FC2ブログ
アルバータ州では今週から、
毎年恒例のインフルエンザ予防接種
専用クリニックが開設されています。


主人と次男は、それぞれの都合に合わせて出向き、
私は長男を迎えに行った帰宅途上に寄って
長男ともども接種してきました。



さて、一昨年くらいまで、
子供用のワクチンは鼻スプレーだったのですが、
効果が現れにくいとやらで、
去年から小さな子供も
注射針に逆戻り
しています。



注射は痛いよねぇ。解る、解る。

盛大な泣き声がときどき聞こえてきます。


順番待ちで見ていたら、
5歳と2歳くらいの兄弟がいました。

弟は、お母さんの膝に乗るなり
「うわぁーーーっ!
泣き出しました。

まだ注射器だって出てないのに・・・(笑)

実際に接種した瞬間はもちろん「ウギャーーーーッ!!」
でも、Tシャツを着せてもらったらケロッ!


その、最初から泣いていた弟を、
ケラケラ笑って見ていたお兄ちゃん
いざ自分が注射されたら、
「ウギャーーーーーッ!!!」
弟よりも盛大に泣いておりました

体が大きい分声もデカいのかもね~(笑)。


この兄弟の鳴き声にビビッてしまったらしくて、
同じ頃に会場にいた幼児たちがこぞって、
「わぁーーーーっ!」
「ギヤァーーーーーッ!!」
「フギャーーーーッ!!」


ものすごい大合唱がしばらく続きました(笑)。





接種後、会場の待合室で15分間、
体に異常が出たりしないか観察時間があるのですが、

大泣きしていた一人の坊やがお母さんに、
「なんでいじめるんだよーっ!
Noって言ったらやっちゃいけないって言うじゃんか!!」

って、地団駄踏んで怒ってました。


おぉ、もっともな言い分だよね、そりゃ。
でも、予防接種ばかりは、Noの効力ないのよね・・・(笑)。




さて、これで我が家も一安心。
手洗い励行、人混みをできるだけ避けて、
インフルエンザの季節をやり過ごすとしましょう。





スポンサーサイト
2018.10.16 Tue l 面白いモノ・コト l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前、日本の地名や人名などの翻訳で、
漢字の読み方が判らないと困るといったことを書きました。
(↑漢字にフリガナ -別ウィンドウが開きます)


今回依頼された翻訳は、
普段とは逆の、英語から日本語です。


総じて英語の文章については、
その分野の専門用語と言い回しにこそ苦労してますが、
日本語の文を構築するのにさほど問題はありません。


問題になるのは、文書に登場する人物の個人名なのですよ・・・。



当然のことでアルファベット表記ではあるものの、
インド系と中国系とベトナム系と・・・って、
よりによって日系の名前以外にも、
まぁ国際色豊かな人名がいくつも並んでましてね。



蛇足ながら書き添えますと、
アルファベット表記された英語圏以外の人名や地名は、
アルファベットを読んだそのままの発音ではない
ことが
往々にしてあります。

え?そんな読み方するの?っていう・・・。



女優のSaorise Ronanさん↓

Saoirse Ronan

彼女の名前を見たままに読むと、
サオリーズとかセイオリーズってところでしょうか。
でも、正確にはシアーシャなんですよね。

どこがシアー?どこがシャ?って・・・(笑)。




そういう訳で、今回の文書に出てくる
インド系の名前が読めず、
どうカタカナ表記をしたものか

頭を抱えていたその時・・・



「お母さん、友達と映画観に行ってくる」
ドアを開けて次男が顔を出しました。


友達っていつもの仲間?

「そうだけど?」


次男「いつもの仲間」はインド系移民です。


あのさ、ちょっとお願いがあるんだけど~・・・。
これとこの名前、何て発音するか教わってきてくれない?
ポップコーンとドリンク代出すから~。

(食べ物で簡単に釣られてくれる人 -笑)


数時間後、帰宅した次男に発音してもらって、
それを私が聞き取ったままにカタカナ表記


思った通り、字面とは微妙に違う音でした。

ありがとね~、次男の仲間たちよ!



オマケで書いておくと、
文書に出てきたベトナム人はNguyenさん

このお名前、中学生の頃に読んだ雑誌に
「ニュイエン」と書かれてあったので、
そう鵜呑みにして信じていました。

カナダに来て息子らが最初に通った小学校でできた、
ベトナム人(兄弟)の友達の姓がNguyen。
なので、ニュイエン兄弟だと思い込んでいたら、
「ウィン」と発音すると息子らに教わってビックリ!

