないよね?」


「赤毛のアン」は少女の読み物だと思ってましたが、
どうやら中年・壮年男性をも魅了してしまうようです(笑)。



明日の第2話が楽しみです♪







スポンサーサイト
2017.03.25 Sat l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎週、誰かがネットに挙げてくれるのを
心待ちにして見ていたドラマ「カルテット」
終わってしまいました。

先週まで毎週必ず「新たな謎」が
浮上しては解明されていき、
ドキドキが続いていたのですが、

最終回は意外とあっさり
ハッピーエンドでしたね。




もともとクラシック音楽が好きですから、
私にとってはこのドラマもそこがとっつき。

演奏家の音楽に邁進する話かと思ってたら、
意外な展開だった・・・けど。


全編終わって思うに、

やっぱり音楽の物語だったんだなって。



4人それぞれの人生に
挫折や苦境があったにも関わらず、
そこに音楽(楽器)があったことで
彼らは生きることができたし、
かけがえのない出会いがあったし、
絆を得ることができたんですよね。


そして最終回のコンサートでは、
物見高い観客の中でも、
ドーナッツホールの演奏はまっすぐ響き、
感動をもたらすことができました。


音楽は
人を結ぶもの、人を豊かにするもの、
なのですよ。



・・・というメッセージも込められた作品

だったんじゃないかと感じました。



ユニークでこだわりのあるセリフも
聞き流すにはもったいないほど、
いろいろと考えさせられました。

それでいて重たすぎず軽すぎない、
素敵なドラマ
でした。



久々に、DVDが欲しくなりました~。

出たら買おうっと!





2017.03.23 Thu l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
すだれピーマン政府が、
またぞろ「米国直行便、電子機器持込禁止」などという
訳の分からない規制を思いつきましたね・・・。

一応、情報機関などが
いろいろな側面や分野を精査して出たデータに基づいて、
機内に持ち込んだ電子機器によるテロを防ぐため
とおっしゃってるようですが、


911でテロリストが使った航空機は、
全てアメリカ国内線だったのではあるまいか?
2009年だったか、クリスマスに、
下着の中に隠していた爆発物でやけどしたテロ未遂も、
ハワイ、ホノルルから乗ったんじゃなかったっけ?

海外から米国に入る航空機に目くじら立てるだけじゃ、
足りないんじゃございませんかね?



と、重箱の隅をつついてみたくなりました。


いずれにしても、
着実に、イスラム諸国の反米感情を
逆撫でしつつある
ように感じます。




前回7か国(先日6か国に変更)を対象に
入国禁止大統領令が出て以来、

我が家では
「しばらくアメリカへは行かれないね」
と冗談半分、本気半分で話しています。


家族4人ともカナダ国籍を持っていますが、
主人と息子たちは、未だにトルコ国籍も持ち合わせている
二重国籍者です。


主人はイスラム教徒とは名ばかりで、
モスクで礼拝したことのない人。
息子らに至っては、何にも知りません。


けれど、トルコはイスラム教国。

カナダのパスポートを持っていても、
どこで何を根拠に「言いがかりをつけられるか」、
今のアメリカは、判ったもんじゃありません。


我が家に限ったことでもなく、
イスラム教国出身の現カナダ人、
親や祖父母がイスラム教国から移民し、
カナダで生まれ育った生粋のカナダ人でさえも、

二重国籍の片割れの国がイスラム教国であるだけで、
アメリカへ入れないかもしれないと不安がり、

すだれピーマン政権誕生以前から、
何らかの理由でアメリカで暮らしている人は、
今アメリカを出てカナダへ帰省でもしようものなら、
アメリカへ戻ることが出来なくなるかもと躊躇しています。



つい2か月前までは、
訪れてみたい場所がたくさんあって、
主人と「行ってみたいね」「見てみたいね」と
ネットや雑誌、テレビの旅番組を見ながら
あれこれ楽しくおしゃべりしていたものですが、

そういうわけで、
今では
一番近くて一番遠い国
って感じになってしまいましたわ・・・。



もしかしたら、
アメリカの観光収入は
すだれピーマンのせいで、
激減するかもしれなくない???






2017.03.21 Tue l 日本・世界の出来事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日の夢に、
祖母が出てきました。


夢の中では、
私と母と祖母と3人
どこぞの庭園をのんびりと散策し、

民家風のお料理屋さんのお座敷で、
懐石お重らしきものをいただきながら、
縁側の向こうのお庭を眺めて
目を細めていました。


今朝方見た夢には、

まだ建て替える前の古い木造の家の縁側に、
ギンガムチェックのエプロンをかけた姉が、
ほわっ・・・とした風情で腰掛けていました。




昨日はおばあちゃんで、
今日はお姉ちゃんか・・・。
何だろね・・・?


あ・・・!



もうじき春分の日、
お彼岸ですよ。



祖母も、
ちゃんと帰ってきてるんだな~・・・。



今夜あたり、
叔父が出てくるのかもしれません。




ごめん、今は帰省できないけど、
きっとそのうちにお墓参り行くからね。







2017.03.19 Sun l 自分のこと・家族のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top
一昨日くらいから急激に暖かくなって、
ただいま、土曜日午後3時半の気温は15℃です。


先週のマイナス二桁に比べたら、
もう夏といってもいいくらい暖かく感じます。


3~4日前までは真っ白だった裏の公園も↓

外は15℃

ほとんど解けてしまって、水溜りだらけ。


昼食の後片付けをしながら外を眺めていたら、
Tシャツに短パンの男の子たちが、
キャッチボールしに来ていました。


15℃、やっぱ夏だわ(笑)。







2017.03.18 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top