・・・という経験があったので、
迷わず「ウィン」と書きました(笑)。



ホント、英訳するのも和訳するのも、
人名・地名など固有名詞は難しいです・・・(タメイキ)。






2018.10.14 Sun l 息子たち l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝、長男の運転で駅まで行く道すがらのこと。

信号待ちで一車線向こうに停まっていた
バスをぼんやり見ていたら、
前屈みに何かをしている
乗客(男性)
が目に留まりました。

右手に小さなハサミ(と思われる)を持ち、
左手には白いティッシュ(と思われる)を持って
鼻毛を切っているんですよ! 鼻毛!!



我が目を疑いましたけど、
たしかに銀色にキラッと光る細いものを
鼻の穴にちょこっと突っ込んでは、
白いものでスッと拭ってた
し、
あの背中を丸めたコソコソな姿勢といい、
ありゃどう見たって鼻毛切り

ヤダわ~、あのバスには乗りたくないわ~。



・・・と思わずつぶやいていたらしく、
横から長男が、「なんで?」


だってサ~・・・かくかくしかじか・・・鼻毛切り・・・


信号が変わって車を進めながら、
長男、「そりゃヤダわ~っひゃっひゃ!」爆笑!



「俺さ、電車ん中で爪切ってる人見たことあるけど、
あれもイヤ~な感じだよねぇ。
切った爪が床にそのまま落ちてんの。
うへぇ~・・・って。」

爪切り!?
うわぁ、それもイヤだわねぇ。




「鼻毛と爪、どっちがマシだと思う?」


マシ・・・ねぇ、うぅ~・・・。
甲乙つけがたいきちゃなさだわねぇ。



って、そういう問題じゃないだろさ~!


とか何とか、早朝から長男と
狭い車の中で大笑いしました♪




2018.10.12 Fri l しょーもない話 l コメント (0) トラックバック (0) l top
猫川柳・犬川柳という本やカレンダーをご存知ですか?

題目通り、犬猫を題材にした川柳と、
題材にされた(?)犬猫の写真で構成されていて、
ぷぷぷっ!と吹き出したり
そうだよね~とうなづいたりする作品で満載
です。




ウチの猫、リロも7歳になり、
シニア猫のカテゴリーに仲間入り。

彼女を見ながらふと、
「ウチの景色に何てしっくり収まっているんだろう」
と思ったことがありました。

家の中を歩く姿が妙に堂々としていて、
ペットの猫ではなく、
本当にウチの娘のような存在感と、
家族という空気感が漂っていた
からです。


実家にいた頃から何匹も猫は飼ってきましたが、
家で暮らしていた猫に対してこんな風に感じたのは初めてでした。



そこで、このちょっと不思議な感覚を残したいなと思い、
リロをネタにして川柳をひねっては、
書き留めることにしました。

五・七・五で纏めるのはなかなかたいへん。
だから時には短歌になってしまいます。

それでもいくつか纏まってきたら楽しくなってきましてね。



で、新しくブログ、作っちゃいました
他所で、だけど。
だって、FC2では1つ(ここ)しか作れなかったので・・・。


1日1句+リロの写真を投稿してます。

よろしかったら覗いてみてくださいまし。
猫で五・七・五(ときどき七・七?) (←別ウィンドウで開きます)




なるたけ続けようと思っていて、
なんとか続いてはいるものの、
どうも間が空くことが多いこのブログなのに、
もう一つ始めちゃって無謀っちゃ無謀よね、私・・・。


こちらももちろん!精進しますのでっ!!












2018.10.10 Wed l l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日、録画しておいた「S.W.A.T.」を見ました。

冒頭、悪者に襲われる母と幼い姉弟の会話が、
テレビの画面に英語の字幕で出てきました。


耳から入ってきたのはトルコ語

おぉ~、何か懐かしいわぁ~♪



昔からアメリカのテレビドラマには
人口的に多い中国語やスペイン語は
良く出てきていますが、

最近はずいぶんとバラエティが増して、
日本語や韓国語、中東の言葉なども
時々耳にします。
(もちろん英語の字幕付きです)

日本語の場合、
日本名を持った役者さんでも、
日本語が日本語に聞こえなかったりします
けど、
ま、それもご愛嬌です(笑)。




でも、トルコ語が出てきたのは初めて!

面白かったのは、ドラマの中で、
警察に助けられた少女と
意思の疎通を図るために、

助けた警察官はタブレットを使って、
英語からトルコ語に翻訳
して、
たどたどしいけれどトルコ語で話しかける
という脚本になっていたこと。


これは時代を表していますよね~。

わざわざ通訳を呼ばなくても、
緊急のときにはタブレットと翻訳アプリさえあれば、
何とか会話ができるんですものね~。



こうなると、私の下手クソな通訳なんざ、
もう要らなくなる日も近いな・・・。

世の中の通訳という仕事自体が、
そのうちに、通訳ロボットかなんかに取って替わって、
なくなってしまうのかもしれない
ですね・・・。





2018.10.08 Mon l 映画・テレビ・音楽・本 l コメント (0) トラックバック (0) l top